人気ブログランキング |
    
2005年 01月 19日 ( 4 )

2005年 01月 19日
学力問題
昨日の朝日新聞にこのような記事があった。

中山文科相、総合学習削減の意向 教科の授業時間確保(01/18 21:50)

 「総合的な学習の時間」のような「ゆとり教育」が原因で低学力になった
という主張のようだ。でも、それを証明できるのだろうか?
 算数(数学)、国語、英語の授業時間を増やしても、受験用の暗記教育が復活するだけの気がする。それは、ペーパーテストの点数を上昇させることは間違いないが、それが「生きる力」のための学力なのだろうか?

 それに、また
授業改善徹底へ全国実情調査 文科省、教育長会議で示す(12/24)
に「授業の改善を徹底させるために全都道府県の実情調査を来年から行う考えを示した」とあるが、学力テストをするつもりみたい。そうなると、昔の全国テストのときにあった

 「きみ、明日は休んでいいよ」

と学校が低学力の生徒を受験させないようにして、学校の平均点をあげるという変なことが復活するような気がする。

ちなみに、VIDEONEWS.COMで、
第193回 [2004年12月3日]
 ゆとり教育は間違っていたのか
 ゲスト:寺脇研氏 (文化庁文化部長)

で公開されているようです。私は会員で無いのでプレビューしかみていませんが、

   しかし、長年、文部省官僚として教育行政に関わり、公立中学から偏差値を
 追放するなど、ゆとり教育の推進者でもあった寺脇氏は、「ゆとり教育=学力
 軽視」は誤解だと説き、問題はむしろ、学科を減らしたことの見返りにできたゆ
 とりを、まだ有効に使い切れていないところにあると説く。また、今日の「ゆとり
 教育」見直し論の背景には教育行政をめぐる経産省と文部省の縄張り争いが
 あるとも言う。

ということだそうです。

======
参考
総合学習を見直しへ ゆとり教育の柱、文科省が検討 (京都新聞 2005/1/18 22:25)

by ji3faf | 2005-01-19 14:00 | 情報教育
2005年 01月 19日
MSの無料スパイウェア対策ソフトを推奨できない理由(ITmedia 2005/1/17)
[WSJ] MSの無料スパイウェア対策ソフトを推奨できない理由

まだ完成品ではないことを承知の上で説明しておられますが、


  さらにまずいのは、このソフトがもう1つのスパイウェア問題――Webブラウザ
 のホームページと検索ページの乗っ取り――を扱うやり方だ。
  (中略)
  しかし、Microsoftのソフトは、スパイウェアが変更したページを、自社で運営
 する オンラインサービスであるMSNのホームページと検索ページに置き換え
 ようとする。これではスパイウェア作者の強引なやり口と同じようなものだ。
  (中略)
  それだけではない。Microsoft AntiSpywareは、ライバルのWebブラウザ
 Firefoxのユーザーをホームページと検索ページの乗っ取りから守るためには
 何もしない。このソフトが検出して訂正するのは、自社のInternet Explorer
 (IE)の乗っ取りだけなのだ。


と指摘している。
 これはなんともMSらしいというしかないです。

  ・無料だから
  ・Microsoftのような大企業が提供しているから
  ・(今後)プレインストールされているから
という安易な理由で利用を推奨する教育委員会がでてくるのを危惧します。

by ji3faf | 2005-01-19 13:41 | システム管理
2005年 01月 19日
NHK内部告発
VIDEONEWS.COMのInternet-TVで記者会見のすべて(約1時間)をみることができました。

NHKを内部告発した長井暁チーフ・プロデューサー記者会見 (2005年1月13日)

この記者会見と、以下の朝日新聞の記事をみると、どうもNHKの分が悪そうに見えるのだが。
NHK番組改変問題、本社の取材・報道の詳細(01/18 03:02)
中川昭一氏との一問一答 NHK番組改変問題(01/18 03:05)
安倍晋三氏の主な発言 NHK番組改変問題(01/18 03:05)
「NHK側から放送前に説明」自民・考える議員の会幹部(01/18 03:10)

報道後に発言の内容が変わってますね。

by ji3faf | 2005-01-19 02:00 | その他
2005年 01月 19日
情報セキュリティ読本(IPA)
2002年6月刊行の「情報セキュリティ読本」が2004年に改定され、新装改訂版「情報セキュリティ読本 -IT時代の危機管理入門- 」が出版されています。

この読本を使用した情報セキュリティ教育に用いることができるプレゼンテーション資料がダウンロードできるようになった。

■「情報セキュリティ読本- IT時代の危機管理入門 -」 教育用プレゼン資料
 現在は全6章のうち4章までが公開されています。

「情報セキュリティ読本 -IT時代の危機管理入門」教育用プレゼン資料(PPT)ご使用にあたって
 使用条件ですが、企業や学校、一般向けのセミナーで営利目的でない場合は自由にりようできるそうです。
 

by ji3faf | 2005-01-19 00:00 | 情報教育


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map