<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年 06月 23日
国土地理院が岩手・宮城内陸地震の空中写真を公開
QTAROさん情報
 国土地理院が岩手・宮城内陸地震の空中写真を公開しています。

http://www1.gsi.go.jp/topographic/bousai/photo_h20-iwatemiyagi/index_h20-iwatemiyagi.html
[PR]

by ji3faf | 2008-06-23 02:33 | その他
2008年 06月 23日
ローカル版星座早見盤を作ろう
Firefox3のダウンロードマネージャのバグ(ダウンロード後にウィルスチェッカーを呼び出すのだが,ウィルス対策ソフトによっては,ダウンロードしたファイルが消える)という報告をあちこちみていたら,セキュリティメモに
 2008-06-19 一年 な日
  [コンピュータ] 続々・ Firefox 3 な日
の紹介がありました。で,ついでに他の記事をみていたら,偶然面白いソフトを使ったという記事に出会いました。

 取締役 平社員 ブログ (ベータ版)
 2008-06-21 なかよし学級 な日
  [その他][コンピュータ] なかよし学級

これは滋賀県総合教育センターの「科学教育」→「>>実験観察・ものづくり」
 →「観察・実験教材教具 第11集 (平成16年度)
の「5 地学分野の教材教具」にある,「ローカル版星座早見盤をつくろう」をやられたようです。
 私もダウンロードのページからソフトをダウンロードしましたが,おもしろそうです。

 でも,いままで,星座早見盤を使っても,天空と一致させる能力と視力がないので猫に小判状態です^_^;

 なお,上記ブログには次のような補足があります。センターさんのほうでも,この補足をどこかに記述されてはいかがでしょう?
(16:52 追記)

このソフトウェアは、北半球(北緯)+東半球(東経)の範囲ならば、国外でも観測地データを手動で追加できるようです。

都市名は指定できるようです。県名を変えられないみたいですが。

(解凍フォルダ)\DATA\IDOKEIDO.DAT を手で編集してやったらいけました。

東経と西経を区別しないようです。経度の値は認識するようですが。

南半球は、恒星データはあるようですが、天の南極を回転軸とした描画はできないようです。

#もし南半球用に描画するなら星野窓データも東西南北を入れ替えてやる必要がありますね。(東⇔西、南⇔北)

[PR]

by ji3faf | 2008-06-23 02:03 | ソフト
2008年 06月 21日
プリント教材の健闘
某所のトラックバックから「mkawanoの日記」に行き着きました。
 私のブログの数少ない読者のお一人のようで,ありがとうございます。

そのブログの2つの記事がとても気になりました。
■2008年5月23日
  教材は動画よりもプリントがいいのか?
■2008年6月3日
  自分の授業スタイルにあった教材

 ご自分の授業のアンケートで,課題作成の参考にしたメディアの分析で,やはりプリント教材が学生にとって重要な要素になっているようです。
 5月23日の記事のほうには,
役に立ったのは、圧倒的に「プリント」でした。「動画教材」と「プリントと動画教材」はほぼ同数。
 (略)
まぁ、今年度からOffice 2007になったことで、結構力を入れてプリントを作成しているのは確かです。でも、これほどプリントを頼りにしているとは思いませんでした。せっかく動画も作ったのに(涙)
ご同情申し上げます。本当に教材作成には,時間がかかりますものね。動画系は,ポストプロダクション(編集や,音量の適正化とかノイズ除去)も必要ですし。

 これは,うちのボスも常にいっていることなのですが,「結局はプリント教材がモノをいう」のです。
 動画は,印象に残りやすいし,ボディランゲージも使えるし,最近のCG技術を使うとプリントでは表現できない立体的なイメージも表示できるし,メリットも数多くあります。

 しかし,それを使うための(視聴するための)それなりの準備と,それなりの装置と,それなりの操作技術が必要です。

 そして,教材作成のコストを考えると,プリント教材のほうが,はるかに指導者にとっても受講者にとってもコストパフォーマンスが高いのです。

 最近は学費が高騰しています。入学金と学費と,下宿代だけで私立大学の学生には自分専用のノートパソコンと高速インターネット接続環境までの資金的余裕はむずかしいでしょう。
 下宿に高速ネット環境を用意しても,アルバイトで忙しい学生にはそのコストの元を取るだけの利用時間もないでしょう。その代わりにケータイが活躍しています。

 最近は,ケータイで数千字のレポートを作成する学生もあらわれています。すると,参考できるのは「プリント教材」ということになるでしょう。小さい画面で動画を見ながらレポートを書くなんて無理です。それに,プリント教材なら,必要なページだけを持ち歩けば,いつでもどこでも電源を気にせずに学習できますし。

 最近のe-Learningは,ほんとうにユビキタスラーニング環境を考えているのかな,と思ったりします。『学生』は,学校で勉強するとは限らないのですから。

・・・

 ことしは本業が忙しくて,大学院に行ったのは身体検査と履修登録だけです。履修確認もしてません。指導教官とはメールで連絡してますが,おとといエデュケーションエキスポの講師控え室で話したのが,今年最初の授業みたいなものでした^_^;
[PR]

by ji3faf | 2008-06-21 11:14 | 情報教育
2008年 06月 20日
「ネットいじめ通報サイト」開設
京都府教育委員会のホームページをみていたら,新着情報に
H20. 6. 18  ★ネットいじめ通報サイトを開設しました
と書かれていたので,さっそくアクセス。

 ネットいじめ通報サイト(http://www1.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/netijime.htm
1 学校裏サイトに京都府内の学校名が書かれている。
2 そのサイトに特定した個人を誹謗中傷する内容がある。
を発見したら,通報のフォームページで連絡するというシステムになっていた。
 パソコン用:http://www1.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/tuhou.htm
 ケータイ用:http://www1.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/knetijime.htm

おしむらくは,どちらも,リンク先のURLが書かれていないこと。
 とくにケータイ用の通報サイトは2次元バーコードだけの表示なので,URLがパソコンですらわからない。


===

 昨日のエデュケーションエキスポで,滋賀大学の宮田教授が話しておられたが,本人がいじめられていることよりも,彼等・彼女らの「アバター」がいじめられるほうが深刻な影響を与えるという,新ステージになっているそうだ。
 となると,通報する側も「アバターがいじめられている」ということに気づかないといけないが,「アバター」は空想上のものなので,「オトナ」はたぶん深刻に感じないだろう。
 このギャップは,すでに存在していると考えたほうが良さそうだけれど,まだほとんど報道もされていない。
[PR]

by ji3faf | 2008-06-20 21:39 | 情報教育
2008年 06月 19日
SASTIK IIIで実演していたのですが
今日はNew Education Expoの大阪会場で,この数日寝る間も惜しんで稼動させようとしていた「SASTIK III」の説明がありました。

教員一人一台PCの幕開け ~セキュアなPC管理と情報公開~

の最初の講演
 ■教員コンピュータ一人一台整備に向けた情報漏えい対策 ~SASTIKを使用した運用~
で,パワーポイントを利用した説明をなさっていたのですが,あのパワーポイントファイルは,表示に使用したノートパソコンに入っているファイルではありません。

 SASTIK IIIのファイルブラウザ機能を利用して,センターのSAMBAサーバに保存したファイルを直接提示していたのです。
 あの会場におられた方で,提示に使用していたパワーポイントファイルがインターネットVPN経由でイントラネットのファイルサーバ内のファイルを使用していたと気づかれた方はおられないと思います。
 セミナー終了後に尼崎の某先生に種明かしをしたのですが,講演後に種明かししていたらインパクトがあったかと思います。

 まだ本番運用するには実験を重ねなければならないことがありそうですが,現状でもかなり便利に使えます。しかし,SASTIK IIIのホームページ(http://www.saslite.com/product/sastik3thinclientlayer_01.html)を見ると「安価なシンクライアント」という説明なので,学校関係の方には,その真価が伝わらないのではないかと思います。

 1)学校で授業研究の報告書を書きはじめて,
 2)出張さき(自宅かも)でそのファイルを修正・完成させて,
 3)発表会場で提示する
 4)そのファイルはイントラネット内にあるファイルサーバにだけ存在し,外部に持ち出さない

これが,HTTPS通信ができる環境だけで実現できることを想像してもらうと,わたしたちが目指しているところを理解してもらえると思います。
[PR]

by ji3faf | 2008-06-19 01:53 | システム管理
2008年 06月 18日
Firefox3はすごい
さすがに今日の明け方にならないとダウンロードできませんでした。

実行してみてびっくり。ほんとに早い。GIFファイルの表示がこんなに速いとは。
MRTGのグラフや,Nagiosの接続一覧が一瞬で表示されてしまうわけで,いやはやなんとも。

 さすがに「WebDevelopper日本語版はFirefox3に対応してないのか」とちょっとがっかりしていたら,公開先が「ミナトラボ(http://lab.tubonotubo.jp/)」に変っていて,最新版の「Web Developer 1.1.5 日本語版 」はFirefox3でもちゃんと動くじゃないですか。

 いやー,この数週間の疲れがこのFirefoxとSASTIK IIIの実験成功ですっかり癒されました。

SASTIK IIIに関しては,また今度書きます。
[PR]

by ji3faf | 2008-06-18 23:25 | システム管理
2008年 06月 02日
Gmailは問答無用でメールを中継しないことがある
Gmailをスパムフィルタに使用するのは便利なんだけど,大きな落とし穴があることにようやく気づいた。

 以前から,ときどき届かないメールがあることには気づいていたのだけれど,詳しく調べる気が起きなかった。重要なメールではなかったし,これから述べる原因となるファイルは,たいてい別の方法でやり取りしていたから。

 ググっていたら,教えて君.netの 脱教えて君Q&Aに書いてあった。
 Q:Gmailでファイルを添付してメール送信したら、なんか相手に届いてないみたい。
 A:添付ファイルがEXE形式だと送受信できない。どうしても送りたいならLZH形式で圧縮しよう。

 Gmailでは,実行可能形式のファイルが添付されていると送受信しない。具体的には「.exe」「.bat」などのファイルだ。これなら,以前から気づいていた。
 わからなかったのは,ZIPで圧縮されたファイルの中に,これらの実行可能な形式のファイルが含まれていた場合も同様に送受信しない。
 受信メール一覧にまったく表示されない。

上記のQ&Aには
GmailにEXEファイルの添付されたメールを送ると送信者にエラーメールが返ってくるだけ
と書かれているが,私が実験したところ,送信元にエラーメールが届かなかった
届いたメールに実行形式のファイルが含まれていると認識した場合は,
----- The following addresses had permanent fatal errors -----
<XXXXX@gmail.com>
(reason: 552-5.7.0 Our system detected an illegal attachment on your message.)

----- Transcript of session follows -----
... while talking to gmail-smtp-in.l.google.com.:
>>> DATA
<<< 552-5.7.0 Our system detected an illegal attachment on your message.
<<< 552-5.7.0 Please visit http://mail.google.com/support/bin/answer.py?answer=XXXXXX
<<< 552 5.7.0 to review our attachment guidelines. XXXX
554 5.0.0 Service unavailable

というエラーを返してきます。
[PR]

by ji3faf | 2008-06-02 13:45 | システム管理


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map