2005年 04月 05日
がせビア(その2) -訂正! ipconfigはWin98にも存在!-
さて、とある教育委員会の

  ◆ 「連載:今日から使える(?)ネットワーク・トリビア!」
    第2回 ネットワークにつながらない時~

の「がせビア」です。

第2回では、インターネットではなく「ネットワーク」を「バケツリレー」にたとえています。
そして、

 バケツリレーの経路のどこで通行止めが発生しているのかを確かめる
  コマンドを紹介します。


といって、


   では、以下OSにWindows98以降を使っている場合を
  例に説明します。

   1)[スタート]→[プログラム]→[アクセサリ]
    →[コマンドプロンプト]を
     クリックします。すると黒い画面が開きます。

   2)画面の>マークのところで「ipconfig」コマンドを入力します。
      >ipconfig


■ 訂正:「わたしのがせビア」
 |おいおい、Windows98/MEに「ipconfig」コマンドはありませんよ。
 |Windows98/MEなら「winipcfg」じゃないですか。
 
実は、Windows98には「ipconfig」があります!!

  W98:フルパッケージPC/AT版CD-ROM 内容一覧 (2/19)
   http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;412115
の一覧に
  NET8.CAB ファイルに含まれるファイル:
   ipconfig.exe53,24806-12-19988:01:02p
と記述されていることから明らかです。

 しかしながら、マイクロソフト社のホームページ
   http://www.microsoft.com/japan/
の右上にある
   Microsoft.com Japan サイトの検索:
で、 「windows 98 ipconfig」の3つのキーワードで検索すると2番めに「IPアドレスの情報を確認する方法」としてでてくるのが
   「WINIPCFGの起動方法」
です。このように、マイクロソフト自身、windows95/98ではipconfigよりも95時代から共通に存在するwinipcfgを優先しているようです。

ということで、windows98でipconfigをつかうということはまさしく「トリビア」にふさわしい話題だったということです。

======


それに、Windows98/MEなら
   [スタート]→[プログラム]→[DOSプロンプト]
 でしょ。

 それに、このコマンドは「経路のどこで通行止めが発生しているのかを確かめる」コ
マンドじゃないくて、ネットワークインターフェースに設定されたIPアドレスを確認するコマンドですよ。
 たしかにデフォルトルートという経路も表示されますけどね。


   次に、このネットワークの出入口までのリレーが正常に行なわれるかを確認します。

  4)画面の>マークのところで「ping」コマンドを入力します。
   >ping△172.17.160.7(←この△は半角の空白を示します)
  この170.17.160.7という番地は、上の3)で「Default Gateway」で
  表示された番地になります。

  5)[Enter]キーを押します。

  〇経路が正常な場合
   Reply from 172.17.160.7:bytes=32 time<10ms TTL=252
               (TTLの数値は、例示です。)
  〇経路が正常でない場合
   Request time out.

  と表示されます。もし、「Request time out」ならば、ネットワーク
  の出入口までに、何らかの問題があります。


これを読むと、「リレー」といっているのは「ルーティング」ではなく、「ハブ」によるパケットの中継のことなんでしょうか。

  これども、それならば説明が矛盾するのです。この説明の前には、

   このアドレスとはバケツリレーに参加するものに付けられた識別番号の
  ようなものです。もちろん学校ごとに番地は違います。


とIPアドレスの説明をしています。「リレーに参加」するためには「IPアドレス」が必要なんですから、デフォルトゲートウェイまでのリレーの経路に参加しているのは何なんでしょう。
[PR]

by ji3faf | 2005-04-05 13:51 | 情報教育


<< がせビア(その3) -追加あり-      がせビア(その1) >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map