人気ブログランキング |
    
2009年 06月 25日
なんのための全国テストなのか
やっぱり,という現象がでてきた。

■橋下知事、府奨励の反復学習「やらない首長落選させて」
 朝日新聞 2009年6月23日14時41
 http://www.asahi.com/politics/update/0623/OSK200906230054.html
大阪府の橋下徹知事は23日、公立小中学校の学力向上策として府教育委員会が提唱する反復学習について「やった所、やらなかった所の情報をオープンにする。やらない所の市町村長は選挙でどんどん落としてもらいたい。それしか教育が変わる方法はない」と報道陣に発言した。
橋下知事は,学力向上の「学力」とは何かを勘違いしているのではないでしょうか?
全国学力テストの成績が悪いから,その成績を上げるのが知事の仕事なのでしょうか?
 それよりも,生きる力を育てるために,「反復学習が必要な時期がある」というのであれば理解できますが,知事の思いに従わない教育委員会を指導できるように地方自治体の首長の首を挿げ替えろと主張するのは,教育への行政介入に他なりません。
 それよりもっと重大な問題が,反復学習には潜んでいるのです。

■“10歳の壁”を乗り越えろ ~考える力をどう育てるか~
 クローズアップ現代 6月18日(木)放送
算数の場合、計算は得意でも、文章題になるとできないケースが目立つ。背景として、ドリルに依存した学習スタイルや、家庭での会話の減少によるコミュニケーション能力の遅れなどが指摘されている。
つまり,反復学習では反応速度は向上するけれど,「問題の意味を理解できない」「問題意識そのものを持てない」という「考える力」を育てられないのです。

 子どもにとって,反復学習は「ゲーム」になっていくでしょう。点数が付けば,よりいっそう励みになるでしょう。でも,それを応用できなければ,役に立たないのです。計算ミスするなら,電卓を使えばよいし,漢字がわからなければ電子辞書を使えばよいのです。学校のテストでは持ち込み禁止でも,ビジネスの世界に「持ち込み禁止「カンニング禁止」はありません。持てる人脈やツールを「使いこなす能力」が武器になるのです。
そして,そういう能力を育てるための教育をすべきなのに,それには言及されていない。

 PISA型学力測定や,全国学力テストの本来の位置づけを考えるのが,政治家の務めではないでしょうか?
序列を問題にしたり,組合を問題にするという次元ではなく,
  どんな能力を次世代の子どもに持って欲しいのか
  そのためには,どんな教育方法,教育資源が必要なのか
を整備するのが政治と行政の仕事でしょう。

 もういちど言います。ビジネスの世界では,カンニングは当たり前です。持ちうる情報収集能力をメいっぱいつかえることが,ビジネスマンの能力です。
 

by ji3faf | 2009-06-25 12:33 | PTA


<< 教育すべきか持たせないべきか      WOWOWが中断してた >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map