<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 25日
きめセリフは関西弁で
■ディスタービア
 これは,外国映画なので関西弁は関係ないです。映画ではWindowsよりMacが似合いますね。Windowsだと,ビデオ映像と音声を無線で飛ばしてリアルタイムキャプチャするとか,その映像を拡大するとかしている最中にブルースクリーンになりそうだし。そんなことになったら,ストーリーはむちゃくちゃだけど,盛り上がったところでブルースクリーンにならなかったらWindowsじゃなさそうだし!(^^)!

■ミッドナイト・イーグル
 出演者の数のわりに,エンドタイトルで流れる名前が少ない。きっと雪山シーンの「工作員」も「レンジャー」も本物の自衛隊員の人たちが出演しているに違いない。
 こっちは「アルマゲドン」だった。

■恋空
 こっちは「世界の中心で、愛をさけぶ」でした!(^^)!。どっちも原作読んでないけど。
あちこちですすり泣きしてた。とくに左のカップルの女の子は大泣きだった。
 この映画は,そういう「お涙頂戴」のストーリーなんだけど,その悲壮感がなぜか薄くて,かなり「前向き」というのが余計に泣かせるんだろうなぁ。
 封切り日の深夜に見た「ミッドナイトイーグル」より,ほぼ同じ時間帯の上映時間なのにこっちの方が入りがよいというのも納得。

 ミッドナイトイーグルと恋空は,関西弁を意図的に使用したみたい。
 ミッドナイトイーグルでは,首相は大阪出身という設定にして,息子に語りかけるシーンは関西弁。
 恋空でも,二人目の恋人は関西弁。

 この関西弁がよかった。ものすごく自然。標準語だと,きっとしらけただろうなぁ。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-25 18:07 | 映画
2007年 11月 23日
CD2枚に2500万人のデータ?
奥村先生のブログ「英国で人口の4割の個人情報が紛失」にも書かれてるが,果たしてCD2枚に2500万人のデータが入るのだろうか?

 BBC Newsの「Brown apologises for records loss」には
The Revenue and Customs data on the two missing discs includes names, dates of birth, bank and address details.
のように「discs」と書かれているが,下のイラストには「 LOST CDS - SEQUENCE OF EVENTS」というキャプションが入ってるし,その説明には
18 October - Junior official from HMRC in Washington, Tyne and Wear, sends two CDs containing password-protected records to audit office in London through courier TNT, neither recorded nor registered
と書かれているからCDなんだろう。
 「MISSING DATA INCLUDES 」には,紛失されたCDに記録されているデータの元である用紙が掲載されている。
 社会保険番号は9桁,生年月日は6桁だし,名前や郵便番号付きの住所も書く欄がある。

さて,CD-Rは700MBなので,2枚で1400MB。これを2500万人で割り算すると58.7となる。一人当たり58バイト程度しかない。そのうち15桁は社会保険番号と生年月日だとすると43バイトで住所,氏名,性別が記録できる必要がある。

住所の一部が同じとか,ファミリーネームやファーストネームが同じという人が多いだろうから(同じ地域なんだから),うまくデータ圧縮できたんだろう。Windows標準のZIPだったのか,知りたいなぁ。LHAだったらCD1枚にできたりして!(^^)!
 で「password-protected」と書かれているから,圧縮ファイルにパスワードがかかっていただけなのではなかろうかと想像する。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-23 20:01 | 情報教育
2007年 11月 18日
「ゴロー 行きまーす,なんてな」
木曜日夜11:00からWOWOWMOONLIGHT MILEのシーズン2が放映中です。
わたしは火曜日の早朝4:30の再放送(どうしてWOWOW公式サイトでは月曜深夜4:30と書くのだろう?)を録画してみてます。
先週の火曜日(11月13日)放映の「MISSION:09 マギー’S SHOW」では,デブリに襲われて宇宙空間で動きが取れなくなったマギーを救出するため,エアロックからゴローがでていくところで,
ゴロー 行きまーす,なんてな
というセリフがラストシーンでした。で,ガンダムみたいに飛び出して行くんです。

 これを見て思ったのは,私ら以上の年齢のロボット工学に興味をもった人たちは「鉄腕アトム」にすごく影響を受けたときいていますが,私ら以下の年齢だと「ガンダム」に影響を受けているんじゃないかということ。私らは両方にまたがってるんですよ。両方を本放送で見て育ってるから。
 ちなみに幼稚園のころは,実写版の鉄腕アトムを見てました。毎日ヘルスメータみたいなのに乗って,立ったまま寝ていたシーンがあったように記憶してます。

 ロボットというと,今年の3月までPTA会長をしていた高校から3台も全国大会に出場するという快挙が昨日報道されました。がんばってきてね。沖縄までは応援に行けません。
 2007年11月17日(土) 京都新聞
  田辺高生、狙うぞ優勝 全国高校ロボット大会に3台出場 
[PR]

by ji3faf | 2007-11-18 22:30 | その他
2007年 11月 16日
ICTメディアリテラシー指導者研修会
下記の研修会を開催します。
利用する「ICTメディアリテラシー教材」は小学校高学年をターゲットに開発されたものですが,中学生や高校生の授業にも活用できると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ICTメディアリテラシー指導者研修会

主催 NPO法人学習開発研究所
共催 滋賀大学附属教育実践総合センター
協力 株式会社内田洋行 教育総合研究所


 小学生すらケータイやブログを利用してはいるものの、その適切な利用方法が
分からず、さまざまなトラブルが発生して新聞報道になっております。

 このような現状に鑑み、株式会社内田洋行 教育総合研究所は、平成18年度
総務省事業として、 ICTメディアリテラシー育成手法の調査および、育成プログ
ラムの開発をおこない、本年7月に公開されました。
   参考:
      「伸ばそうICTメディアリテラシー」サイト
       http://www.manabinoba.com/index.cfm/4,8751,149,html

 当学習開発研究所は、これまでからICTの学習利用を実践しており、このICTメ
ディアリテラシー教材の普及活動にも努めております。

 そこで、今回はこのICTメディアリテラシー教材を活用した授業方法などの紹
介を含めた研修会を企画しました。
 
 このICTメディアリテラシー教材は、学校やセミナーなどの講習会や、ご家庭
での親子学習の2種類の学習形態を想定しておりますが、今回は学校やセミナー
など指導者のもとでの研修方法についての研修会です。
 
 ICTモラル教育にご興味のある方はこの機会にぜひご参加いただいたく、ご案
内申し上げます。
 

■日時 12月1日(土) 午後 13:00-16:00(受付12:30)
■会場 滋賀大学教育学部(石山) 第2情報演習室(研究・講義棟3階)
     http://www.edu.shiga-u.ac.jp/doc/access_2.html
     http://www.edu.shiga-u.ac.jp/doc/access_3.html
     ※研究講義棟の、本館側が正面入り口です。
     ※当日は、休校日のため建物入り口がロックされております。
      専用インターホンを用意いたしますので、ご面倒ですが受付を
      呼び出していただきますようお願い申し上げます。

■参加料 無料
■定員  40名


■プログラム
 12:30-13:00 受付
 
 13:00-13:10 開会の辞  代表 西之園晴夫
 13:10-14:00 第1部 講演 メディアリテラシー教育の必要性(仮題)
         滋賀大学教授 宮田 仁
         
 14:00-14:10 休憩

 14:10-15:30 第2部
        ICTメディアリテラシー教材活用について
 15:30-16:00 質疑応答 および アンケート記入



□ 詳細はこちら 
  →  http://www.u-manabi.org/

□ 参加お申込みはこちら 
  →  http://www.u-manabi.org/nc/modules/menu/main.php?page_id=328&op=change_page

□ お問い合わせはe-mailにて承っております。
     e-mail : info@u-manabi.org (NPO法人学習開発研究所事務局)
[PR]

by ji3faf | 2007-11-16 04:22 | 情報教育
2007年 11月 16日
8月以降に見た映画
「映画ネタがないじゃん!」とカミサンに言われて,日記風に書いておきます。

8月に見た映画
・オーシャンズ13
 なんで13なんだ? だれか教えて。

・トランスフォーマー
 編隊物もハリウッドになると全然違う。だけど,この手のロボット物は絶対に「ショートサーキット」の「ジョニー5」の方が上手!。当時はCGもないのに,サタデーナイトフィーバーのダンスもきちんと踊ったし。LDプレイヤーが壊れる前にDVDにコピーしておこうっと。

・ラッシュアワー3
 あまりにもあほらしすぎるアメリカンジョーク。やっぱり,アメリカン・ジョークは肌にあわない。なぜかイライラする。でもお約束のエンドロールNG集は笑った。

9月に見た映画
・HERO
 素直なストーリー。韓国出張の理由も無理がない。何でも出てくる行きつけのバー(St.George's Tavern)がいいなぁ。カレーやさんに行きたくなった。

・TAXi4
 かっこいいタクシー!乗りたい!

・ファンタスティック4 銀河の危機
 なかなか結婚式ができないというのも有名税でしょう。ま,アメコミ映画はこれくらいファンタジックでないと。理屈じゃないんだよね。

・幸せのレシピ
 オリジナルのドイツ版が見たくなった。こんなビストロがあったらと思ってしまうけど,鉄チャン御用達のカレーやさんが,これなんだなぁ。

10月に見た映画
・パーフェクト・ストレンジャー
 なんというか、最後がねぇ。

・キングダム
 FBIも国家警察も、捜査のためには文化の壁を越えるというのには共感する。エイリアスのジェニファーガーナーはそのイメージどおりだし、クリス・クーパーがオッズマン機能をこなしているのがいいけど、やっぱりガージー大佐役のアシュラフ・バルフムが一番ピリッときてる。

・ヘアスプレー
 ニグロデーといってるのにブラックデーと苦労して翻訳してる。ジョントラボルタもWestWingでCJ役をやってたアリソン・ジャネイもいいお母さん役だし。何より音楽がいい。CHICAGOの看守役のママも貫禄十分。やっぱり、差別問題はこれくらいひねらないと、重くなりすぎ。ハリポタの映画を見てる気分になっちゃったよ。


11月に見た映画
・ALWAYS 続:三丁目の夕日
 最初のシーンがすごい。都電のグリーン塗装は前作の方がリアル。でも日本橋とか,羽田空港,こだまがよかったし,なんといってもストーリーがまとまってて,なんともいえない。
   ほんと、セットをぜんぶ作り直したの?
というくらい元のセットになってます。ストーリーも、前作1回きりで作ったということでしたが,今回の「続」はまるで2部作だったような、全然違和感のないストーリーだし。
 下町の雰囲気ってのがよくでてます。日本橋って、もうちょっと長いような気がするけど、あんなもんかな。いまならスタバがあるんだけど。
 羽田空港や日本橋は,前作の上野駅のようにこだわって作られているし,、こだまも前作のSLと同じく違和感なく関西に向かって走ってるし。
 「人情」っていうのは、この映画のためにあるんでしょう。
 そうそう、あのオープニングも、監督のこだわりがでてましたね。CGで書いてるとは思いませんでした。ぜひ,映画館で「東映」の映画をみてください。

・ボーン・アルティメイタム
 やっぱり3部作はそろってみないとだめね。マット・デイモンはオーシャンズシリーズだと「若造」になって3枚目風になってるけど,このシリーズのスーパーマンの方が似合ってるなぁ。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-16 01:35 | 映画
2007年 11月 16日
Browseui.dllが見つかりません
トラブルネタの3つめ。
昨日,自宅に帰って,動かなくなったマシンの復旧作業を実施。1台はHDDが死んでしまったPentiumIIIマシン。ビデオチューナカードが入ってて,テレビが見られるので息子が重宝していた。もう1台は電源ユニットが発熱して熱暴走するマシン。
 というわけで,熱暴走するマシンのHDDをPentiumIIIマシンに入れて復活させようという試み。
失敗するはずがない。予定どうり順調にWindowsXPが起動して,ログインすると
Browseui.dllが見つかりません
と表示されて画面は背景のブルー画面とカーソルだけ。シェルであるExplorerが起動しない。Alt+Ctrl+Delでタスクマネージャは起動するので,Explorerを「新しいタスク」で実行しても「Browseui.dllが見つかりません」になる。とりあえず,タスクマネージャでシャットダウンすると,「アップデートしてからシャットダウン」になり,何度も「まだ電源を切らないで!」という表示がでて,電源が切れたのは5分後くらい。
 再起動して,セーフモードにしても「Browseui.dllが見つかりません」になる。Windowsの再インストールか,とも思ったけど,だめもとで
 1.起動しているWinXPのC:\Windows\system32\Browseui.dll をフロッピーにコピー
 2.PIIIマシンをセーフモード+コマンドプロンプトで起動する
 3.フロッピーから Browseui.dll を C:\Windows\system32 にコピー
 4.再起動
で見事復旧。
 あとでぐぐったら
  パソコントラブル出張修理・サポート日記
   2005年8月23日 (火) Browseui.dllが見つかりません。
が見つかった。似たようなことをして復旧してるじゃない。
 障害の原因も
とりあえず関連情報をいろいろ調べてみると、どうもBrowseui.dllの更新は、WindowsUpdateに関連して何度も行われているようで、トラブル発生のときは、それが見つからないことがまれにあるらしい。
とそっくり。上にも書いたとおり,昨日のWindowsUpdateでアップデート用パッチをダウンロードはしたものの,適用する前に熱暴走した状態で止まっていたHDDだったから。
 まぁ,とにかくテレビが見られるようになってちょっと満足。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-16 00:59 | システム管理
2007年 11月 16日
ALZipで助かった
某所のHDDがフルになりかけたので,ネットワークで転送しようとした。
ディレクトリツリーが深いので,アーカイバでファイルにまとめるところで失敗。
 作業用のドライブDに残り容量はたっぷりあるのに,「+lhaca」も「Lhaplus」も途中で圧縮に失敗する。思いついたのは,圧縮作業用のファイルをどこにつくるのか,ということ。というのは作業用のマシンのドライブCは残り1GB程度。圧縮しようとしているのは4.3GB。
 ということで,作業用ディレクトリを指定できるアーカイバはないものかと探したら,ALZipが見つかった。
 ALZip(アルジップ) 7.0 beta2 
ベクターの「新着ソフトレビュー」でも作業用ディレクトリを指定できることは書かれていないのだけど,勘があたってばっちり圧縮できた。
 しかし,どうして他の圧縮ソフトは,圧縮時の作業ディレクトリを指定できないんだろう。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-16 00:43 | 情報教育
2007年 11月 16日
マシン修理の日々
昨日,今日と連続で同じサーバが死んだと連絡があった。昨日はコンソールですらまったく応答がない状態で,ログにはまったく気絶兆候の記載はなかった。

今日は,外部からログインしてみても,サーバにはまったく異常は認められない。でも内部からは一切接続できないらしい。サーバラック内のハブで接続している隣のサーバに内部セグメント経由でpingを打つと,しっかり応答するし,その様子もtcpdumpで見られる。

 ということはラックからのケーブルか,別のハブが死んでいるとしか考えられないので,それなりの準備をして現地に乗り込んだ。

 まずはFlukeでケーブルのNEXTを測定。で,のっけでトラブル発見。FlukeのAutoTESTで
WARNING Excessive noise detected. Measurement accuracy may be degraded.
と表示され,テストを続行しても,これが繰り返し表示されるだけ。普通は,信用できない値が表示されるのですけど,10回くらい繰り返して,ようやっと「10.6」と表示されたものの,再度やってみたら,やはりWARNINGの表示を繰り返すばかり。
 そのサーバラックからは3本のケーブルが出ているので,残りの2本をテストしたらWARNINGはでないので,残りの2本をやりくりして3本分の仕事をすることに。

 その作業を始めようとしたら,べつの方から突然PC教室で使えないパソコンの話を持ちかけられて,こっちはなんのこっちゃらさっぱり。どうもサーバの修理に来たことを知らず,パソコン教室のメンテナンスに来たのだと勘違いしておられたようす。
 リース期限切れてから3年ほど経つマシンだから,HDDの障害も,液晶のバックライト切れもありうる話だし,キートップが外れるのはまぁ許せるとして,キートップをはずして中の接点まで破壊するのはよしてほしい。でも,キートップがツルツルになるくらい使われているんだから(さすがに文字が擦り切れるまでは行かない),喜ぶべきことなんだろうと思ったりもする。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-16 00:31 | システム管理
2007年 11月 14日
本当に応用力がないのか?
島宗 理先生のブログ「自然と人間を行動分析学で科学する」の10月25日付けの記事、
  応用力の低さ--ホントすか?
で、台形問題の基礎と応用での正答率の違いについて書かれています。

 実は、私が大学生時代に手伝ったことが、ここでの話とおなじことではないかなぁと思いました。
それは、同じ算数の問題でも
 ・B4用紙横で試験問題を印刷したとき、右上と、左下では正答率が変わるか
 ・問題文が同じでも、改行位置がちがうと(当然読みやすさが変わる)正答率が変わるか
 ・同じ問題文でも、挿絵の位置が違うと正答率が変わるか
というものでした。

 それの「問題用紙作成プログラム」の作成の手伝いをしたのですが、だれのどんな論文なのか知りません。岐阜大学での研究だったような記憶があります。もう30年近く前の話なのであいまいです。これではいかんのですけど(先行研究の調査能力不足が露呈してます^_^;)。
 基礎学力が定着していれば、正答率に有意差はないはずですが、たしか有意差が見られたという話だったような記憶があります。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-14 01:36 | PTA
2007年 11月 09日
主よ、人の望みの喜びよ
バッハは高校時代から好きでした。中学時代に毎朝礼拝があって、オルガン曲を聴いていたためでもあるんでしょうけど。
 知り合いの大学生や大学院の人にアルヒーフのLPを借りてカセットテープにいれて聞いてました。少ない小遣いをためて、何枚か買いました。
 スイッチト・オン・バッハのLPも持ってます。

 今流行の「初音ミク」もニコニコ動画で歌ってますが、まぁ歌詞がいまいちなんで。
 その初音ミクの関連で紹介されていたのが
   Steve Morse - 主よ、人の望みの喜びよ
です。これすごい。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-09 13:01 | その他


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map