人気ブログランキング |
    
<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 05日
がせビア(その3) -追加あり-
連載3回目も、また「がせビア」です。


  第3回 ネットワークの経路を知る「tracert」コマンド

   前回は、突然ネットワークがつながらなくなった時の対処方法として、
  「ipconfig」と「ping」コマンドの使い方を紹介しました。今回は目的の
  ネットワーク機器までの経路を知るコマンドの使い方を紹介します。


 おいおい、「ネットワークがつながらなくなったときの対処法」として、前回は「バケツリレーの経路のどこで通行止めが発生しているのかを確かめるコマンドとして「ipconfig」だったわけでしょ? それと、
 「目的のネットワーク機器までの経路を知るコマンド」の意味の違いはなんですか?
ここで、前回の説明がまちがいだってことがわからなかったのかなぁ?


   では、以下OSにWindows98以降を使っている場合を例に
  説明します。

  1)<スタート>→<プログラム>→<アクセサリ>
    →<コマンドプロンプト>
   をクリックします。すると黒い画面が開きます。

  2)画面の>マークのところで「tracert」コマンドを入力し,空白のあとに
   接続先のIPアドレスまたは、URLを入力します。たとえば「Yahoo
   ヤフー」までの経路情報を表示させる場合は次のように入力します。
 
   >tracert△www.yahoo.co.jp (△は半角の空白を示す)


 Windows98/MEの場合は「[スタート]→[プログラム]→[DOSプロンプト]」というのはおいといて、

 接続先のIPアドレスまたは、URLを入力します

はないでしょう。
 URLというのは、「http://ymiwa.exblog.jp/」というのですよ。

   tracert http://ymiwa.exblog.jp/

ってするのですか?

 「IPアドレスまたは、ホスト名を入力します」 でしょう?


 ただ、ホスト名をコマンドプロンプトでは解釈できないようにしている場合があります。
 「意図的にDNSサーバの設定をしない」で、いたずらでホスト名を使ってtelnetとかできないようにするわけです。
 プロキシサーバをIPアドレスで定義しておけば、ブラウザからURLにホスト名を使ってもきちんとアクセスできますし、メールサーバもIPアドレスで指定しておけばいいわけです。

 DNSサーバが定義されているパソコンでIPアドレスを調べて、そのIPアドレスを使ってtracertコマンドを使うのが確実です。


■2005年4月24日補足
 現在はすでに「IPアドレスまたは、ホスト名を入力します。」と修正されています。
 しかし、修正したのなら、修正したことを明記すべきです。
 新聞でも「xx版」とありますから、今回もタイトルのところで

  平成17年2月1日   第3号
  平成xx年x月x日 改定

とか、あってもよさそうなのですが。

by ji3faf | 2005-04-05 14:11 | 情報教育
2005年 04月 05日
がせビア(その2) -訂正! ipconfigはWin98にも存在!-
さて、とある教育委員会の

  ◆ 「連載:今日から使える(?)ネットワーク・トリビア!」
    第2回 ネットワークにつながらない時~

の「がせビア」です。

第2回では、インターネットではなく「ネットワーク」を「バケツリレー」にたとえています。
そして、

 バケツリレーの経路のどこで通行止めが発生しているのかを確かめる
  コマンドを紹介します。


といって、


   では、以下OSにWindows98以降を使っている場合を
  例に説明します。

   1)[スタート]→[プログラム]→[アクセサリ]
    →[コマンドプロンプト]を
     クリックします。すると黒い画面が開きます。

   2)画面の>マークのところで「ipconfig」コマンドを入力します。
      >ipconfig


■ 訂正:「わたしのがせビア」
 |おいおい、Windows98/MEに「ipconfig」コマンドはありませんよ。
 |Windows98/MEなら「winipcfg」じゃないですか。
 
実は、Windows98には「ipconfig」があります!!

  W98:フルパッケージPC/AT版CD-ROM 内容一覧 (2/19)
   http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;412115
の一覧に
  NET8.CAB ファイルに含まれるファイル:
   ipconfig.exe53,24806-12-19988:01:02p
と記述されていることから明らかです。

 しかしながら、マイクロソフト社のホームページ
   http://www.microsoft.com/japan/
の右上にある
   Microsoft.com Japan サイトの検索:
で、 「windows 98 ipconfig」の3つのキーワードで検索すると2番めに「IPアドレスの情報を確認する方法」としてでてくるのが
   「WINIPCFGの起動方法」
です。このように、マイクロソフト自身、windows95/98ではipconfigよりも95時代から共通に存在するwinipcfgを優先しているようです。

ということで、windows98でipconfigをつかうということはまさしく「トリビア」にふさわしい話題だったということです。

======


それに、Windows98/MEなら
   [スタート]→[プログラム]→[DOSプロンプト]
 でしょ。

 それに、このコマンドは「経路のどこで通行止めが発生しているのかを確かめる」コ
マンドじゃないくて、ネットワークインターフェースに設定されたIPアドレスを確認するコマンドですよ。
 たしかにデフォルトルートという経路も表示されますけどね。


   次に、このネットワークの出入口までのリレーが正常に行なわれるかを確認します。

  4)画面の>マークのところで「ping」コマンドを入力します。
   >ping△172.17.160.7(←この△は半角の空白を示します)
  この170.17.160.7という番地は、上の3)で「Default Gateway」で
  表示された番地になります。

  5)[Enter]キーを押します。

  〇経路が正常な場合
   Reply from 172.17.160.7:bytes=32 time<10ms TTL=252
               (TTLの数値は、例示です。)
  〇経路が正常でない場合
   Request time out.

  と表示されます。もし、「Request time out」ならば、ネットワーク
  の出入口までに、何らかの問題があります。


これを読むと、「リレー」といっているのは「ルーティング」ではなく、「ハブ」によるパケットの中継のことなんでしょうか。

  これども、それならば説明が矛盾するのです。この説明の前には、

   このアドレスとはバケツリレーに参加するものに付けられた識別番号の
  ようなものです。もちろん学校ごとに番地は違います。


とIPアドレスの説明をしています。「リレーに参加」するためには「IPアドレス」が必要なんですから、デフォルトゲートウェイまでのリレーの経路に参加しているのは何なんでしょう。

by ji3faf | 2005-04-05 13:51 | 情報教育
2005年 04月 05日
がせビア(その1)
これから、連載で「がせビア」の指摘をします。

第1回は「がせビア」じゃないですけど、ごかんべん!(^^)!

ある教育委員会が発行しているメールマガジンに
 「【連載】 ネットワーク・トリビア」
というコラムがあるのですが、これが毎回まちがっているわけです。

まず「第1回」のまちがいです。

***** 「第1回」より *****

①速い!
 授業で快適にインターネットを活用できます。

②動く!
 動画による学校での工夫を凝らした学校紹介や、動画を活用した授業が
 可能になります。

*****************

さて、これのどこがまちがいでしょう。

 じつはこの教育委員会は「ホームページ作成ガイドライン」を設けており、そこには

  機種に依存する文字(端末やOSにより文字化けする文字:
  括弧付き数字・漢字、丸付き数字、半角カタカナなど )は使用
  しないこと。


と書いてあるのです。
 まぁ、ガイドラインのページの公表時には、そのページ自体がガイドラインに沿っていなかったといういわくがあるので、ガイドラインを決めたけれども、重視していないということでしょう。

それでいいのかなぁ。

by ji3faf | 2005-04-05 13:32 | 情報教育
2005年 04月 03日
NASA World Wind Diary
3月22日のNASA World Wind の記事にトラックバックをいただいていました。

 なんと便利な、その名も「NASA World Wind Diary」。

一度はみてみたいな、という場所がいろいろと掲載されています。

NASA World Windがインストールされていると、リンクをクリックするだけで、自動的に起動されて、地球儀がぐるっとまわって、ズームアップされていって、とまるでスパイ映画をみている感じです。

by ji3faf | 2005-04-03 17:34 | 情報教育
2005年 04月 01日
「SE川柳」大公開
日経BP社のITProというサイトがあります。
 ここの「記者の眼」というコラムで、「SE川柳」が募集されていたのですが、公開されました。

 「SE川柳」大公開!

 いや、とっても面白い。けれども、「昔からぜんぜん変わっていないんだな」というのが実感。
以下は、そこから抜粋。

   22 ユーザーよ 言った要件 忘れるな
   23 バックアップ 使いたい時 見つからず
   52 スケジュール 引きなおしても 客は見ない

 ほんとにあるんですよ、こういうことって。
 バックアップに関しては、「見つからない」のではなくて、バックアップテープを読もうとしたら、読めない(媒体不良なのか、ヘッドクリーニングができていなかったのか)ということもありました。

   57 必要だ 言うのに限って 使わない
   84 トラブルが 無いのは使って いないだけ

はいー。そういうことです。

   125 立つ鳥の ケー番のみが 保守マニュアル

今ならケー番(携帯電話の番号)でしょうけど、自宅だったり、転勤先立ったりしましたね。

   136 セキュリティ ホールはあんただ CIO

 ある客先でこういうことがありました。管理職から、 「なんで、メールアドレスがばれてるんだ」
といわれたそうです。担当者は、「そんなことはしてませんが」といって、ぐぐると、親会社のホームページで責任者のメールアドレス(仕事用)一覧が公開されていたとか。

   147 仕様書の 初版はなんと 生まれ年 経年劣化も すわ納得

なるほどー。感心しました。 「基本設計がとっても優れていた」ということですよね。


by ji3faf | 2005-04-01 14:50 | システム管理


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map