<   2008年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 29日
「組織率じゃないんです」だったら,何が指標?
朝のテレビ放送はみてないのですが,こういう趣旨の発言だったそうです。

■「学力と日教組」 中山前国交相 「テスト、予想通りの結果」
 JCAST テレビウォッチ ◆ 朝ズバッ! 2008/9/29
  http://www.j-cast.com/tv/2008/09/29027642.html
「予想していた通りの結果が出た」(中山)
TBS解説委員の杉尾秀哉が、「そんなわけないんですよ。組織率と学力とは関係ない」
中山前大臣は「組織率じゃないんです」
じゃぁ,どんな因果関係なのかを早く公表しないと「学力」が向上しないじゃないですか。

■日教組批判「確信的に申し上げた」 中山前国交相
 asahi.com 2008年9月29日3時0分
 http://www.asahi.com/special/08014/TKY200809280167.html
「ゆがんだ教育が行われていることに、国民の関心を引きたかった」「大臣としての職を賭してまでも、子どもたちのことを考えた大臣だったと説明してもらうとありがたい」と言った。
ということなら,早急にご自分の持っている情報を開示して,国民のために「カイゼン」に取り組めるようにしなくっちゃ。
 これでは,単なるパフォーマンスでしかなくて,国費を使った意味がないじゃないですか。

 組織率では因果関係が説明できないというのであれば,どういうデータを使えばどういう分析ができるのか,とても知りたい。
[PR]

by ji3faf | 2008-09-29 21:40
2008年 09月 27日
「日教組が強いところは学力が低い」と発言した点について、「撤回はしていない」
YOMIURI ONLINEで報道されていますが,
■中山国交相「辞職する考えないが、しがみつくつもりもない」
 2008年9月27日15時51分 読売新聞
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080924-4471734/news/20080927-OYT1T00460.htm
会合終了後も報道陣に対し、「日教組は教育のがんだと思っている」などと述べた。また、25日に「日教組が強いところは学力が低い」と発言した点について、「撤回はしていない」とした。
いや,そう思い込むのは個人の自由ですが,
「現にそうだよ。調べてごらん」
といわれて朝日新聞や産経新聞の記者が公表されたデータで分析したけれど説明できないという結果に終わっている。
 それともご本には特別なデータがあるのでしょうか?
 それなら公開の義務があると思うのですが。

■「日教組強いと学力低い」中山説、調べてみれば相関なし
 ahasi.com 2008年9月27日
 http://www.asahi.com/edu/news/TKY200809260383.html

■全国学力テスト結果と日教組組織率に関連はあるのかないのか
 これは前のエントリで紹介しているので省略

橋下知事は応援しているようですが,そうとも言い切れないですね。橋下知事の目的は子どもの能力を上げる事にあるのであって,日教組をつぶすことではないですから。

■国交相発言「本質ついてる」 橋下知事は擁護論
 asahi.com 2008年9月27日10時58分
 http://www.asahi.com/politics/update/0927/TKY200809260374.html
教員組合が強いかどうかはわからないが、教員が教育の中立性の名の下に府民の声を聞かなかった」などと述べた。
と書かれていますが,「教育の中立性の名の下に」ではなくて,公表による教育改善などのようなメリットのある対策が示されていない状態のままで公表すれば,新たな差別が発生する可能性というデメリットの方が顕著に現れるという「現場感覚からじゃないですか。

 たしかに,わたしもどうかとおもう先生がいることは承知しています。そういう体験もしています。非常勤講師を2年間務めて,3年目を続ける気持ちが失せたのは,そういう先生の存在を知ってしまったということも理由のひとつですし。
 けれども,多くの先生は情熱家です。ウチの息子もそういう先生に救われています。ですから,十把ひとからげにしたような大臣の発言には,「違和感」しか感じません。


=== 28日 追伸 ===
辞任されるそうです。でも
■中山国交相が辞任へ 問題発言に批判、麻生新政権に打撃
  asahi.com 2008年9月27日22時55分
  http://www.asahi.com/politics/update/0927/TKY200809270186.html

■中山国交相が辞任へ、「ごね得」発言で引責
 YOMIURI ONLINE 2008年9月27日22時28分
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080927-OYT1T00644.htm

■中山国交相:28日辞任 就任から5日 問題発言責任取り
 毎日.jp 
 http://mainichi.jp/select/today/news/20080928k0000m010107000c.html
 中山氏は27日、宮崎市で開かれた自民党宮崎県連の会合などで、「ごね得」と「単一民族国家」は謝罪したが、日教組をめぐっては「日本の教育のがんは日教組だ。日教組は民主党の最大の支持母体で解体しなければいけない」と改めて批判。記者団にも「(日教組批判は)撤回しない」と強調した。

 これを受け、自民党幹部は「確信犯だ。辞任を覚悟して言っているのだろう」と指摘。公明党幹部も「中山氏の持論だろうが、何ということを言うのか」と批判した。

 中山氏は自らの進退について、記者団に「国会審議に影響が出るならば、地位にきゅうきゅうとはしない。教育改革、地方に必要な道路づくりはやりたいが、『絶対に辞めない』としがみつくつもりもない。推移を見守りたい」と表明。そのうえで「出処進退は自分で決める。今晩、家に帰って妻(中山恭子首相補佐官)に相談する」と述べていた。

 ただ、一連の問題発言については「失言というか舌足らずというか、言葉狩りに遭わないように気をつけないといけない」と語っていた。
「出処進退は自分で判断する」とおっしゃっていたのですが,つづけて「妻に相談する」だそうで,ご自分では判断できないようですね!(^^)!
 日教組を「敵視」するのは個人の思想信条ですから「ご自由に」なのですが,以下の発言要旨をみるとどうも悪い宗教にかぶれているようにしか見えませんね。
 優秀な奥さんがおられると,自尊心を傷つけられて,なんとかアピールをしようとして行き過ぎたとしか思えないです。どなたか,心理分析してみませんか?

■中山国交相:「日教組ぶっこわす」宮崎での発言要旨
 毎日.jp 2008年9月27日 21時53分
 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080928k0000m010101000c.html
今の日本を子供たちにこんな状態でバトンタッチしていいか。そういう強い気持ちがある。さまざまな犯罪が起こっている。あるいは親殺しとか。それは教育に問題があった。特に日教組。何より問題なのは「内心の自由に立ち入らない」と言って、道徳教育に反対する。
日教組は「道徳教育」に反対してたのでしょうか? 特定の問題については反対していたようですが。 子どもの犯罪についても日教組がその責任者といって自分たち政府の責任問題を棚上げするのは非難されて当然でしょう。 日雇い派遣を推進して,雇用問題を深刻化させて社会不安を増加させ,園上に,セーフティーネットである社会保険制度や生活保護にはまったく考慮していないわけですから。道路作る予算を分捕るなら,セーフティーネットの充実も同様に分捕って欲しいです。
 あー,それでは票にはならないか。
[PR]

by ji3faf | 2008-09-27 18:13 | PTA
2008年 09月 27日
学力・学習状況に関する分析・検証手法の開発
本日未明に書いた「全国学力テストの分析ソフト開発」で京都府教育委員会が分析ソフトを開発したという新聞記事を紹介しましたが,文部科学省も,分析方法を公開していたのですね。

■IV.「全国学力・学習状況調査結果チャート」を用いた学力・学習状況に関する分析・検証手法の開発
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/zenkoku/08020513/001/005.htm
 このページからリンクされている「別添」にチャートの作成方法が記載されています。

■「全国学力・学習状況調査結果チャート」の作成方法
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/zenkoku/08020513/001/005/004.htm

b0017061_17421439.jpg この手法でグラフを作成した結果が

  図3 「全国学力・学習状況調査結果チャート」のバリエーション例(右図)

として表示されているわけですから,この図を作成したソフトがあるはずですよね?
 文部科学省はそれを公開してくれないのでしょうか?
 それとも,ホームページでは公開していないだけで都道府県教育委員会を通じて,各教育委員会には,分析ソフトがCD-ROMとは,非公開URLを通じて配布されているのかな?

==追加==
 しかし,試験開始当時の大臣が,目的は「日教組つぶしの証拠集め」みたいなことをいっているわけですから,本当に分析させるつもりは「大臣には」なかったんでしょうね。
 文部科学省の人たちにとっては,えらい迷惑な発言だったと思います。関係者の皆さんは,本当にPISA型学力をつけるための対策を練ろうとしておられたはずなのですから。
[PR]

by ji3faf | 2008-09-27 17:43 | 情報教育
2008年 09月 27日
学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(平成19年度)
昨日,文部科学省のホームページで公開されました。

■学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(平成19年度)
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/08092209.htm

18年度版も更新されたようです。どこが変わったのかなぁ?

■学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(平成18年度)
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/08092208.htm
[PR]

by ji3faf | 2008-09-27 15:18 | 情報教育
2008年 09月 27日
日教組組織率と全国学力テストの成績
エントリを書いてたのですが,奥村先生のブログにきれいにまとめられていました。

■日教組組織率と学力
 http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/blog/node/2272


奥村さんのブログでも紹介されている阿比留瑠比さんのブログは,コメントやトラバが役に立ちます。いろんな立場の人がコメントしてますから。

■全国学力テスト結果と日教組組織率に関連はあるのかないのか
 (国を憂い、われとわが身を甘やかすの記 2007/10/25 11:56)
 http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/362445

■日教組組織率と全国学力テスト結果との関連を調べてみた
 (独書録  October 26, 2007)
 http://iwaiwa.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_e934.html

■産経と読売、中山氏をかばう。
 (黙然日記 2008-09-26(Fri) 0926)
 http://d.hatena.ne.jp/pr3/20080926/1222384025

 ようするに,このテストで義務教育の何が変わるのか,何を変えなければいけないのかが見つかればよいわけです。でも,それを見つけられるテストだったのか,についての鋭いコメントは見つかりませんでした。
 それこそ,教育学方面の研究に最適だと思うのですが,個人情報保護とかで資料提供されないのでしょうか? 学術研究目的の調査ですから,大本営発表だけではなく,資料提供を受けていろんな角度からの分析結果を出してもらうのが国家予算をつぎ込んだ意味がでてくるとおもうのです。
 これだけの予算があれば,どれだけICT整備の補助金がだせただろう,なんて思ったりします

 ICT活用したら学力が向上するという調査結果があるんですから。

■ICTを活用した授業の効果等の調査事業
 財団法人コンピュータ教育開発センター
 http://www.cec.or.jp/monbu/19ict.html
1.趣旨
 本事業では、平成17年度、18年度に「ICTを活用した指導の効果に関する調査研究」の結果として、ICTを教科指導に活用している学校の児童生徒の学力が、そうでない児童生徒と比べて向上したことが明らかになったので、ICTを活用することで児童生徒の学力が向上することについて紹介するフォーラムを全国6ヶ所で開催する。

[PR]

by ji3faf | 2008-09-27 15:14 | PTA
2008年 09月 27日
全国学力テストの分析ソフト開発
京都新聞の朝刊に載っていたのですが、Web版にも掲載されていました。

■全国学力テストの分析ソフト開発  府総合教育センター
  http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008092600022&genre=F1&area=K00

 京都府総合教育センターが全国学力テストの調査結果を各校で分析できるソフトを開発したそうです。
機能面では児童生徒の個々の状況をつかむ個人票の作成や、自校と国、府の比較や教科ごとの正答率の比較グラフも作れる。基礎学力の到達度をみるA問題と活用のB問題に加え、学力と生活習慣との相関もつかめる。
というから、テストの結果を子どもたちに返す資料を作成するソフトなのかなぁ。
 自作したソフトなら、
新ソフトは京都市を除く府内の小中学校などに配布し
なんて度量の狭いことをいわずに、ホームページで全国公開すればいいのに。
[PR]

by ji3faf | 2008-09-27 03:55 | PTA
2008年 09月 26日
全国学力テストの役目は終わった?
■中山国交相:成田問題「ごね得」 日教組批判も
 毎日.jp 2008年9月25日 22時14分(最終更新 9月25日 23時08分)
 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080926k0000m010109000c.html
自らが文科相だった時に全国学力テストを提唱した理由について「日教組の強いところは学力が低いのではないかと思ったから。現にそうだよ」と続けた。


■中山国交相が「誤解を招く表現」を連発、撤回
 asahi.com 2008年9月25日21時7分
 http://www.asahi.com/politics/update/0925/TKY200809250311.html
 文部科学相を経験している中山国交相は、教育問題にも言及。 (略) 自ら提唱した全国学力調査については「日教組の強いところは学力が低いんじゃないかと思ったから」と実施の背景を説明。その仮説が証明されたとして「テストの役目は終わった」とも述べた。
おいおい,そんなことならサンプルテストでも十分にわかることじゃないのかい?

 子どもを政治目的に利用したってわけですか?

■全国的な学力調査の実施方法等に関する専門家検討会議について
  平成17年11月8日 初等中等教育局長裁定
  http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/031/gaiyou/05120201.htm
1.設置の趣旨

 次世代の人材確保の基盤である義務教育の質の向上に国家戦略として取り組むためには、児童生徒の学習到達度・理解度を客観的に把握するための全国的な学力調査を実施する必要があり、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2005について(平成17年6月21日閣議決定)」や中央教育審議会答申「新しい時代の義務教育を創造する」において実施の方向性が示されるとともに、平成19年度の実施に向けて文部科学省において準備を進めているところである。
 このため、全国的な学力調査を適切かつ円滑に実施することを目的として、その具体的な実施方法および調査の内容等について専門家による検討を行う。
どこにも「学力が低いところを探す」とは書いてないのですが。

 もともとが,こういう趣旨で実施されたということなら,橋下知事もテストの成績発表の「強制的な発言」はもう一ひねりされてはいかがかと思います。「大阪を何とかしよう」としての結果公表を迫ったはずなのに,この方と同類の発想で公表を迫っていると思われては気の毒な気がします。だって,

■【橋下議会答弁】「府庁移転にいくらかかる?」「知事が調べて」 問題山積み大阪府議会舌戦スタート (3/3ページ)
  産経ニュース 2008.9.26 00:58
 http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080926/lcl0809260100001-n3.htm
--平均正答率の学校別公表が必要では
 「学校単位で公表することには反対。越境入学が始まるかもしれないし、府民の合意も得られない。(市町村別の)正答率公表にこだわったのは、府の平均値という『遠い数字』ではなく、身近な数値を知ってもらうため」
という,配慮のある答弁をなさってますから。
[PR]

by ji3faf | 2008-09-26 02:24 | PTA
2008年 09月 24日
「メルクマール」?
asahi.comにあった
■自治体への義務づけ規定、大半の廃止要求 分権委が原案
 2008年9月23日0時1分
  http://www.asahi.com/politics/update/0922/TKY200809220311.html
が気になったので,内閣府の地方分権改革推進委員会 のホームページを見に行った。
 http://www.cao.go.jp/bunken-kaikaku/iinkai/iinkai-index.html

■ 委員会開催状況
 http://www.cao.go.jp/bunken-kaikaku/iinkai/kaisai/kaisai-index.html
には,
第58回(平成20年 9月22日 16:30~18:00) 議事次第・配布資料 動画配信
というのがあって,VODで委員会を傍聴できるという公開ぶりだ。すごい,と思う。でもね,配布資料を見てちょっとがっかり。
〔議事次第〕
 1.義務付け・枠付けに係る「メルクマール該当性についての委員会としての考え方」(案)について
 2.その他
なんで『メルクマール』なの?
「判断基準」と表現したら,誤解を受けるようなことがあるのかなぁ?

 そういう言えば,「パブリックコメント(パブコメ)」も「意見募集」だったらだめかなぁ。
あー,こっちは「意見」には『反対』というニュアンスも含まれる(「意見する」「ご意見番」とか)からかなぁ?

 どっちにしても,なんか,とっつきにくい「単語」を使うことが多くなったと思いますです,ハイ。
[PR]

by ji3faf | 2008-09-24 01:36 | その他
2008年 09月 22日
図表でみる教育(Education at a Glance)OECDインディケータ
日本の教育予算が少ないと新聞報道されていましたが,その広報資料がNICERで公開されていました。

■『図表でみる教育OECDインディケータ (2008年版)』
 (Education at a Glance)の概要について
 報道発表 文部科学省 平成20年9月9日
  http://www.nicer.go.jp/lom/data/contents/bgj/2008091002007.pdf

でも,文部科学省の報道発表一覧にはないのです。
■報道発表一覧 平成20年9月
  http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/09/index.htm

当然,文部科学省の
■図表でみる教育(Education at a Glance)OECDインディケータ
 http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/002/index01.htm
にも,2008年版はまだ掲載されていません。

・・・・

 新聞報道を見るくらいなら,OEDC東京センターで公開されていた下記資料は見逃せません。
 ●日本に関する記者発表資料を見る(PDFファイル)
  http://www.oecdtokyo2.org/pdf/theme_pdf/education/20080909eag2008.pdf

なお,2008年版で使用されている統計データは「2005年のもの」ということを忘れそうです。

・・・・

OECD東京センターにいくと
■今月の新刊
 http://www.oecdtokyo.org/pub/newbooks.html
8 - 9 月の新刊 11, September 2008
  ● Education at a Glance 2008: OECD Indicators
    ISBN      9789264046283
    OECD code 962008041P1
    価格       ¥9,600
    出版日      09/09/2008
   だそうです。

そして,What's newには記載がありました。

■9.09  『図表で見る教育2008発表:学生数の急増が資金と質の両面でOECD諸国の大学の課題となっている 』 
 http://www.oecdtokyo.org/theme/edu/2008/20080909eag.html

 ・詳細をみる(本文は英語):Education at a Glance 2008: OECD Indicators
   http://www.oecd.org/document/9/0,3343,en_2649_39263238_41266761_1_1_1_1,00.html
 ●日本に関する記者発表資料を見る(PDF 日本語 9ページ)
  http://www.oecdtokyo2.org/pdf/theme_pdf/education/20080909eag2008.pdf
 ・パワーポイント・プレゼンテーションを見る(PDF 英文 62ページ)
  http://www.oecd.org/dataoecd/10/10/41274071.pdf
 ・報告書全文をダウンロード(PDF 英文 525ページ)
   http://www.oecd.org/dataoecd/23/46/41284038.pdf
[PR]

by ji3faf | 2008-09-22 02:40 | その他
2008年 09月 22日
ケータイの小中学校持ち込み禁止を文科省が指導??
本日は所用で朝の7時30分には新幹線に乗っておりました(私にとっては夜行バスよりつらい)。
 で,新聞を買うまもなく飛び乗ったので,AUケータイの「EZニュースフラッシュ」を読んでいると

■学校で携帯「禁止」「通話のみ」 文科省、ルール例示
 という記事がありました。朝日新聞提供のニュースということで,帰ってから検索してみたらありました。

■学校で携帯「禁止」「通話のみ」 文科省、ルール例示
 2008年9月20日21時12分
  http://www.asahi.com/national/update/0920/TKY200809200176.html

で,さっきのエントリにかいた,わたやんのブログにも取り上げられていました。さっきの「黒板.in」の下です。

■見出しで煽るのはどうかと思う
 http://watayan.net/blosxom.cgi/2008/09/21#200809210001

わたやんは,さきに時事ドットコムの記事を読まれたようですね。

■携帯電話「持ち込み禁止」=小中学校にルール求める-全国に通知・文科省
 時事ドットコム (2008/09/21-02:36)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008092000210
 わたやんのつてを頼って,情報元をお調べになったようです。

■児童生徒が利用する携帯電話等をめぐる問題への取組の徹底について(通知)
 20文科初第49号 平成20年7月25日 
   文部科学省初等中等教育局長   金森 越哉
   文部科学省スポーツ・青少年局長 山中 伸一
  http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/04121502/056.htm

この文書は,都道府県,指定都市あてになっていて,
 なお、都道府県・指定都市教育委員会にあっては所管の学校及び域内の市区町村教育委員会等に対して、都道府県知事にあっては所轄の私立学校に対して、この趣旨について周知徹底を図るとともに、適切な対応がなされるよう御指導をお願いします。
と書かれているから,下々には明日頃ようやく伝言ゲームのように文書が届くのかも!(^^)!
 だって,報道機関にだってようやく土曜日に伝わるくらいだから!(^^)!

 内容については,すでに実態として学校が行っているものと同じなのではないのかなぁ?

 でも,今頃報道されたって。夏休み前なら教員研修の参加について,もっと強く呼びかけられたと思うのですけど。あー,7月25日なら,たいていの教員研修参加日程は決定し終えてますね。やっぱ,連絡が後手後手に回ってるように思います。
[PR]

by ji3faf | 2008-09-22 01:19 | 情報教育


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map