人気ブログランキング |
    
2006年 07月 16日
日本沈没
前の映画は中学3年でみました。
 WikiPediaにかいてあります。 日本沈没(Wikipedia)
田所雄介博士:小林桂樹
小野寺俊夫:藤岡弘
阿部玲子:いしだあゆみ
山本総理:丹波哲郎
竹内教授:竹内均(事実上本人役)

で,今回は
田所雄介博士:豊川悦司
小野寺俊夫:草彅剛
阿部玲子(ハイパーレスキュー隊員):柴咲コウ
山本尚之総理大臣:石坂浩二
鷹森沙織・文部科学兼危機管理担当大臣:大地真央

「データによる直感と大胆な発想」というのは学者にとって生命線でしょう。

日本沈没でウェゲナーの「大陸移動説」が最初は荒唐無稽と無視されたけど,「マントル対流説」・「プレートテクトニクス」で生き返ったということが一般に知られるようになったし,竹内先生は理科教育に目覚めたのか,「ニュートン」を創刊なさったし(私も読者でした),高度成長時代のなみにのって,「70年代われらの世界」(っていう番組がNHKでやってたんですよ,覚えてます?)というノリで「未来の科学技術進歩」を信じたものです。
 宇宙だけではなくて,自分の足元も勉強しなくっちゃねって。

 けど,そのあとは「ノストラダムスの大予言」という技術に立脚しないパニック映画だったし。
ちなみに「ノストラダムスの大予言」は核戦争後の世界の話がありました。公開直後,差別を呼ぶということでカットされました。わたしは公開直後に見たのでそのシーンを映画館で見ています。

 で,今回の映画ですが今回のヒーローとヒロインは田所センセイと鷹森センセイですね。
小野寺くんはいなくってもいいです!(^^)!  むりやりヒーロー役にされてる感じ。浮いちゃってます。
 特撮技術の進歩はすごいし,日本脱出に関しても国宝を賄賂にという政治的手法に納得できたり^_^;,引きずり込まれないようにマントル層を破壊する(そんなことしたら大津波がくるだろうに,そっちの被害は描かれてないという突っ込みはナシかな)というストーリーとかいい面はあるんですが,ロマンスがとってつけてるんで。
 「しんかい2000」じゃないや「わだつみ2000」の現役時代のオペーレータを引っ張りだすというストーリにしたら小野寺君の出番はなくなっちゃうしね。

 そうそう,
  ■期間限定 東京大学地震研究所「日本沈没」と地球科学に関するQ&Aコーナー
が開設されています。
Q1.田所博士のモデルとなった先生は、東京大学地震研究所に実在するのですか?
A.いいえ。残念ながらモデルになった先生はいません。しかし、今回の映画の田所先生ほどではありませんが、「変わった」先生はいます。
には大笑いしました。

by ji3faf | 2006-07-16 19:55 | 映画


<< 単3乾電池で空を飛んだ      「Microsoft Virt... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map