2010年 04月 29日
ITCE 平成22年度3級試験要綱
今年度の3級試験要綱が公表されていました。

平成22年度 教育情報化コーディネータ3級検定試験 実施要項
 http://www.jnk4.org/itce/

試験実施日時:2010年6月27日(日) 13:00~14:30
Web申込み:2010年5月7日(金)11:00 ~ 2010年6月8日(火)20:00まで
受験料の振込み:2010年6月11日(金)14:00 まで(振込み完了のこと)

だそうです。
また、関連情報が2件掲載されています。

「教員のためのICT活用能力検定」と、平成22年度2級試験の予定です。
[PR]

# by ji3faf | 2010-04-29 23:16 | 情報教育
2010年 04月 26日
Win7のXPモードのおかげで助かった
ルータやインテリジェントハブには、シリアルポート接続が必要です。
でも最近のPCにはRS-232Cポートがないので、USB-シリアル変換アダプタが必須です。

わたしは、I-Oデータの 「USB-RSAQ2」をTeraTermで愛用しています。
 http://www.iodata.jp/prod/mobile/serial/2003/usb-rsaq2/
ただ古いのでドライバをWindwos VISTAにインストールできなくて、XPで使ってきました。
 たまたまXP機を置き忘れてきて、Win7のマシンしか使えませんでした。当然そのままでは使えませんでした。

 そこでXPモードのことを思い出して「だめもと」とおもって、XPモードに「USB-RSAQ2」のドライバをインストールしてみました。Win7ではイントール自体拒否されたドライバは、すんなりインストールできました。
 ラッキーと思って、USBポートに接続したのですが、ホストOSであるWin7では不明な機器が接続となってしまって、「こりゃだめだわ」とあきらめかけました。
 
 ところが、ほんの10数秒後にXPモードのウインドウのタスクバーに機器の接続情報が表示され、RSAQ2を認識しました。すかさずドライバーのインストールを実行させると、インストール完了。
 XPモードでTeraTermを起動し、シリアルポート側を選択。ポートとしてRSAQ2のポート(ドロップダウンリスト内にそれとわかるポート名が表示されます)を選択すると、使用できました。

 「RSAQ5を買い足さねばならないかなー」と思っていたのですが、Windows7のおかげでまだまだQ2の活躍が続きそうです。
[PR]

# by ji3faf | 2010-04-26 00:44 | システム管理
2010年 04月 22日
「学校教育の情報化に関する懇談会」がライブ放送される
2 懇談事項
(1)授業におけるICTの活用について(デジタル教科書・教材、情報端末・デジタル機器、学校・教員等の在り方を含む)
(2)ICTを活用した校務支援について
(3)ICTの活用に関する教員へのサポート等について
という「学校教育の情報化に関する懇談会」が、本日(4月22日) 16時~18時開催という広報があったのが先週。
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/04/1292706.htm

 おととい、その変更が広報されました。
●「学校教育の情報化に関する懇談会」の開催について(変更)
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/04/1292860.htm
4月22日(木曜日)開催予定の第1回懇談会の模様について、インターネットによりライブ配信を行うこととしました。
文部科学省のホームページのトップ画面に、ライブ配信についてのリンクを載せる予定です。
まだ変更されてないので、何時ごろに変更されるのかな。たのしみ。
[PR]

# by ji3faf | 2010-04-22 01:40 | 情報教育
2010年 04月 17日
Windows7のTCP/IP通信が異常に遅いこと
昨日、800MB程のファイルをダウンロードすることになりました。
Windows7 32bit版なのですが、XPよりも異常におそい。50KB/secくらいの速度しかでないのです。
というわけで、その昔、割り込みをかけるためにマウスをグリグリすると速度が上がったことがあったのでやってみたら、2~3MB/secくらいになりました。

 でも、やっぱり遅いのでググってみたら64bit版でこういうのがありました。

Asytaru's House
Windows 7 (X64)本格導入しました(ハードウェア編)
http://www.axcx.com/~asyutaru/comp/kakutou073.html
で、対処法だが、この自動チューニングの設定を高速回線タイプに変更すれば良い。そのやり方だが、スタートメニュー内の「コマンドプロンプト」を右クリックメニューから「管理者として実行」。後は下記のコマンドを入力するだけだ。

netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted


Technet フォーラムでもnetshを使う方法が書いてありましたが、やはり64bit版での話。
でも、VISTAでも有効な方法なので、Windows7 32bit版でも使えるだろうと思ってやってみたら、8.5~9.5MB/secになりました。
 ぜんぜんちがうやんかいな!!

追加
 IPv6を停止していないのではないか、という情報をもらいました。
 たしかに、停止を忘れていました(無線LANデバイスでは停止していたのですが、普段使用しないLANポートの停止を忘れていました)。
 さて、これでどれだけの速度が変わるのか、ためさなくては。
[PR]

# by ji3faf | 2010-04-17 02:08 | システム管理
2010年 04月 04日
冤罪と不正侵入を扱ったドラマ
CSI :ニューヨーク 第5シーズンをWOWOWで放送していますが、昨日の13話は興味深いものでした。

#13 誤審 Rush to Judgment
 http://www.wowow.co.jp/drama/csi/ny/episode13.html
押収されたヴィンスのパソコンからは、彼が小児性愛者だったらしいことが発覚。だが、ヴィンスの妻は彼を実直な善人だったと信じてあらゆる証拠を否定する……。
ネタばれになりますが、殺された方は、自宅で無線LANを使っていました。しかし、セキュリティ設定がないため、天窓から不正侵入され、被害者のパソコンから小児性愛者のような写真付きの電子メールを送信させられていたわけです。当然本人は知らないので、否定したので、「ばっくれやがって!!」と犯人に殺害されたので。

 さて、自宅環境で「無線LANでまだ全く暗号化していない」+「ファイル共有を許可になっている」という人はいませんかね?
 そうでなくても、単にFROMアドレスだけで、なりすましメールでも気づかないという人がいてもおかしくはないですが。Fromアドレスを変更できるというのが信じられない人もいるようです。

Gmailでも「設定」→「アカウントとインポート」の「名前:」で、「別のアドレスからメッセージを送信」というボタンから設定すれば、別のアドレスを使えます。
[PR]

# by ji3faf | 2010-04-04 23:55 | 情報教育
2010年 03月 25日
スキー連盟、本気かい?
■朝日新聞 2010年3月24日22時28分
 服装乱れた選手、代表に選びません スキー連盟が方針
 http://www.asahi.com/sports/update/0324/TKY201003240379.html
原案では公の場で服装や身だしなみを整えることや、茶髪やピアスなどの禁止も盛り込まれた。
来年の4月から実施されるそうですが、ここまでやるかい? 高校野球と間違ってるんじゃない?
 ついでに、「丸坊主にすること」とか言い出すんじゃないでしょうね。
 スキー連盟の代表選手対象ということだけど、国体とかでも対象になるのかな? そのうち、スキー連盟が関係している資格試験でも服装規定がでてくるのかな?

 ますます、スキーの人気が落ちそうな気がする。
[PR]

# by ji3faf | 2010-03-25 02:05 | その他
2010年 03月 22日
仮想化非対応のPCでもWindows7のXPモードが使える
■PC onlineニュース 2010年3月19日
Windows 7の「XPモード」の動作条件が緩和
 仮想化技術に非対応のパソコンでも利用可能に
  http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100319/1023745/

これで、Windows7ならXPモードがとりあえず動作できるようになったようです。でも、

■マイクロソフト
Windows XP Mode および Windows Virtual PCのホーム
 http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/default.aspx
をみても、全然そんなことわからない。サポートの「要件」はには、仮想化の文字がないから、「いらなくなったのか」ということなのかな。そんなこと理解できるかいな。

上記記事に
現在のXPモードのWebサイト。ダウンロードするプログラムの3番目として「Windows XP mode update」が追加されている。これを最後にインストールすれば、仮想化技術に対応していないパソコンでもXPモードが使えるようになる
と書いてあるので、

Windows XP Mode のダウンロード
 http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/download.aspx
 のステップ2の「システムの選択」で「Professional 32ビット版」を選択したら、たしかに「3番目にインストール」が表示されました。で、その注釈に
ハードウェアが仮想化テクノロジに対応していない PC で Windows XP Mode を実行できます。
と書かれています。
 ほんとに判りにくい。
[PR]

# by ji3faf | 2010-03-22 03:32 | ソフト
2010年 03月 21日
「非実在青少年」問題
なぜこれがPTAネタなのかというと、私の嫌いなPTAの側面がはっきりと表れているからです。
偽善者と「おふだ」をおでこに張って歩いているような、いやーな側面がここにあるからです。


■社団法人 東京都小学校PTA協議会 公式ブログ
 2010.03.16 Tuesday
 青少年健全育成条例改正案の成立に関する緊急要望書を提出
 http://ptatokyo.jugem.jp/?day=20100316

この条例改正案は、だれもが「ネタ」だとおもったくらい馬鹿げており、成立するとは考えない憲法違反の条例案でした。しかし、大まじめであり、成立したならば甚大な影響があることを、この条例案作成者は隠していたとしか思えない方策をとっており、かつ、その根拠は作成者たちの思い込みであり、「エビデンス不要」といい切っている人たちでした。
 出版社、流通商社やプロバイダの本社機能が東京一極集中しているなか、東京都の条例は、法律とおなじ効力をもつことを改正案作成者はねらっていたのでしょう。これは、「第28期東京都青少年問題協議会 第8回専門部会」の議事録に
また、補足的にも書いてありますが、日本フランチャイズチェーン協会加盟店、大手コンビニエンスストアでは自主規制を、フランチャイズチェーン独自でやっているんですけれども、そこにおきましても、各県や東京都で個別指定した図書類及び東京都の条例の表示図書類というのは取り扱わないということになっております。
と書かれていますから、東京都の条例の特殊性を知っていたはずです。
 また、第9回議事録には、
国会がやらないなら都がやるというのが、子どもを守る責務を有する都としてあるべき姿勢ではないかというのが私の考えてございます。
という発言もありますし。
 ちなみに、この第8回の議事録はぜひ読んでおかれるとよいと思います。いかに今回の条例案が「ファシズム」によって立案されたかがわかります。とくに26ページは必読です。前衆議院議員である保坂展人氏の国会質問での様子を部会長自身が捻じ曲げて紹介しています。
 この議事録は下に書いた、「第28期東京都青少年問題協議会議事録」からPDFで公開されています。

 この問題を的確にまとめて記事にしたのが、Gigazineの記事です。Gigazineのまとめは長いですが、その歴史的背景も書かれており、さすがGigazineの記事といえます。

■Gigazine 2010年03月19日 08時25分31秒
 「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?まとめ
  http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100319_hijituzai_seisyounen/

Gigazineの記事だけでは一方的だと思う方は、日経ITProで公表された松浦 晋也氏の記事が参考になると思います。

■ITPro 緊急!東京都が児童ポルノ規制の美名の下、思想統制への道を開こうとしている
 http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20100317/1023686/

松浦氏の記事の最後にある
 そして、何よりも私が悲しむのは、真剣に児童ポルノの害悪を考えている人々が、このような憲法違反の条例改正を後押ししていることだ。善意と正義感にから始まった行動が、結果としてファシズムの推進となってしまうことを、私は深く憂慮する。
よりも、こういう行為がファシズムであることに気づかない人たちを巻き込んでいる「PTA役員」が存在できることが怖いのです。
 ちなみに、最初にリンクをかいた東京都小学校PTA協議会公式ブログからリンクされている、東京都の条例改正案をみてください。

■東京都青少年の健全な育成に関する条例(一部改正)
 http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/02/20k2h102.htm
【概要】
 青少年の健全な育成を図るため、児童ポルノの根絶及び青少年をみだりに性的対象とする図書類を青少年に閲覧等させないための措置に係る都・事業者・都民の責務等を規定するとともに、青少年のインターネット利用環境の整備に関する規定を改める。

(例)
児童ポルノの根絶等に係る責務を規定するほか、青少年をみだりに性的対象とする漫画等のうち著しく悪質な内容のものを、青少年への販売等を規制する「不健全図書」の指定対象に追加する。
都が青少年の所持に適した携帯電話を推奨することに関する規定を設ける。
保護者による携帯電話のフィルタリング解除の厳格化に関する規定を設ける。

この東京都のページには、改正案そのものはありません。この概要からは、改正反対派が反対する理由は不当なものだと誤解するでしょう。そういう誤誘導の意思があったと「第28期東京都青少年問題協議会議事録」から読み取れるからです。

■第28期東京都青少年問題協議会議事録
 http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_28ki_menu.html

■「メディア社会が拡がる中での青少年の健全育成について」答申
  http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/09_singi/28toushin.pdf
[PR]

# by ji3faf | 2010-03-21 19:19 | PTA
2010年 02月 25日
「児童生徒の学習評価の在り方に関する…審議の中間まとめ」の意見募集
NICERのRSSではでてくるのだけど、文部科学省ホームページのおしらせでは見つけられなかった。

■報道発表 文部科学省 平成22年2月12日
中央教育審議会 初等中等教育分科会 教育課程部会
 児童生徒の学習評価の在り方に関するワーキンググループ
 「児童生徒の学習評価の在り方に関するワーキンググループにおける審議の中間まとめ」に関する意見募集の実施について
 http://www.nicer.go.jp/lom/data/contents/bgj/2010021501043.pdf

 この分科会のページはここです。
 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/043/index.htm
でも、ここにも、この報道発表はないけれど、一番下に

■その他
2010年02月13日
「児童生徒の学習評価の在り方に関するワーキンググループにおける審議の中間まとめ」に関する意見募集の実施について
 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/043/sonota/1290214.htm
のリンクがありました。分かり肉杉(ーー;)
 結局
 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=185000457&OBJCD=100185&GROUP=
にいくことになるんですけどね。

前フリがながすぎましたけど、この中間まとめをみると、最後の35ページ(PDFの39枚目)、23行目からこう書かれています。
○ 法令に基づく文書である指導要録について書面の作成,保存,送付を情報通信技術を
活用して行うことは,現行の制度上でも可能であり,現在,地方公共団体においては,
指導要録の記入・活用やその際の電子認証,成績処理を含めた教務事務全体の情報化と
ともに,学習評価の改善を行っている例も見られる。

○ このような情報通信技術を活用した場合の効果や具体的な活用事例等を踏まえつつ,
学習評価における情報通信技術の活用について,指導要録及びその抄本や出席簿等の関
連する文書の様式を含めて,各学校の設置者においても検討を進めていくことが重要で
ある。
指導要録の電子化は現行制度でも可能で、実施している自治体があるようにも読めるのですけど、これは「学習評価の改善を行っている例も見られる。」であって「指導要録の電子化をしているわけではない」と読み取るのが正しいのでしょう。
 いつものことながら、努力目標として書かれているだけなんでしょうね。
[PR]

# by ji3faf | 2010-02-25 21:32 | その他
2010年 02月 25日
教育長が社会人学生だったんだ
最近よんでなかったので、数ヶ月ぶりに教育長ブログをみたらびっくりしました。

教育委員だより 目次

【259】H21/12/18 今年になって感じたこと
 http://www.komaki-aic.ed.jp/kyouikuiindayori/H21/iindayori259.htm
 一部の人にしか話していませんでしたが、今年の4月から大学院に通っています。いわゆる教職大学院ではなく、研究者を育てる普通の意味での大学院です。勤務時間後の週に数日の通学ですので、直接仕事に影響するわけではありませんが、間接的な影響は免れません。そこで、現実の仕事にもプラスになる教育学部に入学しました。新しい刺激があるというのは素晴らしいことだ、と感じています。
 わたしも社会人学生ですが、ほんと新しい刺激があります。長期履修生なので、4年在籍のよていですから、他の院生に比べて2倍の刺激期間があるのはうれしいことです。
 で、昨年末で退職されたそうです。

【260】H21/12/24 「90%主義」で
 http://www.komaki-aic.ed.jp/kyouikuiindayori/H21/iindayori260.htm
 明日からは、勤労学生から普通の大学院生になります。授業研究を基本とした学校づくり、なかでも研究協議会での教師の学びをテーマとしています。どこかの教室で授業を見ていたり、授業後の研究協議会に参加していたりする姿を見かけるかもしれません。不審者などと思わず声をかけてください。長い間のご協力、ご愛読ありがとうございました。
教育学部の院生ということですから、どこかの研究会でお会いできるかもしれません。

 最後のブログ(たよりというよりブログですよね、これ)にあった
すべての子どもがということを願ってもよいが、90%の支持があればよいという考え方です。それ以上の結果を求めると、非教育的(非人間的)な強圧的な方法をとったり、迎合的になったりする可能性が強いからです。
は、学校/学級運営するときに、ぜひ肝に銘じて欲しいことです。全員同じ意見ほど怖いことはありません。同調圧力がかかりすぎることを示します。「ムラ社会」の構築といってもいいでしょう。異なる意見があり、それをまげるのではなく、納得した上で多数意見に従うのが民主主義でしょう。異なる意見を言い出せないことほど、こわいことはありません。
[PR]

# by ji3faf | 2010-02-25 02:54 | その他


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map