<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 24日
著作権と国会審議中継のねじれた関係
久々に一般向けのmohta節を読みました。
 mohtaさんは、ADSL普及の功労者でもあります。

さて、CNET Japan で公開されている太田昌孝さのんコラム(2007/08/23 08:00)
 国会審議のネット中継が浮き彫りにした、フェアユースをめぐる矛盾
では、日本の著作権法でもフェアユースが認められていると解釈しなければ、国会審議中継は参政権と対立することが論理的に説明されています。

 衆議院テレビ参議院テレビでは、審議の模様をインターネット生放送しているだけでなく、過去(といっても、衆議院は過去3回分、参議院は前回)の審議の録画をビデオライブラリとしてインターネットから検索して視聴できます。
 ところが、このビデオライブラリは、自動公衆送信に他ならず、著作権法では自動公衆送信は40条2項の権利制限に列挙されていないから違法ではないか、という疑問がでてきます。
 実際に2006年12月1日の衆議院 文部科学委員会で保坂展人議員の質問に対して、文化庁加茂川幸夫次官の答弁では違法との認識をしていることが、国会会議録検索システムで読むことができます。
 第165回国会 平成18年12月1日 第6号
○保坂(展)委員 (前半省略)
 時間がないので、もう一点。
 国会テレビ、きょうも中継をされているわけですけれども、専門家の方の御指摘で、この国会テレビというのは、衆議院本会議における代表質問とか施政方針演説とか、こういうものについては著作権法四十条の一項が適用されている。二項の適用で、こういった委員会の審議あるいは参考人質疑など、こういうものが適用されているということなんですが、文化庁はそれでよろしいでしょうか、解釈をお願いします。
○加茂川政府参考人 委員御指摘のとおりでございます。
○保坂(展)委員 四十条の二項を適用できるのは放送や有線放送であって、いわゆるインターネット中継はだめだというのが文化庁の見解ではないのですか。
○加茂川政府参考人 国会のテレビ中継でございますが、報道目的であれば著作権法に従って有線放送できるということは確かでございます。
○保坂(展)委員 さらに、ではインターネット中継も放送ということでよろしいのかどうかという疑問が残るんですが。
 もう一つ、ビデオライブラリを、私どもも自分の質問も含めて、他党の方はどんなことを聞いたのか、大変便利に重用させていただいていますが、ビデオライブラリについてはどうなんですか。オーケーなんですか。
○加茂川政府参考人 ビデオライブラリにつきましては、これは著作権法が働く分野ということになりまして基本的には権利が働きますから、関係者が契約によってまたは所定の手続をとって事前了解等の適式な方策、方途をとることは想定、期待をされておるわけでございます。
○保坂(展)委員 これは国会事務局ないし議運の判断と文化庁の判断とどうも違うようなんですね。実際には、参考人質疑で、ではビデオライブラリに入りますがよろしゅうございますねと委員長が確認してやっているわけじゃないわけであります。
 今改正案でこの四十条の二項が変わります。この中で中継の部分は恐らくオーケーになると思うんですが、ライブラリの部分、ここのところは、やはりまだ文化庁的にいえばいかぬという状態のままになってはいませんか。
○加茂川政府参考人 委員御指摘のいかぬという意味が、私、取り違っておるかもしれませんが、権利制限が働いていない、著作権法の本則が適用になるということであれば、そのとおりだと思います。
○保坂(展)委員 ですから、国会がすべからく、昔は委員会の議事録すら非公開だったわけですよね。それが、時代が変わって、インターネットでもリアルタイムで見られる。見逃してしまっても、仕事が終わってからどういう議論だったのかなと見られる。大変な進歩で、これはもう本当に大事な国会、それこそ大臣もおっしゃる基礎だと思うんですね。議会として非常にいい基礎だと思うんですが、この点についてしっかり文化庁の見解等そろえていく必要があると思うんですね。
 アメリカなどでいうフェアユースですか、公正な利用ということで、こういうものは何ら問題はないんだというふうに考えていくことは、文化庁、できないんでしょうか。
○加茂川政府参考人 ただいまアメリカの法制度の例を挙げてフェアユースのことを御指摘ございましたが、フェアユースについて日本でももっと前向きに検討すべきではないかという意見が強くございまして、私どもは課題の一つとして認識をしておるのは事実でございます。
 ただ、今御指摘の国会のテレビ中継のライブラリー化について申しますと、これは、私どもは著作権を所管しておりまして、関係者の権利を守るということが基本でございますので、確かに公益性は高いわけでございますから、権利の制限の方法でいくのか、または契約の方法でいくのか、いろいろな工夫の余地があろうかと思いますので、これは御担当であります国会事務局ともこれから鋭意協議をしてまいりたいと思います。
○保坂(展)委員 我々立法府の中の議論の話でございますが、民間の話よりも国会の中の話、これは一番最初にクリアしなきゃいけないですよね。大臣、この点、いかがでしょうか。
○伊吹国務大臣 国会というのはやはり国民から主権を負託された国権の最高機関であって、負託した国民はすべて、国会で何が審議されているかというのは、よほど制限的に秘密会にならない限りは許されるべきことだと私は思います。
 したがって、今政府参考人が国会事務局ともと、これは全く間違った答弁で、これは我々国会議員が決めることです。ですから、議運において協議をしていただければ、それに応じて法制の整備をさせていただきます。


さて、国会だけは例外になるのかな?やっぱり「フェアユース」を定義したほうが国民の利益になりそうなんだけど。著作権法がパッチワークだとこれから先に、思わぬ落とし穴がでてきそう。
 あ、法律というのはそういうものか。
[PR]

by ji3faf | 2007-08-24 08:51 | 情報教育
2007年 08月 22日
NetCommons バージョンアップ
NetCommons 1.1シリーズへのアップグレード用パッチも先週公表されていたのですが、「1.0.10→1.0.11」が昨夜の9時に公開されました。
 セキュリティアップデートも含まれていとのことですので、お使いの方はパッチを適用してください。
 それにしても、プロジェクトメンバーのみなさん、残業ご苦労様です。

NetCommons公式ページ

 事務所の仕事が終わったところ、管理先のバックアップテープがEOTになったというメールが届いたので、テープ交換に行きました。
 ついでにSQLServerのバックアップログを見たら、デッドロックが発生していて、それを解消しながら Windows2000Serverに Microsoft Updateを適用していたら午後9時30分を過ぎました。
 で、アップデート案内のメールを顧客先で見ることになったわけで、この顧客では来週NetCommonsの講習会を実施する予定なのでやらなくちゃ、とおもったら帰れなくなっちゃって、せっかく直りかけた夏風邪がぶり返してしまいました(;_;)
[PR]

by ji3faf | 2007-08-22 15:09 | システム管理
2007年 08月 12日
危機管理はローテクか(ちょっと追加)
ダイハード4.0を見て、おもわず拍手したくなったのは「ハッカーの巣」(かれはクラッカーじゃないでしょ)。
 自宅を強固にガードし、自家発電で停電対策も行ったうえで、CB無線機を用意してる。やることはやった上で、A案、B案、C案を立て、それでもだめなときの対策を考える。

 たしかに不幸な男代表のブルース・ウィルス演ずる「ジョン・マクレーン」は出たとこ勝負してるかもしれないけど、その危機管理を「経験値をあげる」ことに直結させてるからこそ生き延びられている。

 緊急時対策としてデータを外部のセンターにバックアップするのは理解できる。それに、テロに見せかけた泥棒だった、というのが、このシリーズの面白いところ。いくらきれいごとを並べても、「所詮はカネのための卑劣な行為」と主張してるようで、ストーリーもよくできてると思う。

 このところサーバの故障が頻発してる。昨晩も夜の11時過ぎに停止。今日見に行ったら、電源ユニットのファンが故障して止まったための筐体内温度上昇による自動停止。
 ここ数日の熱帯夜でファンの回転が夜になっても上がったままだから、一気に寿命がきたのかなぁ。
 マクレーン流ならうちわかな!(^^)!

追加
 基本的に電子制御は信用できないんです。だからオートマの車もずいぶん乗りませんでした。だって、緊急時にセルモータで移動という手段も使えないし。
 いまだに軽自動車はマニュアルミッションです。
[PR]

by ji3faf | 2007-08-12 20:20 | システム管理
2007年 08月 12日
6,7月に見た映画
6月
 女帝 エンペラー
  「ハムレットってこんなストーリだったっけ?」と文化的素養がかけてることを自覚しました。
 舞妓Haaaan!
  思い入れだけでこれだけやれれば立派。
   「すきこそもののじょうずなれ」かな? ちょっとちがうなー。
 ダイハード4.0
   あとでコメントします。

7月
 憑神
  死神がかわいい。
 シュレック3
  権力にしがみつかない、ってのはいいなぁ。
 ハリーポッター
  どこの世界にも権力闘争はあるわけで。だから、「ハリーポッター」という作品自体も、宗教論争に巻き込まれるのでしょうね。
 西遊記
  やっぱり、堺正章・夏目雅子・西田敏行・岸部シローのほうがしっくり来るなぁ
 ピアノの森
  天才ってのは、やっぱり変わってなくっちゃね!(^^)!
 
[PR]

by ji3faf | 2007-08-12 19:24 | 映画
2007年 08月 12日
やっぱり儲けたのは弁護士だけ
日経ITProのニュース
 米SCOが敗訴,「UNIXの著作権は米Novellが保有」
  米ユタ地方裁判所は8月10日(現地時間),「UNIXの著作権は米Novellが保有している」として米SCO Groupの提訴を退ける判決を下した。

 ここ数年間の騒動に一区切り付きそうです。
[PR]

by ji3faf | 2007-08-12 18:37 | システム管理
2007年 08月 12日
Gmailのスパムフィルタの性能劣化?
先週の金曜日(10日)から、Gmailのスパムフィルタの性能が落下したみたい。
 それまでフィルタしていたメールをスパムに分類しなくなった。

 複数のGmailアカウントで同時にフィルタしなくなったので(私がGmailアカウントを複数持っているわけではありません。誤解しないでね)googleでシステム変更が起こったのではないかとかんぐってます。
 以前にもそういうことはあったし、逆に通常のメールが頻繁にスパムとして誤認識される、という時期もあったので、壮大な実験場なのだろうな、とおもってます。
[PR]

by ji3faf | 2007-08-12 13:12 | システム管理
2007年 08月 11日
AO入試でモバイル型
千里金蘭大学でAO入試に「モバイル型」というのがあるのを知りました。
 大学のAO入試のページには以下のように書かれています。
本学のAO(アドミッション・オフィス)入試には、「対話型」と「モバイル型」があります。どちらの方法もあなたの進路に対する意欲、あなたの個性や能力などをアピールしていただき、さらに、こちらまでの活動などについて、何らかの方法で表現(言葉以外でも構いません)していただきます。このような触れ合いのプロセスを通して、あなたの希望する学科への適性を見る入試です。
ということで、モバイル型だとエントリー時に大学からモバイル機器が無償貸与され、
送付したモバイル機器を利用してWeb上で簡単な質問に応えていただきます。またモバイル機器を利用して作成したレポート(200字程度)を送信してください。回答内容について学科教員とモバイル機器で直接話しをします。
という形で審査され、審査に合格したら「出願許可証」が発行され、出願できる(ここで初めて検定料が必要になる)という仕組みみたい。
 新しい取り組みですね。
[PR]

by ji3faf | 2007-08-11 01:58 | 情報教育
2007年 08月 09日
NetCommons1.1.0ダウンロード開始!!
昨日の「NetCommonsユーザカンファレンス2007」で予告されたとおり。

 エディタがWYSIWYGになったりと、進化してます。でも、私のところは、8/16(木)にリリース予定の「アップデートプログラム」までおあづけです。
[PR]

by ji3faf | 2007-08-09 17:54 | システム管理
2007年 08月 07日
NetCommons 公式ページが模様替え
5日の日曜日に、NetCommons 公式ページが1.1に模様替えしてました。
 すっきりとした白を基調としたページです。
 まだダウンロードは1.0.10が最新ですが、コンファレンスでどんなリリース発表がおこなわれるのか楽しみです。

 「NetCommonsユーザカンファレンス2007」は明日開催です。
[PR]

by ji3faf | 2007-08-07 08:50 | システム管理
2007年 08月 05日
ぜひ再放送のリクエストを【わかる授業のためのICT活用講座】
「わかる授業のためのICT活用講座」放送開始
で紹介した番組が終了した。よくできている講座だったのですが、見落とした人も多いようです。
 わたしはカミサン用に録画してましたが、身近に録画していた人がいないというかたもおられるでしょう。
 ほりたんのブログをみると、やはりまだ再放送の予定はないそうです。

で、ぜひとも感想とともにNHKに要望をだしましょう。番組ホームページはタイトルしか書かれていないので、
  NHKへのご意見・お問い合わせ
のページを利用して、要望をださないといけないみたいです。

b0017061_2250396.jpg
[PR]

by ji3faf | 2007-08-05 22:48 | 情報教育


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map