<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 25日
スキー連盟、本気かい?
■朝日新聞 2010年3月24日22時28分
 服装乱れた選手、代表に選びません スキー連盟が方針
 http://www.asahi.com/sports/update/0324/TKY201003240379.html
原案では公の場で服装や身だしなみを整えることや、茶髪やピアスなどの禁止も盛り込まれた。
来年の4月から実施されるそうですが、ここまでやるかい? 高校野球と間違ってるんじゃない?
 ついでに、「丸坊主にすること」とか言い出すんじゃないでしょうね。
 スキー連盟の代表選手対象ということだけど、国体とかでも対象になるのかな? そのうち、スキー連盟が関係している資格試験でも服装規定がでてくるのかな?

 ますます、スキーの人気が落ちそうな気がする。
[PR]

by ji3faf | 2010-03-25 02:05 | その他
2010年 03月 22日
仮想化非対応のPCでもWindows7のXPモードが使える
■PC onlineニュース 2010年3月19日
Windows 7の「XPモード」の動作条件が緩和
 仮想化技術に非対応のパソコンでも利用可能に
  http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100319/1023745/

これで、Windows7ならXPモードがとりあえず動作できるようになったようです。でも、

■マイクロソフト
Windows XP Mode および Windows Virtual PCのホーム
 http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/default.aspx
をみても、全然そんなことわからない。サポートの「要件」はには、仮想化の文字がないから、「いらなくなったのか」ということなのかな。そんなこと理解できるかいな。

上記記事に
現在のXPモードのWebサイト。ダウンロードするプログラムの3番目として「Windows XP mode update」が追加されている。これを最後にインストールすれば、仮想化技術に対応していないパソコンでもXPモードが使えるようになる
と書いてあるので、

Windows XP Mode のダウンロード
 http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/download.aspx
 のステップ2の「システムの選択」で「Professional 32ビット版」を選択したら、たしかに「3番目にインストール」が表示されました。で、その注釈に
ハードウェアが仮想化テクノロジに対応していない PC で Windows XP Mode を実行できます。
と書かれています。
 ほんとに判りにくい。
[PR]

by ji3faf | 2010-03-22 03:32 | ソフト
2010年 03月 21日
「非実在青少年」問題
なぜこれがPTAネタなのかというと、私の嫌いなPTAの側面がはっきりと表れているからです。
偽善者と「おふだ」をおでこに張って歩いているような、いやーな側面がここにあるからです。


■社団法人 東京都小学校PTA協議会 公式ブログ
 2010.03.16 Tuesday
 青少年健全育成条例改正案の成立に関する緊急要望書を提出
 http://ptatokyo.jugem.jp/?day=20100316

この条例改正案は、だれもが「ネタ」だとおもったくらい馬鹿げており、成立するとは考えない憲法違反の条例案でした。しかし、大まじめであり、成立したならば甚大な影響があることを、この条例案作成者は隠していたとしか思えない方策をとっており、かつ、その根拠は作成者たちの思い込みであり、「エビデンス不要」といい切っている人たちでした。
 出版社、流通商社やプロバイダの本社機能が東京一極集中しているなか、東京都の条例は、法律とおなじ効力をもつことを改正案作成者はねらっていたのでしょう。これは、「第28期東京都青少年問題協議会 第8回専門部会」の議事録に
また、補足的にも書いてありますが、日本フランチャイズチェーン協会加盟店、大手コンビニエンスストアでは自主規制を、フランチャイズチェーン独自でやっているんですけれども、そこにおきましても、各県や東京都で個別指定した図書類及び東京都の条例の表示図書類というのは取り扱わないということになっております。
と書かれていますから、東京都の条例の特殊性を知っていたはずです。
 また、第9回議事録には、
国会がやらないなら都がやるというのが、子どもを守る責務を有する都としてあるべき姿勢ではないかというのが私の考えてございます。
という発言もありますし。
 ちなみに、この第8回の議事録はぜひ読んでおかれるとよいと思います。いかに今回の条例案が「ファシズム」によって立案されたかがわかります。とくに26ページは必読です。前衆議院議員である保坂展人氏の国会質問での様子を部会長自身が捻じ曲げて紹介しています。
 この議事録は下に書いた、「第28期東京都青少年問題協議会議事録」からPDFで公開されています。

 この問題を的確にまとめて記事にしたのが、Gigazineの記事です。Gigazineのまとめは長いですが、その歴史的背景も書かれており、さすがGigazineの記事といえます。

■Gigazine 2010年03月19日 08時25分31秒
 「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?まとめ
  http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100319_hijituzai_seisyounen/

Gigazineの記事だけでは一方的だと思う方は、日経ITProで公表された松浦 晋也氏の記事が参考になると思います。

■ITPro 緊急!東京都が児童ポルノ規制の美名の下、思想統制への道を開こうとしている
 http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20100317/1023686/

松浦氏の記事の最後にある
 そして、何よりも私が悲しむのは、真剣に児童ポルノの害悪を考えている人々が、このような憲法違反の条例改正を後押ししていることだ。善意と正義感にから始まった行動が、結果としてファシズムの推進となってしまうことを、私は深く憂慮する。
よりも、こういう行為がファシズムであることに気づかない人たちを巻き込んでいる「PTA役員」が存在できることが怖いのです。
 ちなみに、最初にリンクをかいた東京都小学校PTA協議会公式ブログからリンクされている、東京都の条例改正案をみてください。

■東京都青少年の健全な育成に関する条例(一部改正)
 http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/02/20k2h102.htm
【概要】
 青少年の健全な育成を図るため、児童ポルノの根絶及び青少年をみだりに性的対象とする図書類を青少年に閲覧等させないための措置に係る都・事業者・都民の責務等を規定するとともに、青少年のインターネット利用環境の整備に関する規定を改める。

(例)
児童ポルノの根絶等に係る責務を規定するほか、青少年をみだりに性的対象とする漫画等のうち著しく悪質な内容のものを、青少年への販売等を規制する「不健全図書」の指定対象に追加する。
都が青少年の所持に適した携帯電話を推奨することに関する規定を設ける。
保護者による携帯電話のフィルタリング解除の厳格化に関する規定を設ける。

この東京都のページには、改正案そのものはありません。この概要からは、改正反対派が反対する理由は不当なものだと誤解するでしょう。そういう誤誘導の意思があったと「第28期東京都青少年問題協議会議事録」から読み取れるからです。

■第28期東京都青少年問題協議会議事録
 http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_28ki_menu.html

■「メディア社会が拡がる中での青少年の健全育成について」答申
  http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/09_singi/28toushin.pdf
[PR]

by ji3faf | 2010-03-21 19:19 | PTA


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map