<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2008年 08月 28日
KORG DS-10
物欲といわれそうですが 音楽や物理の教材にはぴったりではないかと思います。
先月発売していたようですが,気付きませんでした。

■KORG DS-10
 http://www.aqi.co.jp/product/ds10/
 http://musicmaster.jp/news/archives/2008/05/20-184843.php

Amazonでだけ入手できるそうです。


物理の波の合成って,こんなのがあったら,病み付きでしょうね^_^;

http://www.aqi.co.jp/product/ds10/jp/sound_movie.html

にはライブの映像もあります。
[PR]

by ji3faf | 2008-08-28 05:15 | 情報教育
2008年 08月 28日
いたずらはこうでなくては
いろんなことが同時に起こって,身も心も(というが,年のせいか体力が・・・ちょっとした荷物を持って3階まで階段を上ったり,エアコンのない部屋で工事をするのはつらい)管理しているシステムのチューニングでヘロヘロになりかけなのですが(まだ宿題もあるのに。関係者の皆さんごめんなさい)現実逃避しないと,もっとヘロヘロになりそうなので^_^;

■Cnet JAPAN 2008/08/27 07:00
 S・ウォズニアック氏:「エンジニアは自分の心に従って行動すべき」--IDFインタビュー
 http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20379215,00.htm

2ページ目の最後にこんなことが書かれています。
 http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20379215-2,00.htm
また別のいたずらでは、トランジスタとコンデンサを組み合わせて、テレビの受信感度を弱める装置を作り、その装置を巧妙に操作して、いたずらの標的になった人物に、その人物自身が実際にテレビを調整していると思い込ませた。「あるときなど、片手をテレビの真ん中に置いたまま、片足をいすに乗せた状態を30 分間続けさせた。とてもおもしろかった。あのいたずらは、すばらしい心理学の実験になったかもしれない」
これはすごい。「フレンズ」のエピソードにありそうな,アメリカンジョークみたい。
[PR]

by ji3faf | 2008-08-28 05:12 | その他
2008年 08月 27日
「大阪ガス」と「大阪ガスサービスショップ」は違うとは知っていたけれど
gigazinのこの記事を読んで,こんなサービスショップもあるのかと思ってしまった。

■2008年08月27日 18時03分00秒
 大阪ガスサービスショップを家の中に入れてはいけない
 http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080827_osaka_gas_service/

 うちの実家もサービスショップにお願いしているのは子どものときから知っていたし,近所の電気屋さんにいろいろ頼むのと同じでサービスショップに相談するわけです。まぁ,うちの親父も建築関係の仕事をしてたし,近所にも建築関係の仕事をしている家もあるので,うちの実家あたりでは,こんなことをしたら,「おばはんパワー」にエライ目に合わされることになるでしょうね。
 というわけで,これほどのマッチポンプをする会社もあるのかと思ってしまった。

 しかし,リフォーム詐欺が横行している時代ですから,こういうことをする会社があっても不思議ではないというのが,悲しい。

 なお,これは知らなかったので,自分のメモとして引用しておきます。
・「40ヶ月又は3年に1度、ガス漏洩検査を行わなければならない」ので検査している法定検査は「大阪ガス」が担当
それ以外の「ガス設備点検」は大阪ガスサービスショップが「販売活動」として担当

つまり、このハガキは「販売活動」、一般的に言うところの営業活動のご案内だった、というわけ。しかも大阪ガスとは関係ない。何それ……?
「法定検査」以外の「ガス設備点検」は「営業活動」だったの?

気になる点が2つありました。引用しておきます。
ちなみに今回の件について、地元の消防署に「こういうことが原因で火事になったということはあるのか事例があれば教えて欲しい」と言ってみたところ、「大阪ガスさんのことはね……やめておいた方がいいよ、うん」ということで教えてもらえず。
どういうことやねん。
最後に、消費者センターに聞いてみたところ、「こういう相談は毎年ある。大阪ガスにはこの件に関して申し入れを行うが、改善はしないだろう。事実、この件についてFAXで報告するように伝えたが8月27日現在、返答はない、無視されている」とのことです。
消費者庁ができたら,改善される,なんてことがなかったら,困りますよねぇ。
[PR]

by ji3faf | 2008-08-27 21:20 | 近所ネタ
2008年 08月 24日
USBメモリー経由のウィルス感染
実は,USBメモリーにはCD-ROMと違ってプログラムを自動実行する機能をWindowsはもっていません。

追記 ---- ここから ---
 WindowsXPではドライブ毎に指定できます。
 でもUSBメモリは刺しこむたびにドライブ名が代わったりするので一括して設定するのが大変だと思い込んでいました。
■Windows XPで自動再生機能を無効化する
  http://www.mnet.ne.jp/~angie/kbase/xp-autorun.html
 に書かれている手法で,全ドライブの自動再生を禁止してしまえば,不便なことはあっても安全ですね。
追記 ---- ここまで ---

 USBメモリーにあるプログラムを自動実行する機能はサスライトが特許を取得しているくらいです。
 なのになぜ感染するのかというと,USBメモリーを差し込むと,「どのプログラムで開きますか?」
のメニューとか,自動的にファイルスキャンが始まるでしょう? そのしくみを使っているわけです。

 しかし,しっかりと対策を練っている方もおられるわけです。わたしもEeePC901Xのユーザなので,このブログのお世話になっています。

■EeePC カスタマイズ・改造・便利なオプション紹介
 Eee PC 4G-X,901用USB経由型ウィルス対策ソフト「PAK」無料配布開始
 http://eeepc.dnki.co.jp/?eid=835493#sequel

あと,レジストリを修正する方法もあります。

■~ ウイルス対策 ~
 http://www.kog.nw.kanagawa-it.ac.jp/~take4/pw/index.php?%A5%A6%A5%A4%A5%EB%A5%B9%C2%D0%BA%F6
 「USBメモリウイルス対策 」より
■自動実行を無効にする

USBメモリのautorun.infを無効にするレジストリキー(fileNoAutoRun.reg)を追加すれば、マイコンピュータでUSBメモリのドライブを開いても(ダブルクリックしても)、autorun.infに指定されたプログラム(ウイルス)は起動されません。ただし、アプリケーションをインストールするためのインストールCDを入れてもインストールプログラムは起動しません。手動で起動してあげる必要があります。なお、この設定を元に戻したいときは、次のレジストリキーを削除してください。Windows VistaおよびWindows XPで動作を確認しています。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\IniFileMapping\Autorun.inf
なお,ここで紹介されている「fileNoAutoRun.reg」は,上記のレジストリ(Autorun.inf)にREG_SZ(文字列値)として「@SYS:DoesNotExist」を入力するものです。
 しかし,この方法だと,Autorun.infは実行できないのかもしれないけど,USBメモリーのスキャンもするし,どのプログラムを使うのかを聞くメニューも表示されます。
 やっぱり「PAK」がいいのかなぁ?
[PR]

by ji3faf | 2008-08-24 17:24 | システム管理
2008年 08月 23日
『ブタがいた教室』
この実話は図書にもなっていますし,地元テレビ局が丁寧に長期取材したドキュメンタリーにもなりましたし,ビートたけしさんの教育特番でも取り上げられていますので,ご存知の方も多いと思います。
 関西の先生ではかなりの方がご存知ではないでしょうか。
 食物連鎖は,生物であれば仕方のないことです。ですから,食事には「いただきます」といい,「ご馳走様でした」といい,食べ残しはいけないことだと親から口うるさく言われたものです。

 原作の先生の専門は脳科学による数学教育で,某市の算数・数学教育の改善に寄与されています。

 この映画をブログに取り上げたのは,ベルマークが初めて映画のチケットにつくことになったからです。文部省指定とかいうのは良く聞きますが,チケットにベルマーク付くというのは初めてです。

 11月1日公開だそうです。また,ロケ地では,ほんとうに地元が協力していたというブログ記事も見つけました。
 ぜひ見に行くことにします。

原案:「豚のPちゃんと32人の小学生」黒田恭史著(ミネルヴァ書房刊)

ブタがいた教室 - goo 映画

■朝日新聞 2008年8月22日
 映画チケットに初のベルマーク 日活「ブタがいた教室」
   http://www.asahi.com/culture/update/0822/TKY200808220287.html

■トータス松本、“賛否両論巻き起こった実話” 『ブタがいた教室』の主題歌書き下ろし
 http://www.barks.jp/news/?id=1000042678

■つまぶろ。 March 14, 2008 『ブタがいた教室』撮影日誌
  http://bukkie01.livedoor.biz/archives/51151012.html
[PR]

by ji3faf | 2008-08-23 18:18 | 映画
2008年 08月 23日
新指導要領の伝達研修説明会
今週から伝達研修が始まっていたのですね。
で、とあるブログを見ていたら
全体会は半分くらい寝ていた。分科会は説明が早くて資料のどこに線を引いたらよいか、探すのが大変だった。
ガイダンスって普通にいつもやってることやん!って思いながら聞いていた。
#勝手に引用してごめんなさいね>某氏!(^^)!

小学校の指導要領総則 第4の2の(9)には
(9) 各教科等の指導に当たっては,児童がコンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段に慣れ親しみ,コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け,適切に活用できるようにするための学習活動を充実するとともに,これらの情報手段に加え視聴覚教材や教育機器などの教材・教具の適切な活用を図ること。
とあるし、中学校では、同じく総則第4の(10)に
(10) 各教科等の指導に当たっては,生徒が情報モラルを身に付け,コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を適切かつ主体的,積極的に活用できるようにするための学習活動を充実するとともに,これらの情報手段に加え視聴覚教材や教育機器などの教材・教具の適切な活用を図ること。
とあるわけで、情報教育のモラルを身に着けることがこれからの社会人として必須のはずなんですけど、伝達講習がこういう状況ではかなり心配。
[PR]

by ji3faf | 2008-08-23 00:05 | 情報教育
2008年 08月 20日
「BEAT 2007年度成果報告」の記録
中原先生のブログをみてるのに、ぜんぜん気づきませんでした。ほりたんのブログで紹介されていて、おお、こんなに詳細に記録されていたんだと感動しました。

東京大学情報学環ベネッセ先端教育技術学講座(BEAT)
 2007年度第4回:BEAT 特別セミナー
  未来の教育のために学校と家庭ができることーフィンランドと日本の対話ー
  2008年3月29日開催
    http://beatiii.jp/seminar/033.html

1. BEAT 2007年度成果報告1:学習ナビプロジェクト
  http://beatiii.jp/seminar/033.html
2. BEAT 2007年度成果報告2:なりきりEnglish!
  http://beatiii.jp/seminar/033_2.html
3. 基調講演:フィンランドにおける未来の教育 Seppo TELLA氏
  http://beatiii.jp/seminar/033_3.html
4. パネルディスカッション
  http://beatiii.jp/seminar/033_4.html

TELLA先生の基調講演にある「フォーマルエデュケーション・インフォーマルエデュケーション・ノンフォーマルエデュケーション」が重要だと思います。
Grebowは、「私は必要な知識をウォータークーラー・トークで学んだ」と書いている。これはアメリカの文脈で、ウォータークーラーの近くに集まっての会話だと察する。フィンランドではコーヒーメーカーになるだろうか。日本だと酒になるのだろうか(?)。いずれにしても、それぞれの国によっての特徴が出てくるのだと思う。
は文化のことなんで、そのとおりなんですが
、そこでいくつかのエピソードが見つかったが、そこから導かれた問題は、クラスの中でインフォーマルなことが起こったとしても、学校というフォーマルな状況の中ではインフォーマルなこともフォーマルなものに変わってしまうということである。
というくだりには、そうなんだよなぁと変に納得できたりしました。
[PR]

by ji3faf | 2008-08-20 11:54 | 情報教育
2008年 08月 18日
文部科学省もYouTubeを利用
文部科学省の報道発表をみていたら,
 平成20年8月7日
  『YouTube』文部科学省公式チャンネルの開設について
  http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/08/08080810.htmと掲載されていました。
『YouTube』文部科学省公式チャンネルの開設について
                                    平成20年8月7日

 文部科学省では『YouTube』に文部科学省の公式チャンネルを開設し、動画配信をおこなうこととしましたので、お知らせいたします。

 本日8月7日(木曜日)、文部科学省は、インターネット上の動画配信サイトであるYouTube(ユーチューブ)に文部科学省チャンネル(http://jp.youtube.com/mextchannel)を開設し、鈴木文部科学大臣からのごあいさつを掲載いたしました。
1.事業の目的

 文部科学省の施策等について、一層積極的な情報発信を行うことを目的としています。
 多くの閲覧者の存在するYouTubeで動画配信を行うことにより、文部科学省の施策に関する情報を発信する手段の多様化迅速化を推進します。
2.今後の予定・配信内容

 8月7日(木曜日)に公式チャンネルを開設後、新しい学習指導要領、教員免許更新制度等、文部科学省が行っている施策に係るトピックな情報などを順次配信する予定です。


 たしかに
  文部科学大臣からのごあいさつ(4分11秒)鈴木文部科学大臣
  新しい学習指導要領「生きる力」 (3分27秒)教育課程課長 髙橋氏
の2本が掲載されています。

 で,YouTubeをフィルタリングしているところはどうするんだろう。文部科学省からの情報が入手できないぞ。
[PR]

by ji3faf | 2008-08-18 22:29 | 情報教育
2008年 08月 18日
それは○○先生だからできたんじゃないですか?
中原先生の本日のブログ記事
 それは○○先生だからできたんじゃないですか?
  http://www.nakahara-lab.net/blog/2008/08/post_1315.html
僕は教育畑出身ではないので、よくわかりませんが、他の領域だったら、絶対になされない質問だし、絶対に聞かない感想なんですよね。
あれ,中原先生って教育工学分野の先生だと思ってたんですけど!(^^)!
 こういう質問がフツーなんですよ。ご自身で書かれておられるとおり,
この発言で、お互いに溜飲を下げあっているんです(笑)。
というのが解答なんじゃないですか?
 教育工学会の学問的発表はともかくとして,いろんな研究会の発表(研究指定校からの発表なんか)は,
  ・成功しました
  ・効果がありました
という成果ありきですよね? 「効果がありませんでした」なんてことは聞いたことがありません。もし成果がなければデータを捏造してでも効果があったことにしてるとおもいます。

 だってですね,「学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/08/08080601.htm
の調査結果なんか,私に言わせれば眉唾ものです。「教員のICT活用指導力」で,前年より平均値が下がった学校に対しては,教育委員会から
ほんとうにこの結果でよいのか?再度調査せよ
という趣旨の連絡があったという話を聞くからです。
 いやほんと,再現性のない実験を元にした調査ですから,データそのものに対して眉唾で聞いているからこそ,本当に効果のあるデータを目の当たりにしたときには,「信じられない」とはいえないので,別の言い訳をするんじゃないかと思います。

 ケンキューシャの皆さんはどう思われますか?

 わたしはケンキューシャじゃなくでサポータのままでいたいです!(^^)!
[PR]

by ji3faf | 2008-08-18 22:18 | 情報教育
2008年 08月 18日
Google Street Viewで画像を削除してほしいときは
YouTubeで削除して欲しいときの申請方法が公開されていました。

http://jp.youtube.com/watch?v=LjPufjGBKiM

字幕版ですが,画面は日本語版を使用しています。

1. 問題のストリートビューの画像を表示します。
2. ウィンドウの右上に表示されている [ストリートビューヘルプ] をクリックします。
3. [不適切な画像を報告する] をクリックします。
4. 必要事項を記入して、報告してください。

ということだそうです。この手順は
 http://res2ch.blog76.fc2.com/blog-entry-3410.html#comment60666
に紹介されてました。
[PR]

by ji3faf | 2008-08-18 21:49 | システム管理


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map