<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 25日
HDDはドリルで穴を開けて処分
いままでHDDを処分するときは、本当にてまをかけてました。
全部のねじをはずして、基板とか密封シールとかをはずして、ヘッドクラッシュを手動でしてました。

 で、santaさんから「ドリルで穴を開けてる」と聞いたので、やってみました。
 金属ドリルで基板側からぐりぐりしました。
b0017061_0244099.jpg


穴は貫通してないので、「お皿まで穴が開いたのかな」と不安に思ったのですが、HDDを振ると、中でジャラジャラと音がするので「あー割れたんだ」と安心しました。
[PR]

by ji3faf | 2009-10-25 00:27 | システム管理
2009年 10月 24日
教諭への指導監督権【訂正あり】
当然と言えば当然のことなのかもしれないですが、なかなか難しいところがあるのが、学校の先生の立場。

義務教育学校は、市区町村が建設して、管理しますが、そこで働く社員は事務職以外、原則的にすべて「派遣」なのです。
あ、政令指定都市は別ですよ。

 お近くの○○市立△△小学校の校長先生、教頭先生や、担任の先生、非常勤講師の先生は、都道府県で採用されて、その学校に「派遣」されているわけです。
 派遣ですから、指導監督する権限は市区町村教育委員会(事務局)にもあります。
 でも、新規採用教員の研修とか、10年研修とか、定期的な研修は派遣元でも行います(総合教育センターとかいう施設があります)。
 そういう意味で、派遣社員制度とそっくりなわけです。

 さて、派遣をを受けている「会社(市町村教育委員会)」から見るとどうでしょう。派遣社員である「センセイ」に費用をかけて研修して、職能があがったところで他の「会社(他の地方自治体)」に異動されたら、その研修費用は「ムダ」になったと判断するのではないでしょうか。
 チェンジして「得」もあれば、「損」もありうるわけです。建前上は同等である「はず」ですが、保護者は口さがないうわさを信じるものです!(^^)!!(^^)!

 ですから「派遣社員」である「センセイ」の不祥事に対しては、「派遣元」にも責任の一端はあるといえるのかどうか、という裁判の判決がありました。
 全国紙の電子版をざっくりみたのですが、朝日、読売、毎日には見当たりませんでした。検索の仕方がへたくそですから、単に見落としているだけかもしれませんが。

【訂正】以下の最高裁判決では、一般派遣社員と教員とは区別しているとの情報をいただきました。
 判決文を読まずに、新聞報道だけをみた私の不徳のいたすところです。すみません。
 ぜひ、判決文をお読みください。
 私のコメントは、そういう意味で不適切ですが、記録のために残してあります。


■郡山市立中の体罰、賠償は市 最高裁初判断、福島県と訴訟
 2009/10/23 11:49 【共同通信】
 http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102301000350.html
福島県郡山市の市立中で起きた体罰をめぐり...(略)...最高裁第2小法廷は23日、市の上告を棄却。市が全額負担すべきだとした二審仙台高裁判決が確定した。
最高裁が「市が全額負担」を命じたわけですから、今後学校設置者の「派遣社員」の監督や研修をしっかり実施しないと、金銭的な負担が生じることがはっきりしたわけです。
 影響は少なくないと思います。
[PR]

by ji3faf | 2009-10-24 00:28 | PTA
2009年 10月 14日
筆まめがインストールできない
筆まめは、しばらくバージョンアップしていなかったので3年ぶりにバージョンアップすることにした。
ライセンス版を購入していて、複数台にインストールするのだけど、どれにもインストールできない。
DVDのautorun.exeを実行しようとすると「ディスクを挿入してください」というダイアログが表示される。
 筆まめ本体のインストーラ(msiファイル)を実行させると、「autorun.exeが実行されていません」と拒否される。

 メディアがおかしいのかといぶかりつつ、よそのパソコンでautorun.exeを実行してみると起動する。これは、なにかある。

 autorun.infを実行させないレジストリ設定の何かが邪魔しているのかもしれないと思いつつ、ググって見たら
「いじくるつくーるのダウンロード」にこんなことが書かれていた。
 http://www.yoshibaworks.com/ayacy/inasoft/rnsf7.html
「Autorunの抑制」に「Autorun.infの実行をすべて禁止する」を追加。主にUSBメモリからのAutorunを停止するための機能です。

この設定を利用すると、Autorun.inf の存在が認識されなくなり、一部ソフトのインストーラの動作に支障が出ることがあるそうですのでご注意下さい。具体的には、Autorun.inf が存在しないとみなされることにより、GetPrivateProfileString等の関数から設定値を読み込めなくなります。そのため、ジャストシステム製等のAutorun.infに設定が記述されているソフトウェアが正しく動作しなくなる場合があるそうです
まさしくこれじゃないか。

というわけで、「いじくるつくーる」をダウンロードして、「Autorunの抑制」で何をしているのかを調べたら、
 HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\IniFileMapping\Autorun.inf
というreg_szキーを作って、
@SYS:DoesNotExist
を定義してる。
 これはやってるぞ。このキーを削除してみるか。あれ、やっぱりエラーになる。念のため再起動してみるか。

というわけで、このキーを削除して再起動したら、めでたく実行できました。

 autorun.infのウイルス対策が、こんな副作用をもっているとは露とも思わなかった。
[PR]

by ji3faf | 2009-10-14 03:00 | システム管理
2009年 10月 10日
情報科教員に、サーバ構築技能は必須か
 さっき届いたJSET論文誌をみて、気分が落ち込んだ。
 情報科教員をサーバ管理者として養成する研修プログラムの論文があった。どうも前提としている内容には、情報科教員が学校便利屋としてしか認知されていないことを「現在では仕方がないこと」と受け止めているように見える。しかも、その前提で教員養成、教員研修するということは、この現状を容認するばかりでなく、それができる要員がいるのだからと、事態の改善に繋がらないことに気付いているのかどうかを危ぶんでします。
 情報科免許だけでの採用がほとんどないうえ、専門職(校内インフラのメンテナンス担当技術職)ですらない一般教員に何をさせるんだと思ってしまう。

 それよりも、研修するなら、
  ・より学校現場の実体にあったアウトソーシング契約の結び方
  ・契約を守っているか(作業報告書どおりの作業がおこなわれたかどうか)の確認方法
の研修の方が大事ではないか?

 緊急時の操作方法は、納入時に
  緊急時操作手順書
を納品させればそれで済む話。

 論文にも、「リプレースする場合、業者に学校の要求を的確に説明し発注する能力が必要であると考えられる」と書いてあるが、それならば、サーバを物品納入と保守契約ではなく、神戸市教育委員会のようにサービス調達にすればよい話。これはJSET 第25回全国大会 課題研究5で発表されている。

 政令指定都市における大規模ICT環境整備と人的環境のあり方(K5-242-04)
松崎太亮(神戸市教育委員会)、平井尊士(兵庫大学)

 安易に保守契約にすると、納入時の状態のままにしかしてもらえず、利用形態の変化に合わせたシステム変更には競争が発生せず、高価な作業費が請求されるから変更もされず、使いにくくなるという悪循環が発生することにもなる。

 某県教育委員会の公式ホームページが、レンタルサーバのドメインになったのもそれが原因とおもわれる。また、それで仕方がないと判断している「管理責任者」の判断が正しいかどうかは、よい研修のネタとなるだろう。

 わたしが昨日の記事に書いたVPNの利用方法にしたって、納品時にしっかり検収していれば、数年間も放置されることはなかったと思う。また、業者の説明を、どこかの「教育関係」のセンセイではなく、「通信関係」のセンセイにセカンドオピニオンを依頼すれば、業者への改善依頼も早く行えたのではないかと思う。

 だから、サーバ管理者養成研修はサーバの構築をメインにするのではなく、
  ・やりたいことを明確に上司や発注先に伝える技能
  ・受託業者が発注内容を「正しく」設定して納入したかどうかを検収する技能
  ・修正すぺきところがあるならば検収せず報告して検収できる品位にまでさせる技能
を取得できるないようにすべきだと思う。

 で、次のステップはそっちの方に進んで欲しいと思う。

 だって、サーバ構築研修はネットデイと同じく数年前に「しなくて済む」時代になっているのだから。

 ちなみにvi操作技能は必要だと思う。XのGUIベースで動作するエディタしか使えなかったら、緊急時の高負荷状態でXがまともに動作しなかったらどうしようもないじゃないですか。
 緊急時対応に限るならば、edを前提にしたって良いかもしれない。

 わたしはMELCOM COSMO700Sを使っていたので、edのコマンドをみると懐かしさを覚える。
[PR]

by ji3faf | 2009-10-10 15:26 | 情報教育
2009年 10月 09日
SSL-VPNアプライアンスを利用したイントラネット内サーバへのアクセス
「英語eラーニングシステムを利用したいが、イントラネットからアクセスできない」と相談を受け、ここ2日調査しました。
 http://www.kyoto-be.ne.jp/ed-center/gakko/zen_elearning.htm
です。
 早速状況を再現実験してみました。プロキシサーバ経由では確かに接続できないので、プロキシサーバを使用せずに外部にアクセスできる環境から接続テストしてみたら接続できました。
 それでわかったことは、「el-eng1」は、juniperのSSL-VPN装置であること。

 というわけで、JuniperのSSL-VPNユーザである某大学のせんせいに相談したら、良いヒントがもらえました。
それを応用したら、無事プロキシーサーバ経由で接続できました。

 ついでにproxy.pacも書き換えて、「自動構成スクリプトを使用する」でも接続できることを確認。
ただし、SAMをインストールする必要があるので、管理者権限があるユーザで作業することが必要でした。

 管理者権限のユーザでクライアント用ソフトのインストールが不要なSATIKの便利さを改めて認識しました。
[PR]

by ji3faf | 2009-10-09 20:45 | システム管理
2009年 10月 09日
ビバ☆秋葉原(すがやみつるさんver.)
広瀬香美さんのブログで本日公開された歌。
 http://www.hirose-kohmi.jp/blog/?p=2904

 千石 秋月 ヒロセを探し


とか、

 あなたの行方を 呼び込みに聞いたら
 「駅前で包丁の 実演販売見てたかな」

とか、

 アキバ裏道 ジャンクの露天

とか。
 う~ん、なつかしい。
[PR]

by ji3faf | 2009-10-09 00:01 | その他
2009年 10月 04日
ウイルスバスターのシリアル番号
未開封のウイルスバスターパッケージに同封されていたシリアル番号を使ってVB2010をインストールした。

 なんと、「有効期限がきれています」と表示される。
いや、たしかにVB2008のパッケージなので、有効期限切れかもしれないけど、未開封だし。

 というわけで、よくよく入力したシリアル番号をみたら、
  XXXX-XXXX-X24X-XXXX-XXXX

  XXXX-XXXX-X42X-XXXX-XXXX
にしていた。
 てっきり無効なシリアル番号になるのかと思いきや、見ず知らずの方の「期限切れ」のシリアル番号になったみたい。

 こういうことがあるんだなぁ。
[PR]

by ji3faf | 2009-10-04 19:48 | システム管理
2009年 10月 04日
adobe.comが表示できない
HP2133のアップデートをたのまれたので、VISTA SP1の最新状態にしました。
ついでに、adobe Reader, Flash, Shockwaveをアップデートすべく、www.adobe.com/jpにアクセスしたら、トップページを表示中に CPU使用率が100%でとまってしまいました。

 で、ダウンロードのページに直接アクセスしたり、Adobe Reader、Flashそれぞれのダウンロードのページに直接アクセスしても、同じくCPU使用率100%で止まる。

 IE7を別のウィンドウ(つまり別のプロセス)として起動すると、そちらは正常に利用できる。
 Firefox3.5.3なら正常に表示できる。

 どうもIE7の問題らしい。

 とりあえず「念のため」というわけで、
1)別のパソコンにadobe Reader, Flash, Shockwaveのアンインストールツールをダウンロードして、
2)それをUSBメモリに保存して、
3)そのUSBメモリを接続して、3つともアンインストールして、
4)再起動した

のですが、それでもwww.adobe.com/jpにアクセスしたらCPU使用率100%で止まる。

10台以上の2133があるのですが、すべてで発生するわけではなく、半分くらいは正常に表示できる。
 しかたがないので、ググって見ました。

1)IE7の設定リセットをしてみた
 ツール→インターネットオプション→詳細設定 でリセットできる
2)詳細設定でHTTP1.1設定
  使用するのチェックを2つともはずす

をやってみたが、やはりCPU使用率100%になる。

最後にだまされたつもりで、

●Adobeのホームページにアクセスするとブラウザがフリーズします。ブラウザ
はInter...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1130234826

の回答にある
ブラウザの文字サイズを小さいサイズに変更してみてください。
最小の文字で設定して閲覧できる場合もあります。
を試してみると、うそのように表示できました。
 ページ→文字のサイズ で「中」→「最小」に変更する
です。

 なぜなんだ?
 なにが起こっていたんだ?!
[PR]

by ji3faf | 2009-10-04 19:25 | システム管理


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map