人気ブログランキング |
    
2005年 11月 22日 ( 1 )

2005年 11月 22日
[ALWAYS 三丁目の夕日」 とハリーポッター
ALWAYS 三丁目の夕日
 じつは、この年に生まれてます。
 オート三輪も自宅の仕事(建築板金…トユ屋です)で使ってました。あの冒険少年ブックの挿絵。
なつかしいなぁ。サンダーバードのプラモデルも小松崎茂氏の挿絵なんですよね。
 とことんこだわるプロの作品というのを見た思いがしました。

 StarWarsやStarTrekもCGならではの作品ですが、昔を知っている人を涙ぐませるCGというのはとても大変だとおもうのです。
 あ、ストーリーももちろんいいです。原作を読んでないから(ときどき見てましたが)余計に映画に入り込めたんだと思います。

 小学校の社会科の資料に最適だとおもいます。ほんとに昭和33年を再現してます。

 東京タワーの組み立てで、足場や建設機材が写ってないのが気になったのですが、ほんとうにとび職の職人技で建設していたから、そういう機材が遠くからだと見えなかったんでしょうね。

11.23追記
 映画のパンフレットをみると、ちゃんと足場もありました。赤い鉄骨が大きくて、足場の細い線が目に入らなかったんです。DVDを買ったらきっちり見るぞ!

 駄菓子屋の雰囲気も、自動車やさん(2人の同級生が自動車やさんでした)の雰囲気もそのとおりだし、テレビや冷蔵庫(氷式から電気式)も家にあったから、「ほんと、そのとおり!」。
 人情もきっと、東京の下町(なのかな?)ってあんなんだったんだろうなぁ(いまでもそうなんでしょう)と思いました。

■ハリーポッター
 ハーマイオニーがかわいくなったというか、「美人」になったのが印象的。

by ji3faf | 2005-11-22 14:22 | 映画


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map