人気ブログランキング |
    
2006年 04月 15日
職員会議は「上意下達」の場
Asahi.com: 職員会議での採決禁止 「校長の決定権拘束」
東京都教育委員会は13日、職員会議で、挙手や採決によって職員の意思確認を行わないよう指示する通知を都立高など全263校の都立学校長あてに出した。都教委では98年、「職員会議は校長の職務を補助する機関」と定義しており、今回の通知は、その趣旨を徹底するためとしている。


MSN毎日インタラクティブ:都教委:職員会議で挙手や採決禁止 校長の効率的運営狙い

東京都教育庁は13日、職員会議で教職員による「挙手」や「採決」を行ってはならないとする通知を都立高校など263校の都立学校長に出した。校長の意思を貫徹させた効率的な学校運営が狙い。旧文部省は00年に「職員会議は意思決定権を持たない」との通知を出しているが、挙手や採決そのものを禁止するのは極めて異例。


学校の運営方針が「職員会議で決まる」というのを阻止したいのでしょう。でも、職員会議は、学校運営をきっちり行うための「会議の場」であって、意見も言えず、上意下達の場に過ぎないのでは、子どものためにならない。
 何より、「校長の意思を貫徹させた」学校運営が「挙手や採決禁止」でできるわけがない。そういう方法を取らざるを得ないような、「学校経営能力」が不足している人を校長にする方が問題。
 事実、「校長も、教頭もアホな学校は、教務主任が苦労する」という実態がある。つまり、管理職がそろって「アホ」という場合があって、それを補っているのが「職員会議」ということだってあるわけ。それが、「アホのいうことを聞け!」となったら、「八甲田山」みたいな悲劇的な結末になるでしょう。
 あ、石原都知事はそういう人物だったんだっけ。

追記(4月29日)
 都下教育情報日記に知事記者会見録とか、教育委員会議事録が掲載されたので読みました。経費削減とセットでいろいろ制度改革してるんですね。組合とかは大変でしょう!(^^)!

 4月21日の「石原知事定例記者会見録」が公開されているのですが、それを読むと至極まっとうなお話をされています。
 学校によっては特殊な「職員会議」が行われているのかもしれません。
【記者】4月の13日に、東京都の教育委員会が、都立学校の校長に対して、職員会議での拒否とか採決をするのは不適切だという通知を出したんですけれども、これに関して、学校の自由な雰囲気とかを損なうとか、そこまで細かい通知を出す必要があるのかというおそれもあるんですけれども、この通知について、知事ご自身の評価というか、お考えをお聞かせいただければ。

【知事】職員会議はね、何を議論し、何について職員会議としての意思を決定するかということは、案件によるでしょうね。ただ、僕はね、国会の採決じゃないんだからね、限られた先生たちが、まあ、それはものの考え方の違いもあるだろうけど、子供たちをとにかく健全に育てる教育者としての使命というものにアイデンティティー(帰属意識)があるわけだろうからね、それが多数決によって決められざるを得ないというのも、私は残念な気がしますな。だから、そこまで持っていかざるを得ない、いわゆる職員会議の議長というのは校長先生がするんですか、その人の裁量の問題もあるだろうけども、まあ、場が場だけに、私やっぱり、同じ使命感を持った先生方が話し合いで物事を決めて、進めていくということが必要じゃないかと思いますけども。

【記者】そういう観点からすると、今回の通知は好ましくないということですか。

【知事】しかし、それはね、私は教育委員じゃないのであれなんだけど、いろいろ具体的な細かな事例を聞けばですね、そうせざるを得ないような場合もあるんじゃないのかしら。


 あと、3月9日の教育委員会議事録(PDF)。東京都教育委員会の議事録は発言が記録されてるんですね(京都府のは採決記録みたい)。
 ところで、今回の通達は「学校経営支援センター(報道発表(東京都) 取引形態変更のお知らせ(東京都教育委員会)東京新聞の記事)」が開設されるに当たって、校長に学校運営の自己点検をさせて、そのうえで「特に」問題のあると考えられた学校(22校)の訪問調査の結果、全校に通知したということですね。
 まず最初に、協議会等の名称で校内の委員会がありまして、校内委員会が校内人事を担う形になっており、その人事の決定に何らかの形で関与している、校長が本来決定すべきことに関与している学校が5課程15.6%ございました。
 委員会等の構成員や委員長が、本来これは校長が決めるべきことですが、互選によって選出されている学校が14課程ありました。
 企画調整会議の構成員に互選によって選出された者や輪番の者が出席している。多いのは、職員会議の議長等が入っていて、これが輪番制になっている場合などがあるようでございます。これが4課程でございました。
 職員会議において、挙手等によって校長の意思決定を拘束しかねない運営が行われている。要するに、職員会議においては、議決はしてはいけないことになっていることから、最終的には校長が意思決定をしているという形にはなっておりますが、挙手によって教職員の意思の確認をしている学校が22課程68.8%あったという状況でございます。
 校務に関する企画立案等について企画調整会議で議論をされていない学校が8課程、企画調整会議を経ずに、職員会議に直接案件が出されることがあるという学校が3課程という結果になってございます。

 昔ある私学では校長は選挙で選ばれていました。校長という「肩書き」が欲しい人はそのために組合(票田)に頭が上らないという実態がありました。その学校は合併されたので現在の内規はどうなったのか知りませんが、私学だから「受験人気」で評価されるからそういう制度でも運営できていたんでしょう。

 都立学校では、校長の補助機関として「企画調整会議」というのがあるのですね。企業で言うと「ねまわし会議」でしょうか?決定権はないから。これに、校長の人事権を犯しているから、「互選によって選出された者や輪番の者が出席している」のはけしからんことなんですね。

 これだと、校長のYES Men/Womenばかりで「企画調整」して学校を運営することになるんですが、それでいいんでしょうか?
 だから、「学校運営連絡協議会」という、外部の意見を取り入れる制度があるのですが、これだって「校長の推薦で、教育委員会が委嘱」でしょ?

 やっぱり、管理職がそろって「アホ」な学校の場合のセーフティーネットは存在しないと思われます。

by ji3faf | 2006-04-15 02:21 | その他


<< テープ起こしのツール      OSP 京田辺市地域プロジェク... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map