<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年 08月 01日
相関関係と因果関係の混同を新聞報道で誘導している?
■朝日新聞 2010年7月31日
幼稚園出身の子の正答率、高い傾向 全国学力調査
 http://www.asahi.com/national/update/0731/TKY201007300598.html

をみて
締めの言葉がこれならタイトルをもっとひねらないと。『「データがひとり歩きすると、近所に幼稚園がなかったり、働いていたりして通わせられない保護者の動揺を招きかねない」として、さらに分析を進める必要性を指摘する』 http://ow.ly/2j8Ld
なんてつぶやいたら、早速奥村先生がブログに書いておられました。

■またもや相関関係と因果関係が混同されている
 http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/blog/node/2553
元データを探したら,国立教育政策研究所の「平成22年度 全国学力・学習状況調査 結果概要・集計結果」についてというページの最初のPDFのp.18にあった。基線が0でない棒グラフだ。


元データとして紹介されているのはコレです。
 国立教育政策研究所の「平成22年度 全国学力・学習状況調査 結果概要・集計結果」について
  http://www.nier.go.jp/10chousakekka/index.htm
 1 平成22年度 全国学力・学習状況調査 調査結果のポイント (PDF:1,126KB)
  http://www.nier.go.jp/10chousakekka/0726CD_data/22_chousakekka_point.pdf
の18ページです。

 しかし、どういう意図で調査したのかなと思ってほかのPDFも見てみました。

2 平成22年度 全国学力・学習状況調査【 小学校 】結果概要
 1.調査の概要(PDF:331KB)
  http://www.nier.go.jp/10chousakekka/0726CD_data/shou_kekka/22_shou_kekkagaiyou_1_chousanogaiyou.pdf

3 平成22年度 全国学力・学習状況調査【 中学校 】結果概要
 1 調査の概要(PDF:328KB)
  http://www.nier.go.jp/10chousakekka/0726CD_data/chuu_kekka/22_chuu_kekkagaiyou_1_chousanogaiyou.pdf

どちらも、 (6)調査結果の解釈等に関する留意事項(3ページ)に
相関関係の見られたものを掲載しているが,必ずしも因果関係を示したものではないことに留意することが必要であり,データから読み取れる内容と実際の状況とをよく照らし合わせて分析する必要がある。
とちゃんと書いてる。

 どうしてこれを「ポイント」のほうに書かないのかなぁ?




..... Ads by Excite .....
[PR]

by ji3faf | 2010-08-01 10:14 | PTA


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map