人気ブログランキング |
    
2005年 11月 29日 ( 3 )

2005年 11月 29日
直っているけど返事がない… もっと太っ腹を見せて欲しい
 わが県でも、とうとうポータルサイトが開設され、試験運用が始まっていると19日に聞いていたので、昨日ためしに使ってみました。

 どうも私は「間違い」にすぐぶつかるようで!(^^)! さっそくリンクミスを発見。
 下記のようなメールを送ったところ、すでに修正された模様。 すばやい! えらい!

 でも私には返事がきていない。メールで送信したんだから、
  「ご指摘ありがとう。早速修正しました」
の感謝のメールは期待してないですが、
  「メールを受け取りました」
くらいの機械的連絡をするようなシステムにしてもいいんじゃないですか?
 これは、前にも指摘してるんですが、改善されてないです。

さらに、このポータルサイトは、「京都府教育情報ポータルサイト」というタイトルで、そのホームの題字の下に
  >府内教職員のための情報サイト
とあります。
 そして、「>>本サイトのご利用について」では、「京都府内の教職員の方々の実際の利用をとおして」とあるのですが、「2.登録利用者(ユーザ)について」には「登録利用者」は、「京都府内の公立学校の教職員」なのですが、「京都市立は除く」と明記されています。
 京都市民は京都府民ではないのでしょうか?
 京都府下の私学の生徒は、京都府下の学校に通学していないのでしょうか?
 教育委員会が別だからといって、私学は教育委員会担当でないからといって、教職員に対する情報提供/教職員間の情報交換に差別する理由は無いとおもうのですが、どうでしょう。
 逆に、ポータルサイトというのだから、「全部まとめて面倒見よう」という太っ腹なところを見せるべきだと思うのです。

このポータルサイトは地域と人をむすび育てるIT活用プラン 3の重点施策なのです。
 「(1) デジタル疏水の各分野での活用の推進」の「◆教育」には、
(イ) 京都府の教育情報の総合窓口となる教育情報ポータルサイトの構築
ポータルサイト:インターネットに接続する時の入口となるホームページ

となっています。

おなじく重点施策には、
 「(3) デジタル疏水の利活用推進のための環境整備」として、「◆デジタル疏水や京都ONE等の情報ネットワーク基盤を京都全体で利活用し、IT活用を積極的に推進するための組織体制の強化」という項目があり、
(ア) 京都府内の既存の情報化推進組織である「京都高度情報化推進協議会※1」や「京都情報基盤協議会※2」の統合も視野に入れた連携強化を図ることにより、情報ネットワーク基盤の先進的活用や実証実験を推進
  京都府・京都市が協調し、大学との連携のもと、京都全体で情報化を推進する体制を整備するとともに、民間主導による自主的な運営方法を検討

とあるのだから、京都府の教員に限定したポータルサイトと言うのは何か間違っているようなきがしてならないのです。
 このポータルサイトの制限をしっていたら、きっとパブリックコメントを送っていたとおもいます。

 他府県の教員や、府民の参加まではいいませんが、
   京都府下の先生のためのポータルサイト
   京都府下の学校で勉強する児童・生徒の指導者のための情報提供の場
となるように、本番運用するころにはなっていたらいいな、と思います。

===
Subject: ポータルサイトのリンク間違いなどの連絡方法について
To: mirainet@kyoto-be.ne.jp

ポータルサイトテスト運用ご苦労様です。

http://www1.kyoto-be.ne.jp/mirainet/index.html
に「ぜひ御覧いただき、御意見をお寄せください」

とあるので見に行きました。

●参照数の多い記事の上から順にみていきました
情報: 情報機器の動作原理等の素材集紹介

にある
 Url Link: 情報機器と情報社会のしくみ素材集
のリンクが
 http://http://kyoiku-gakka.u-sacred-heart.ac.jp/jyouhou-kiki/index.html
になっています。そのため、なぜかYahooに飛んでしまいます。
リンクが間違っていたらYahooにいくのも不思議です。

●お問い合わせ
リンク間違いなどゲストユーザが連絡しようにも「お問い合わせ」をクリックすると
  このエリアへの利用は許可されていません
となります。これはおかしいと思います。

●利用者について
 http://kjpts.kyoto-be.ne.jp/pstest/modules/tinyd0/index.php?id=1
によると
(2) ニュース提供利用者
京都府教育庁、市町村教育委員会事務局等の職員及び各学校や研究団体の代表者等で、
各機関等からのニュース、リンク集、行事予定への投稿ができます。

となっていますが、
 http://kjpts.kyoto-be.ne.jp/pstest/register.php
の免責条項には
ユーザ登録ができる者は、京都府内の公立学校教職員(京都市立を除く)、
京都府教育庁及び教育関係の職員、京都市を除く市町村教育委員会事務局の
職員とします。
となっており、「研究団体」の定義がされていないため矛盾するように読めてしまいます。
 ひょっとすると、ニュース提供者というのは
   京都府教育庁、市町村教育委員会事務局等に所属する職員ならびに各学校・研究団体の代表者等
ということで、
  教育委員会に所属しない学校や研究団体はニュース提供者になれない
ということでしょうか。たとえば、私立学校の教職員や、私立学校や大学などの研究機関、私たちのようなNPO法人の研究団体はだめなんでしょうね。
===

by ji3faf | 2005-11-29 23:19 | 情報教育
2005年 11月 29日
校区各校PTAとの交流会
南山城養護学校で、「校区各校PTAとの交流会」が開催されたので、行って来ました。

 ここは、いろんな取り組みをしてますし、うちの高校生もボランティア交流をしてますし、私が管理している教育ネットワークが運営された当初に、「地域の小学校にきていたけれども体調が悪化したので中学からはこちらでお世話になった」という生徒さんがいて、その生徒さんと交流するためにダイアルアップ接続できるようにしたという経験もあって、訪問したい学校でした。

 でも、いままではどういうわけか、南山城養護学校で開催される行事の日に限って、出張だったり、体調をくずしたりしてたんです。今度こそは、と思ってたところ、ようやく参加できました。
 予想通りの楽しそうな(先生は大変そうな)学校です。
 あ、「先生が大変そうな」というのは、養護学校にしては「かなりの大規模校(小・中・高合わせて215名)だから」です。地域も宇治市、八幡市を除く、京都市以南全部が校区ですし、スクールバスも7台です。
 どこが大変そうだったかというと、校舎が建て増しだからです。高等学校部にも、中学校部にもプレハブ増築校舎があります。
 高校だけが3階建てになっていますが、上に増築するのは万が一の場合の避難が難しいでしょうから、横に広げざるを得ないのでしょうけど、ちょっと迷っちゃいました。

 さらに、特別支援教育のセンター的機能ももっていて、LD,ADHDなどの従来の障害種以外の相談にも対応していて、「養護学校コーディネータ 特別支援部」があって、今年はすで延べ200件を超える相談に対応しているとのことでした。

 そういえば「都下教育情報日記」の11月25日に紹介されていた、

  3分でできる特別支援教育理解度チェック

(「みっふぃのブログより発見」だそうです)

をほかのPTAの方にも紹介するとよかったかな。

==
 でも、苦言をひとつ言いたかったです。「障害についての理解を広げるために」という資料集も配布されました。
 「(掲載した資料の一部は、インターネット等で入手し、編集したものです)」と表紙にコメントが書いてあるのですが、参考にしたホームページなどの情報が記載されていないのです。
 また、後ろの方には新聞の切り抜き記事があるのですが、「どの新聞」の「何年何月何日」の記事なのかが記載されていないのが混ざっているのです。
 これは善処してもらわないといけないですね。

by ji3faf | 2005-11-29 21:21 | PTA
2005年 11月 29日
ようやく紅葉もきれい
テレビの影響はおおきいですね。
自宅前の一休寺が土曜日の朝に中継されたそうなのですが、それからが大変。
土曜、日曜と駐車場に入りきれないくらいの観光客だったそうです。
 土曜、日曜といなかったのですが、おばあさんが「観光地ってたいへんなんやろなぁ」と他人事のようにいってました。

 で、25日にも写真を撮ってたんですが、28日の写真の方がきれいに感じました。というわけで、28日のお昼ごろの一休寺です。
b0017061_195526.jpg

b0017061_110579.jpg


by ji3faf | 2005-11-29 01:10 | 近所ネタ


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map