<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2009年 06月 29日
石川県の条例案は可決されました
■教育すべきか持たせないべきか
 http://ymiwa.exblog.jp/11374728/
で書いた条例案は可決されました。
 可決された内容は,石川県議会のホームページで閲覧できます。
 
 http://www.pref.ishikawa.jp/gikai/gaiyou/200906/gian200906.pdf

 しかし,もっと厳しいことを携帯電話販売会社に求めていることは,あまり知られていないようです。こちらの方が,思想信条の踏み絵になってるかもしれません。

■青少年の携帯電話におけるフィルタリング規制強化に対するご意見募集
 健康福祉部少子化対策監室 最終更新日平成21年6月1日
  http://www.pref.ishikawa.jp/kodomoseisaku/pabukome-keitai.htm
 この内容は,条例案なので著作権はないはずですから,そのまま転載しておきます。
「いしかわ子ども総合条例」における携帯電話のフィルタリング規制の強化について

<携帯電話のフィルタリング規制の強化の概要>

1「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」第17条第1項に規定する「保護者がインターネット事業者(携帯電話等にインターネットの接続サービスを提供するもの。以下、同じ。)に対してするフィルタリングサービスを利用しない旨の申出」をすることができる場合を規則で定める特別な理由がある場合に限ることとする。

(規則で定める特別な理由)

①青少年が就労している場合で、フィルタリングサービスを受けることにより、当該青少年の業務に著しく支障が生ずること
②青少年が障害を有し、または疾病にかかっている場合で、フィルタリングサーピスを受けることにより、当該青少年の日常生活に著しく支障が生ずること
③保護者が、青少年のインターネットの利用状況を常に確認するなど、青少年がインターネット上の有害情報を閲覧することがないようにすること
④その他、知事が適当と認めた理由

2保護者は、フィルタリングサービスを利用しない申出をする場合は、特別な理由を記載した書面を、インターネット事業者に提出することとする。

3インターネット事業者は、青少年又は保護者に対して携帯電話等にインターネットの接続サービスを提供する契約を締結する際は、フィルタリングサービスの内容の説明と説明書を交付することとする。

4インターネット事業者は、保護者から提出を受けた2にある書面を一定期間保存することとする。

5知事は、青少年のインターネット利用が適切に行われているかどうかについて、保護者及びインターネット事業者に対して、報告を求めることができることとする。

6知事は、インターネット事業者が、3、4を実施していない、及び5の報告がなされない場合には、必要な勧告をすることができるようにする。

7知事は、インターネット事業者が6の勧告に従わなかった場合には、その旨を公表することができるようにする。

【参考:青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律】

第17条 携帯電話インターネット接続役務提供事業者は、携帯電話インターネット接続役務を提供する契約の相手方又は携帯電話端末若しくはPHS端末の使用者が青少年である場合には、青少年有害・報フィルタリングサービスの利用を条件として携帯電話インターネット接続役務を提供しなけれぱならない。ただし、その青少年の保護者が青少年有害情報フィルタリングサービスを利用しない旨の申出をした場合はこの限りでない。

 私は,携帯電話を小中学生に持たせろといっているのではないのです。フィルタリングを止めろともいっていません。しかし,保護者は自分の子どもに対して何をしているのかを知った上で対処すべきだということをいっているのです。
 具体的には
 ・フィルタリングとはどんなしくみなのか
 ・どんな情報をフィルタリングしているのか
 ・だれがその情報を選択しているのか
 ・間違って閲覧できなくなっているのかどうかを誰が補償するのか

 そして,最大の問題は
 フィルタリングしているから,安心して子どもに持たせられるはず
というへんな誤解を誘発させないか,ということです。まぁ,これを考えたからこそ
防災、防犯その他特別な目的のためにする場合を除き、携帯電話端末等を持たせないよう努めるものとする。
という条例を可決したのでしょうけれど,これがきまったから
 
うちの県には携帯電話禁止条例があるので,モラル教育は簡単です。「持つな」というだけですから。
なんてとんちんかんな生活指導の先生が生まれないことを祈るだけです。

 だんだん,バイクの禁止運動の様相を帯びてきました。安全教育というより,禁止という力技でなんとかなると思ってるんでしょうね。

 昔は,テレビが槍玉にあがりました。ロックやギター(ビートルズ)もそうです。ポケベルもだめでしたね。
新しい技術はどうして「活用」されないで「禁止」になるのでしょう?
[PR]

by ji3faf | 2009-06-29 20:26 | 情報教育
2009年 06月 29日
この表紙につられそう
まだAmazonでは予約もはじまってないですが。

■WiiRemoteプログラミング
・著者:白井 暁彦 小坂 崇之 くるくる研究室 木村 秀敬 共著
・定価:2940円(本体2800円+税)
・B5変 380頁
・ISBN 978-4-274-06750-1
・発売日:2009/07
 http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=978-4-274-06750-1

オーム社のページには表紙がありませんが,どうもこういう表紙になるようです。
 http://ameblo.jp/akihiko/entry-10288446000.html

◆7月17日追加
 トラックバックしていただいてます。カバー絵の秘密をぜひごらんください。
[PR]

by ji3faf | 2009-06-29 11:55 | システム管理
2009年 06月 28日
HDDの廃棄方法
先日,某所のシステム更新がありました。
 その端末はすべて専用のHDD削除システムを数回実行しているようで,大変な時間がかかっているように見受けました。
 他にも,機器更新のため施設から持ち出すまえに,専用のデータ消去プログラムを数回実行しないといけないので,更新に時間がかかってしまって,という話をきいています。

 私の関与しているところでは,数人がチームを組んで持ち出した機器をチェックしながら回収場所にのみ「移動」します。移動前にデータはサーバに「移動してもらっている」ことが前提です。
 当然移動を忘れている場合もあったわけですが,回収場所にまとめてあったのでデータの復旧が可能でした。これができること自体が「間違い」なんですけど。
 これから,HDDのデータ入れ替えをおこなって,第2の人生をおくってもらうことにします。

 さて,第2の人生が送れないようになったパソコンですが,HDDを取り外して分解します。そのための特殊ドライバーも持ってます。
 ・コントロール基盤をはずして
 ・封印をはずして
 ・ヘッドを捻じ曲げて
くらいはします。重要なデータが入っていそうな機械(サーバとか)だと
 ・磁石をとっておく(強力磁石はスチールロッカーのメモはさみに便利)
 ・お皿はからすよけにする
までしておきます。
 いちど,お皿を割ってみたのですが,ガラス基盤なので,非常に危険です。傷つけるのがせいぜいでした。

 業者に引き取ってもらうのも良いのですが,

■米国軍需メーカーの機密情報、ガーナで販売されていた中古HDDから発見
 コンピュータワールド (2009年06月25日)
 http://www.computerworld.jp/news/sec/152630.html
ということもありえますから。正しく業者が処分するまえに盗難ってこともありますから。

 ちなみに,職員室も危ないですよ。安心してUSBメモリーにデータを入れている人がいますが,不満分子がいたずら心で持ち出すことだってありうるわけです。そこまで考えるのが「セキュリティ対策」です。
[PR]

by ji3faf | 2009-06-28 00:33 | システム管理
2009年 06月 27日
26日の国会は頓珍漢だったようで
■【衆院法務委員会】児ポ法改正審議(2009年6月26日) まとめ
 http://source-stat.blog.so-net.ne.jp/2009-06-26-1

 国会議員になるには,「教科情報」を必修(必履修ではない)にしないといけないです。
【 自由民主党 葉梨康弘 議員 発言要旨 】
・電子メールに児童ポルノが添付されているかどうかは、ファイルを開く前に分かるはず
・電子メールがきたら児童ポルノだと思えばいい
議事録の公開が楽しみ。
[PR]

by ji3faf | 2009-06-27 23:41 | PTA
2009年 06月 27日
どうしたらイラストレータでこんなのが書けるのか?
■どう見ても写真並みにリアルなクオリティのベクターアートいろいろ
 Gigazine 2008年02月06日
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080206_not_photos/

単純に「すごい」としかいえません。

■These are not photos
  http://uaddit.com/discussions/showthread.php?t=732
[PR]

by ji3faf | 2009-06-27 23:22 | システム管理
2009年 06月 27日
教育すべきか持たせないべきか
石川県の条例がホットになるかどうか。
 ここには,持たせない運動で成果をあげた地域があります。よい意味での地域との連携がとれたたからこそ成果があったというか,賛同者が増えたのだと思います。でも,それがどこにでも通用するかというと,多くの地域では逆効果にしかならないと私は判断します(だってPTAの役員になってもらうのが大問題だという地域はすくなくないでしょう?)。

■ケータイの闇を前に教育者が立ち上がった!
  「禁止」だけでは子供のネット問題は解決しない
 日経ビジネス 2009年1月14日(水)
  http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090113/182513/
「学校に携帯電話は必要ない」。大阪府の橋下徹知事は学校への携帯持ち込みを表明している。それ自体は否定しないが、学校から携帯電話を排除したところで、学校の外で使うだけ。ネット犯罪にさらされる子供の現状は変わらない。
ちなみに,府立高校で,携帯電話を利用した授業をしたという実績があります。大阪府知事は「全否定」はしていません。

 この関連記事もあったんですね。すっかり見落としてました。

■子供をネット犯罪から守るのはだれ?
  フィルタリングより有効なプロの“ネット教育者”の育成
 日経ビジネス 2009年1月14日(水)
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080606/160787/
保護者の啓発は重要だが、「問題を起こすような子供の親は講習会にそもそも来ない」(FMMCの番場氏)という悩ましい現実がある。
それどころか,教育者自体も携帯電話を使っていないから,その問題点を理解できない。「パスワード」の意味すら知らないんじゃないかと思うことが,昨日もあったし。
 教育は最大の防御です。くさいものに蓋をするのは最悪です。というのは,人権教育で得られた教訓じゃないのかなぁ?

 ま,それはそれとして,冒頭の石川県の条例案です。

■石川の携帯電話条例に反対 大学教授らが声明を発表
 2009/06/22 17:43 【共同通信】
 http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062201000632.html
石川県議会に提出された、小中学生に携帯電話を持たせないよう保護者に求める条例案について「持たせるかどうかの判断は家庭に委ねるべきだ」と反対する声明を発表した。


■小中学生のケータイ所持禁止 石川県条例案に異論
 J-CASTニュース 2009/6/26
 http://www.j-cast.com/2009/06/26043914.html
石川県議会では2009年6月17日、「いしかわ子ども総合条例」の改正案が提出された。改正案では、携帯電話がいじめや犯罪などの原因になりかねないとした上で、小中学生の保護者に対しては「防災、防犯や特別な目的がある場合を除き、携帯電話を持たせないよう努める」ことをうたっている。条例案は 29日に可決される見通しだという。
保守的というのもここまでくれば,ごりっぱといいましょう。でも,本当に「子どもの将来」をみすえての条例なのかどうかをもう一度議員の皆さんは考えるべきです。自分が使っていないから,というのではだめ。犯罪が防止できるはずだという「情緒的な判断もだめ」です。 
NPO法人青少年メディア研究会の理事長・下田博次さんは、今回の石川県の条例案について「条例で(携帯電話所持禁止に)踏み込むという姿勢を示したことがよかった。実効性は別だが、地方自治体が(小中学生の携帯電話利用への)危機感を持っている証明だと思う」と指摘する。
私は,全国高校PTA連合会の長野大会のパネルディスカッションの最後の質疑応答のときに質問したのです。携帯電話でも,イントラネットとして利用できるサービスがあるので,それを利用した教育方法もあるのではないか。危険性だけをあおるのはどうか,と。そもそも質疑応答の時間自体が閉会予定時間を越えていたのでコメントすらもらえなかったですが。

 この「実効性は別だが、地方自治体が...」「問題を起こすような子供の親は講習会にそもそも来ない」(FMMCの番場氏)という悩ましい現実がある。とのギャップを条例で禁止することでアングラ化促進してどうする?というのが私の意見です。

#石川県の話は他人事じゃないし。
[PR]

by ji3faf | 2009-06-27 21:47 | 情報教育
2009年 06月 25日
なんのための全国テストなのか
やっぱり,という現象がでてきた。

■橋下知事、府奨励の反復学習「やらない首長落選させて」
 朝日新聞 2009年6月23日14時41
 http://www.asahi.com/politics/update/0623/OSK200906230054.html
大阪府の橋下徹知事は23日、公立小中学校の学力向上策として府教育委員会が提唱する反復学習について「やった所、やらなかった所の情報をオープンにする。やらない所の市町村長は選挙でどんどん落としてもらいたい。それしか教育が変わる方法はない」と報道陣に発言した。
橋下知事は,学力向上の「学力」とは何かを勘違いしているのではないでしょうか?
全国学力テストの成績が悪いから,その成績を上げるのが知事の仕事なのでしょうか?
 それよりも,生きる力を育てるために,「反復学習が必要な時期がある」というのであれば理解できますが,知事の思いに従わない教育委員会を指導できるように地方自治体の首長の首を挿げ替えろと主張するのは,教育への行政介入に他なりません。
 それよりもっと重大な問題が,反復学習には潜んでいるのです。

■“10歳の壁”を乗り越えろ ~考える力をどう育てるか~
 クローズアップ現代 6月18日(木)放送
算数の場合、計算は得意でも、文章題になるとできないケースが目立つ。背景として、ドリルに依存した学習スタイルや、家庭での会話の減少によるコミュニケーション能力の遅れなどが指摘されている。
つまり,反復学習では反応速度は向上するけれど,「問題の意味を理解できない」「問題意識そのものを持てない」という「考える力」を育てられないのです。

 子どもにとって,反復学習は「ゲーム」になっていくでしょう。点数が付けば,よりいっそう励みになるでしょう。でも,それを応用できなければ,役に立たないのです。計算ミスするなら,電卓を使えばよいし,漢字がわからなければ電子辞書を使えばよいのです。学校のテストでは持ち込み禁止でも,ビジネスの世界に「持ち込み禁止「カンニング禁止」はありません。持てる人脈やツールを「使いこなす能力」が武器になるのです。
そして,そういう能力を育てるための教育をすべきなのに,それには言及されていない。

 PISA型学力測定や,全国学力テストの本来の位置づけを考えるのが,政治家の務めではないでしょうか?
序列を問題にしたり,組合を問題にするという次元ではなく,
  どんな能力を次世代の子どもに持って欲しいのか
  そのためには,どんな教育方法,教育資源が必要なのか
を整備するのが政治と行政の仕事でしょう。

 もういちど言います。ビジネスの世界では,カンニングは当たり前です。持ちうる情報収集能力をメいっぱいつかえることが,ビジネスマンの能力です。
 
[PR]

by ji3faf | 2009-06-25 12:33 | PTA
2009年 06月 23日
WOWOWが中断してた
Re:Genesisの録画をみていたら,とつぜん画面がモザイクになりだして,放送中断になっていた。
そういえば,昨日は突然の夕立があったんだ。

 近くの学校のインターネット百葉箱の記録をみたら10分間で6.61mmの降雨だった。
 http://121.83.129.24/cgi-bin/teitencube/research-report.cgi?site=JPNKYT001&report=day&fy=2009&fm=06&fd=22

 ちなみに,この表は0寺から始まっていないというとても読みにくい表になってます。右端がその時間。ですから23の行は,22時台ということ。

 これだけの大雨なら,BSもだめだろう。でも,うちはケーブルテレビだぞ。生駒でもそれに近い降雨だったのかなぁ。

 とにかく金曜の朝に再録画しなくっちゃ。
[PR]

by ji3faf | 2009-06-23 21:04 | 映画
2009年 06月 17日
New Education Expo 2009 in 大阪
去年より来場者は絶対に多い。補正予算関係で,資料が欲しい人が押し寄せているのでしょう。
セミナーの内容などは,きっといろんな人が書くでしょうから,サボることにします!(^^)!

 開発中の
  ニンテンドーDSを使った授業支援システム
のセミナーでは,接続に失敗してシステムのリセットが必要だったのは,初披露ならでは「お約束」ですね。
 まだ,どういう商品構成にするのかも決まっていないそうなので,今日と明日のセミナーで回収したアンケートが開発チームにとっては大きな収穫になることでしょう。

 それよりも,会場スタッフがつけていたカンバッジが気になりました。
b0017061_23152187.jpg

中央に「+ICT」と書かれているのですが,上半分には
いつもの授業にちょっとプラス
と書かれています。
 授業のICT活用というのは,これなんじゃないかと思うわけです。「ICTを利用するための授業」ではなく,「授業に必要なところにICTをつかう」わけです。言われてみれば当たり前のことなのですが,やってみるまだは「機械を使う」ということにかなりの心理的ハードルがあると思います。
 で,知り合いの営業さんに無理をいって,バッジを分けてもらいました。
 あしたは,このバッジをつけていこうっと!(^^)!
[PR]

by ji3faf | 2009-06-17 23:21 | 情報教育
2009年 06月 16日
ネットを危険地帯にしているのは教育者
●日経ITPro
[RSA Conference 2009]ネットを危険地帯にしているのは教育者---和歌山大の豊田准教授が指摘
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090611/331724/

激しく同意!
 「10%の子どもたちは何を言っても変わらない可能性は高い。しかし、25%のネットモラルに長けた子どもたちの可能性をさらに引き伸ばし、大半の65%をいかに25%の子どもたちに近づけるかが何よりも重要。そのためにはキーボードの打ち方などのパソコン教育ではなく、ネットモラル教育の徹底が最も有効的」(豊田准教授)と力説する。
そうそう。
ネットモラル教育を徹底していない学校や教員は、文科省の方針に従っておらず、本来、教育が徹底されるべきネットモラル教育を怠っていると言える。
記者にこういうコメントをされると,先生たちは困ってしまうでしょう。PISA学力テストのセーセキが下がったからと教科学習の時間も必要なのに, 「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」で月曜の休日が多くなったために授業時間の確保に頭がいたいし。
実際、豊田准教授が独自に入手したいくつかの小学校で勤務する教員の年齢分布の一部を見てみると、「40~50代の教員が全教員の7割以上を占め、30代は存在せず、残りは20代。しかも、20代の教員は学生時代に『携帯電話を持ち込むな』とうるさく言われる教育環境で育ってきたため、同じことを今の生徒にもする可能性が高い」(豊田准教授)。

PTAで学校にいけば,この指摘があたっていることはわかるはず。

ケータイを持たせないという運動をしている人たちに,この発言の重みを知って欲しい。子どもに持たせなかったら,それで安全なのだろうか? 持たせないで済む地域はそれでよいかもしれないけれど,成長したらその地域からでてゆく子どもたちだっているわけだし。 「持たせろ!」と言うわけではなく,「持つことは悪いこと」という短絡的な思考にならないように育てて欲しいということ。まわりまわって,技術不信になったりしないかと考えるのは私の妄想?
「本来、現実社会で必要なモラルが教育機関で教えられるように、ネットモラルも教育機関で教えられるべきもの。だが、今の子どもたちの多くは、こうした教育を受けることなく、いきなり大人たちを交えたネット社会に放り込まれている」(豊田准教授)。
学校を卒業したときに,友達から「こうすると便利で安全なんだ」と間違った情報を教えられても,正しく判断できる予備知識も持たないで,学校を卒業する年齢になってしまったら,ネギカモじゃないですか?

 教育に勝る防御はないというのが,私の結論なのです。
[PR]

by ji3faf | 2009-06-16 18:36 | 情報教育


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map