人気ブログランキング |
    
2005年 05月 08日
交渉人 真下正義
JR事故直後に、鉄道(地下鉄)パニック部分がメインの映画なんですが、変に自粛されなかったのは良かったです。

 というのも、
   本来の鉄道運行管理って、こうあるべき
   みんなが乗客の安全を優先にしている姿勢がビシっと感じる
   総合指令長の「安全優先」「危機管理体制」に対する職業意識(職人意識)高さ
   危機レベルに対して、元上司である「線引屋」の現状に合わせる柔軟な姿勢
と、ほんとにJR西日本の教科書にしてほしい映画です、はい。

 

by ji3faf | 2005-05-08 03:23 | 映画


<< ウイスカに注意      がせビアのその後(その2) >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map