<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 23日
日本教育工学会で気になった発表
先週は,「日本教育工学会 第24回全国大会」でした。
わたしは,この学会に参加するのは初めてです。でも知った人が結構おられたのですけど^_^;

1件は内容にびっくり(「だから,どうすんねん」と聞きたくなるもの)発表。
もう一件は,その成果の公表を心待ち,というものです。

■だから,どうすんねん!(単に不完全燃焼の思いが大きいだけです)
 1p-A113-01
  学校の事情に合わせて情報セキュリティと個人情報保護のルールを策定することの問題点
   長谷川 元洋(金城学院大学), 大嶽 達哉(愛知県弁護士会), 大谷 尚(名古屋大学)

「自宅に持ち帰って仕事をする場合」に2点問題があるとのこと。

1)校長の許可を得て「個人情報」を持ち出すことは,可能か?
 「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の第14条では「教育委員会は、法令又は条例に違反しない限りにおいて、その権限に属する事務に関し、教育委員会規則を制定することができる。」と定めています。
 これが曲者で,地方自治体によっては情報セキュリティに関するルールとして「部署外へのデータの持ち出しは,課長以上の決済を得ること」を義務付けているそうです。この場合,校長は「課長と同等」といえるかどうかが問題となります。校長は課長と同等と見なせないと,「校長の許可を得ても持ち出せない」ことになります。

2)教員に超過勤務を命じるためには,
 「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」第6条で時間外勤務を命じるには「政令で定める基準に従い条例で定める場合に限るものとする。」とあり,この政令とは「教育職員に対し時間外勤務を命ずる場合に関する規程」の第4条をさすようです。

 第156回国会 文教科学委員会 第18号
  http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/156/0061/15606050061018a.html
に関連質問がありました。

 これには5条件があり(「国立及び公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の施行について」 http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19710709001/t19710709001.htmlに記載されている)これに該当しない場合は超過勤務を命じることができないことになっているため,通常の「持ち帰り仕事」はこれに該当せず,持ち帰り仕事は「サービス残業を黙認している」ことになる模様。

 ちなみに,ググって見たら,5条件ではなく4条件になっている条例もありました。

で,最初は「え゛!」となって,次は「どうしたらいいんやー!」という質問がのどまで出てきた「報告」でした,チャンチャン。
 実際,だれも「どうしたらいいの?」という質問まではしませんでした。質問しても回答不能だと分かってるから!(^^)!

■成果公表が待ち遠しい発表
 3a-A104-07
  小学校における旧型コンピュータの有効活用
   島田 啓史, 丹羽 次郎(日本工業大学)
 
 すごく面白い発表なのに,聞いている人が少なかったのはちょっと残念。
 2000年頃に導入したWin98/MEくらいのパソコンなら,X端末にしてしまえばブラウザマシンとして実用に耐えるという報告。
 実験に使用したのが,FMV-TOWNS(11台)とか1997年製のFMV-BIBLO(7台)で,メモリが32MB,HDDが1GB未満という代物。この「ゲスト」機にDebian GNU/Linuxをインストール。デスクトップ機構成ではなく,X端末の構成をしたもよう。
 これらをPentium4,メモリ1GB,HDD120GBの「ホスト」に接続させて授業に使ったという報告。
 2000年製くらいのPCなら映像再生も十分可能ということで,この成果を近々公表する予定ということなので大変楽しみにしてます。

 発表では,FM-TOWNSも実験しようとしたがLANカードが入手できなかったということでした。はい,FM-TOWNSは割り込み禁止時間が長いので,学校モデルが発売になるまでLANカードは利用できなかったのです。まぁ,あの頃のイーサネットカード(DS-LINK)は高価だし,CP/MGRで苦労した私としては,あのマシンでTCP/IPドライバ動かすのは大変だろうなと思います。
 LANカードが入手できなかったのは不幸中の幸いではなかったかと思います!(^^)!
[PR]

by ji3faf | 2008-10-23 00:06 | 情報教育
2008年 10月 22日
事後チェック
医薬分業ということでもないのですが,かかりつけのお医者さんにはストックがない薬を処方されました。
 どうせ薬局にいくのだからと,いつも渡してもらっている薬も処方箋渡しとなって,薬局に行ったわけです。
 いつも飲んでいる薬と初めての薬の2種類だったわけで,薬局の薬剤師さんにそういう話をしながら薬をもらって帰宅しました。

 それから30分も経たないうちに,その薬局から電話がかかってきました。
  ・渡した薬は間違えていない(わたしも確認した)
  ・薬の説明書に,違う薬が書かれているはず。
  ・領収書の作成ミスでした
というわけです。
 あらためて見ると,たしかにいつも飲んでる薬と違う薬の説明が^_^;

 薬の名前が2文字違う(しかも,そのうちの1文字は順序が違うだけ)わけで,これまでにも取り違えによる事故が発生しているようです。
 私の場合は,薬剤師さんに説明してもらいながら薬を渡してもらったわけで,薬の取り違えはなかったのですが,請求処理でミスがあったわけです。

 感心したのは,ものの30分も経たないうちに自宅に電話がかかってきたことです。あとで薬局で聞いたら,渡した後に再度チェックしているとのことでした。なるほど,初めて薬局に行ったら電話番号と住所を教えてくださいといわれるはずです。こういうときに役立つのですね。

参考情報:
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
 ●取り違えることによるリスクの高い医薬品に関する安全対策について
  http://www.info.pmda.go.jp/iryoujiko/iryoujiko051128.html
[PR]

by ji3faf | 2008-10-22 22:45 | その他
2008年 10月 11日
なぜ「教員一人に一台」が実現しないのか
IT戦略本部が発表した2006年1月の「IT新改革戦略」と,2008年8月の「重点計画 - 2008」には
 ・2010年度を目標に
 ・全ての公立小中高等学校等の教員にコンピュータを配備する
とかかれているのですが,実際にはその道のりは険しそうです。

 わたしは,その理由はほぼ100%予算上の問題だと思っていました。
  教員一人に一台のパソコンを購入する予算は計上できない
  それ以前に,耐震工事を実施しなくてはいけない
という理由だと思い込んでいました。

 ところが,先日,以前にネットデイをお手伝いした学校の関係者から,当時の打ち明け話をきいてびっくりしたのです。

 そのネットデイは数年前のことでした。
 通信機器ばかりでなく,パソコンも何台か寄付していただけました。

 そこで,そのパソコンを利用して,「全教員にパソコンを配備」を計画したのですが,教育委員会から許可されなかったそうです。
 理由は,「重点計画-2008」で指摘されている
特に、情報セキュリティの観点から適切に管理された校務用コンピュータ等の整備を促すために個人情報流出の危険性を周知するとともに、IT活用に伴うリスクを避けるための情報セキュリティポリシーの策定状況を公表する。
と同じで,「学校が全教員に配備したパソコンを適切に管理できるとは考えられない」ということだったそうです。
 行政機関でも苦労して人材を割り当てて機器のセキュリティ管理するのに苦労しているのに,
全教員に配備したら,パソコンのセキュリティ管理を教員が兼務でし続けられる仕事量ではなくなる
という指摘だったそうです。
 教育委員会には管理を手伝える余力はなく,学校にセキュリティ管理担当者を配備できるないし,セキュリティ管理もせずに配備してしまったら,万が一のアクシデントが発生したときに対応できないという指摘はもっともなことだと思います。

 でも,全教員に配備する必要性は理解してもらえているので,
職員室の教員机の「島(たいてい6人とか8人分の机が一塊になっていますよね)」毎に1台なら,職員室に数台のパソコンが増える程度で,それなら「職員室に1台」と比べても負担が劇的に増加するわけではないだろうから,認める
ということになったそうです。

 教育委員会事務局が「ケチ」だとか「無理解」だというわけではなく,
    現状をきちんと見据えたうえで,配備計画を遅らせている
という場合もあるのだなぁ,と驚いたというか,腑に落ちたというか。

 でもこの問題は単に「運営管理者」を増員すれば解決します。要するに「教育CIO」というか,「学校CIO」を適切に配備できるかどうか,という問題と直結しているわけです。

というわけで,良く考えるとこれも結局は,「予算」の問題だったというのがオチです^_^;
[PR]

by ji3faf | 2008-10-11 02:13 | 情報教育
2008年 10月 04日
文部科学省ホームページの「お知らせ」は不完全
文部科学省ホームページには,報道発表のページがあります。
■お知らせ>報道発表
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/index.htm
 このページのしたほうには
■報道発表 - 年月日区分
という表があるので,月別の報道発表が「全部」記載されているのかと思いきや,じつは適当に選択されていたのでした。

というのは,NICERのRSSを受信していると,文部科学省の報道発表に掲載されていないものが多数あるからです。

■教育情報ナショナルセンター
文部科学省からの教育関連ニュース
 http://www.nicer.go.jp/lom/program/search/bunkyougyousei.php
 ここで,
 機関名:文部科学省(文部省を含む)
 日付指定:2008年9月1日~2008年9月30日
にして検索すると51件でてきます。

一方で,文部科学省の報道発表ページの9月を選択すると,
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/09/index.htm
だと32件です。

●新学習指導要領の円滑な実施に向けた支援策
 http://www.nicer.go.jp/lom/data/contents/bgj/2008091102024.pdf
●有害情報意識啓発DVD「ちょっとまってケータイ」を作成
 http://www.nicer.go.jp/lom/data/contents/bgj/2008092505002.pdf
●平成21年度文部科学省IT関連予算概算要求について
 http://www.nicer.go.jp/lom/data/contents/bgj/2008092902007.pdf

は掲載されていません。この3つもとも左上に「報道発表」と大きく書かれているにもかかわらずです。

・・・

文部科学省の報道発表のページには,当然,報道発表のすべてが記載されていると思い込んでいたのですが,そうではないことをしって,とてもびっくりしました。

他の省庁でも同じなんでしょうか?

政府機関の報道発表のワンストップサービスが必要ではないでしょうか?
(そういうサービスをしている報道機関があるそうですが,それは別問題でしょう)

ホームページですべての報道発表を掲載しないのには理由があるのでしょうか?
それなら,文部科学省のお知らせに,NICERで検索できると書いてあってしかるべきだと思います。

とりあえず,NICERのRSSを見落とさないようにしなくては。
[PR]

by ji3faf | 2008-10-04 02:14 | 情報教育
2008年 10月 02日
「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」の教材が公開
「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」
 http://www.child-safenet.jp/
が,
「中高生のお子さんを持つ保護者のためのインターネットセーフティガイド」
 http://www.child-safenet.jp/material/
というフラッシュ教材の公開と無償ダウンロードを開始しました。

 研究会のホームページで公開されていますが,オフラインでも利用できるように,オンラインで公開されているFlash教材をダウンロードできるようにしています。

 この教材は,「フィルタリング万能」ではなく,保護者と子どもの対話を勧めています。この姿勢は,下記の記事で紹介されている,この研究会の説明からもわかります。

■楽しみを奪わずに安全を守りたい――子どもたちのインターネット利用について考える研究会
 RBB Today 2008年6月24日 12:20
 http://www.rbbtoday.com/news/20080624/52204.html 
しかし、座長の坂元氏は「禁止サイトを認定したり、禁止事項を制定する研究会ではない」と説明する。「子どもたちにとってもインターネットや携帯サイトは必要なものになっている。その楽しみを奪わずに、いかに安全な利用方法を見つけるか」がテーマだ。
禁止という概念を進めれば、バイクの3無い運動のように、ケータイを持たせない、インターネットにつながない、という極論にたどり着いてしまう。「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」は、安全性を確保して利用を“促進”させたい、という意図があるようだ。
この姿勢には共感できるし,公開された教材は,その姿勢を反映してあり,保護者に子どもたちの利用実態を知るための「手がかり」渡そうとしているように思えた。
[PR]

by ji3faf | 2008-10-02 00:13 | 情報教育


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map