人気ブログランキング |
    
2008年 01月 09日 ( 1 )

2008年 01月 09日
学校で割引の有料塾はやりすぎだろ
昨年12月11日の読売新聞の記事
 杉並・和田中で塾講師が授業。希望者に夜間、英数国(東京)
 ・保護者や元PTA、教員志望の学生らが参加する「地域本部」が主催
 ・希望する生徒には、入室テストを実施
 ・月謝は2教科1万8000円、3教科2万4000円
  正規の授業料の半額程度に設定っていっても, 
カリキュラムや教材は、同校とサピックスが共同で考案する予定。単なる受験対策にならぬよう、考える力や知識の応用力を伸ばす授業を目指すという。
 サピックス東京本部は「採算は取れない」としながらも、「公立学校との連携は今後の事業展開につながる可能性がある」として協力を決めたという。
というわけだから,場所代や,宣伝広告費のことを考えたらたぶん元は十分取れているはず。

 東京都教育委員会はどのように対処するのかを楽しみにしていたら,至極まっとうな指導をした。

2008年1月8日 読売新聞
 「区立中で塾補習」都が待った…杉並区・和田中
都教委は「有料で特定の学習塾の講師が授業する点などが問題」とし、文書で指導。
そりゃそうだろう。公民館でも,有料の講演会は材料費などの実費で無い限りできないぞ。
指導を受け、同校は実施時期を26日に延期することを決めたものの、「不退転の決意で実施したい」と反発。区教委も「補習であり、問題ないはず。実現できるよう支援したい」とコメントした。
っていうことだけど,どうかんがえても学校のやることじゃないだろう。
 だきわさんの話によると,ここの校長さんは「『理系の大学は24時間営業』は『嘘だ、大学に夜人がいるわけがない』」とのたまったそうだけど,私立学校じゃないんだから,公立学校の趣旨を考えて教育委員会も過去の「競争の時代」の弊害を思い出すべきなんじゃないですか?

by ji3faf | 2008-01-09 00:36 | PTA


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map