<   2007年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2007年 05月 28日
続:オープンソースのパッケージダウンロードにユーザ登録?
オープンソースのパッケージダウンロードにユーザ登録?」で指摘したのがCECに伝わったのか,ポータルサイトのアナウンスが更新されて,判りやすくなりました。

ダウンロードに関するアナウンスでは
(ユーザ登録については、現在、準備中です。近日中に登録方法を公開します)
と注記が入りました。
 また,ダウンロードの案内ページでも
(ユーザ登録については、事情により準備中ですが、近日中に登録方法を公開します。なお、ユーザ登録は利用者を把握するために利用致します。)
と追加されました。メンテナンスご苦労様です。

 でもなんで利用者を把握する必要があるんでしょうね?
 ダウンロード回数だけで「人気」は計れるんじゃないでしょうか? IE やFirefoxなどでも「xxxx万ダウンロード達成!」なんていう数字の公表方法をしていますし,誰にダウンロードされたのかを調べるのはサーバのアクセス記録からIPアドレスを調べれば,大体の利用者がわかるんじゃないでしょうかねぇ...
[PR]

by ji3faf | 2007-05-28 16:10 | 情報教育
2007年 05月 28日
HDDのデータ復旧
HDDのデータが読めなくなった!!
という事故はよく発生します。いや,してもらったら困るんだけど,そういうメディアだから仕方がないわけで,バックアップを取って対処してます。
 ところが,「事故は困ったときにしか発生しない」わけで,バックアップを取ってなかったり,バックアップを取った後,ファイルを更新した直後に故障したり・・・
 そういうときに,データリカバリーの会社が「救いの神」なのですが,幸い私はお世話にならなくてはいけないような重大な情報をなくしたことがありません。
 このデータリカバリーの会社でどのような作業が行われているか,日経ITProで紹介されていました。

・ITトレンド(2007/05/25)
 ハードディスクのデータ復旧はこうして行われる

ワイ・イー・データ社(この名前は,FDDで拝んでます)の「ラボ」の取材記事です。
 驚いたのは,
HDDの置き方や向きによっても吸い出せるイメージに違いが出てくる。そのため、場合によっては写真のように傾きを調整してイメージファイルを作成する
というキャプションがついた写真。経験的にやってることを,業務でも利用してるんだ。この方法はやっぱり有効なんだと安心しました。いや,こんなことをしなくて済むようにするのが「安全な業務運用」なんだけど。
[PR]

by ji3faf | 2007-05-28 10:40 | システム管理
2007年 05月 27日
個人情報の使用目的の表示方法は
オープンソースのパッケージダウンロードにユーザ登録?」で
 「OSP基本パッケージの配布」を見なきゃいけなかった。ここに『「OSP基本パッケージ」の入手方法』というセクションがあり,郵送による入手方法とダウンロードによる入手方法が記載されている
と書いた。
 ここには「OSP基本パッケージ」の配布」へのリンクがある。そこには,こうかかれている。
● 「OSP基本パッケージ」をご希望の場合は、CEC刊行物申込画面からお申し込み下さい。
下記の【連絡項目】を記入していただきます。
・お知らせいただいた個人情報はEスクエア・エボリューション以外には利用致しません。
・アンケート等をお願いする場合がありますのでご協力をお願い致します。
この「お知らせいただいた個人情報はEスクエア・エボリューション以外には利用致しません。」の「Eスクエア・エボリューション」とは何なのだろう?じつは,この文章では,「使用目的が書かれていない」ということに気づいていないのだろうか。
 ・CEC事業のうち,「Eスクエア・エボリューション」関係の事業のための調査資料や案内に利用する?
 ・CECのほかの事業の案内などは送ってくるのか来ないのか?
たとえば,AXNのプレゼントに応募すると,最初にこのページが表示される。
 http://axn.co.jp/present/ques_pp.html
・ソニーグループ・プライバシーポリシー
・個人情報取扱規程
・認定個人情報保護団体について
の3つがあるが,「個人情報取扱規程」の「1. 個人情報の利用目的」には表でわかりやすく書かれている。
 各種募集事業(番組参加、イベント、プレゼント、キャンペーン等)(注4.)
では,
1. 各種応募の抽選、当選時の景品の発送
2. 募集事業に必要なご連絡
3. 同種のキャンペーン、イベントに関する情報提供
4. サービスの改善等に関するアンケートの依頼
5. 弊社が運営するサービスに関する情報及び有用な情報の提供
6. 各種統計処理
となっている。これが使用目的であって,「各種募集事業以外には使用しません」とは書かれていない。
[PR]

by ji3faf | 2007-05-27 09:18 | 情報教育
2007年 05月 26日
オープンソースのパッケージダウンロードにユーザ登録?
2007.5.28 15時50分追記
 ここで指摘したためなのか,下記で指摘したダウンロードに関するアナウンスなどが訂正されました。

2007.6.7 追記
 ダウンロードには,メールでユーザ登録申請するようにという案内kが掲載されていました。
http://e2e.cec.or.jp/osp/modules/xfsection/article.php?articleid=53
 ポータルサイトの「新規登録」をクリックしても同じページにジャンプします。

 ・・・・・・・・

財団法人 コンピュータ教育開発センター(CEC)の「Open School Platform (OSP) Portal」サイトで
 OSPパッケージを公開しました
というアナウンスが公開されました。
H18年度の成果であるOSPパッケージを公開しました。以下のページからダウンロードできます。

なお、パッケージのダウンロードにはOSPポータルサイトへのユーザ登録が必要です。

ダウンロードするのにユーザ登録が必要ってどういうこと?
オープンソースでダウンロードするのにユーザ登録が必要なことって,そうそうないですよ?
とりあえず,リンク先のダウンロードのページをみると,「おいしそうな資料」の一覧表が掲載されています。で,パッケージをダウンロードしようとしたら,XOOPSの味気ない
このエリアへのアクセスは許可されていません
が表示されてポータルサイトのトップに逆戻り。
 いったい,ユーザ登録はどう申請すりゃいいんだー!
とおもったら,この一覧表の一番上にある「OSP基本パッケージの配布」を見なきゃいけなかった。ここに『「OSP基本パッケージ」の入手方法』というセクションがあり,郵送による入手方法とダウンロードによる入手方法が記載されている。そこには,なんと
OSP基本パッケージ」CDは、そのISOイメージをダウンロードすることによる入手も可能です。ダウンロードページからダウンロードすることができます。ただしダウンロードページへのアクセスには、OSPポータルサイトへのユーザ登録が必要です。

ユーザ登録の方法は、「OSPポータルのユーザ登録について」(準備中)をご覧下さい。
とかかれている。つまり
 ・ダウンロードするにはユーザ登録が必須である
 ・しかし,ユーザ登録の方法は準備中である
ということだったのだ。つまり,早い話が,
  まだダウンロードできない!

それならどうしてアナウンスに「以下のページからダウンロードできます。」なんて書いてあるんだよー。 
ダウンロードによる入手も可能なように準備中です
と書いておけばいいじゃないですか。
 それよりも,ダウンロードにユーザ登録が必要ということ自体に,私は納得できないけど。だって,ユーザ登録する理由に関しての説明がないんだもん。
[PR]

by ji3faf | 2007-05-26 05:12 | システム管理
2007年 05月 26日
ITCE試験の申し込み締め切りが迫る
JAPET 教育情報化コーディネータ・リーダ のページ
 http://www.japet.or.jp/itce2007/

 ITCE3級,リーダ試験の締切が来週にせまっています。
申し込みがまだの方はお急ぎください。
 受験料は郵便局の普通為替を購入して郵送します。
締切は6月2日ですが,郵便局の取り扱い時間が限られていることに注意してください。
[PR]

by ji3faf | 2007-05-26 03:43 | 情報教育
2007年 05月 24日
VQSコラボの暗号通信機能が標準装備に
先週(5月17日)にホームページで公表されましたが,勤務先で使用しているルームサーバを昨日バージョンアップしました。
2007.05.17
■暗号化オプションの無償ご提供
 これまで有償オプションだった音声映像データの暗号化機能を標準機能としてご提供します。
ルームソフトの更新を行う事で暗号化が行えます。
 管理者様、こちらからダウンロードしてください。
 暗号化には「Camellia(カメリア)」を使用しています。

これまでから,テレビ会議システムの「VQSコラボ」は,通信データの暗号化機能を持っていましたが,有償オプションでした。
 この暗号化機能が,5月17日に公開された「ルームソフトVersion 2.0.1.5」から,標準機能として搭載されたのです。映像データと音声データが、暗号化アルゴリズム『Camellia』で暗号化され,第三者による会議の盗聴を防げます。

 しかも,この暗号化機能はルームソフトの更新インストールだけで実現できるのです。クライアントソフトでの変更は不要です。

■参考資料:暗号化アルゴリズムCamellia(カメリア)の報道発表記事
 日本電信電話株式会社・三菱電機株式会社(2005年5月26日)
  世界の暗号アルゴリズムのデファクトスタンダードへ
  128ビットブロック暗号アルゴリズム「Camellia」がISO国際標準規格に採用
[PR]

by ji3faf | 2007-05-24 02:18 | テレビ会議(VQSコラボ)
2007年 05月 23日
個人情報を持ち出すことに疑問を持たないのかな?
カテゴリは,「情報教育」です。これを教えて欲しいから。
でも,教える側に危機感があるのかどうかがとても怪しい。
だって,海上自衛隊でも,「教育のため」としてトップシークレットが漏洩する時代なんだもの。

高木さんが指摘された愛媛県愛南町の対策もさることながら,この漏洩元が他の自治体の情報も持ち出していて,そっちも漏洩していたそうです。

●ITPro(日経BP) 2007年5月18日
 再委託業者の私用パソコンから、2市1町合計21万件以上の個人情報が流出

 しかし,あれだけ騒がれているのに,Winnyをインストールしたパソコンで個人情報満載のデータを扱う神経が私には理解できない。
 けれども,「理解できないといっている私たちの話」を理解できない人たちがイッパイいるわけで,そういう人たちには,どう説明したら納得してもらえるのだろう。

 ・こういう事件は「対岸の火事」としてしかみていない
 ・「明日はわが身」とは考えない
 ・情報は持ち出さないと,勤務先だけでは仕事ができない
 ・持ち出し許可があれば持ち出せるが,どの情報を持ち出すのかを上司に届けることは面倒
 ・万が一漏洩したらどのような事態になるかの想像力が欠如している(と私は思う)
 ・万が一自分の失敗が表ざたになったら,運が悪かったと思う(のだろう)。
 ・表ざたにならなきゃ,問題はないと考えている
 ・身近にトラブルを起こした人がいても,そのせいで自分たちの行動が規制強化されるのは理不尽と思う
 ・規制強化ではなくて,「いままでの運用と同じ」なのに,「規制が強化された」と感じるのは,いままではその規制を無視していたことを暗黙のうちに語っていることに気づかない

ということであろうと,このところヒシヒシと感じてしまうわけです。
[PR]

by ji3faf | 2007-05-23 21:04 | 情報教育
2007年 05月 23日
大阪弁講座
でんねん~試験にでる?大阪弁~ちゃうちゃう編
TVバラエティ / / ポニーキャニオン
ISBN : B000N3TZKK
スコア選択: ※※※※※
単語帳付き。微妙なニュアンスも良く分かります。

でんねん~試験にでる?大阪弁~ぼちぼち編
TVバラエティ / / ポニーキャニオン
ISBN : B000N3TZKA
スコア選択: ※※※※※
単語ノート付き。微妙なニュアンスも良く分かります。

いやー,よくできたDVDです。語学学習のポイントをしっかり押さえています。微妙なニュアンスの違いが「スキット」(というよりコントです)でよくわかります。

●でんねん編:
 「ちゃうちゃう」「いちびり」「うっとこ」「なんぎ」「さん,はん,つぁん(名前の語尾による敬称の変化)」「何しとんねん,何さらすねん,何さらしてけつかるねん(怒りの形容詞の変化)」
●ぼちぼち編
 「ほたえる」「うだうだ」「ちゃっちゃと」「ちょかちょか」「やんぴ」「どついたろか,しばいたろか,いてこましたろか(怒りの度合いによる変化)」「すんまへん(2種類の場面あり),ちょっとすんまへん,すんまへんでした,すんまへんけど(ニュアンスのちがい。Excuse meとI'm Sorryとか,PleaseとThank youの違いのようなもの)」

 でも,大阪弁講座なので,京都弁の「いけず」はでてきまへん!(^^)!
[PR]

by ji3faf | 2007-05-23 20:01 | その他
2007年 05月 23日
教育機器を利用するときに気遣うべきこと
■京都新聞 2007年5月21日
 携帯型ゲーム機使い英語学習 八幡市内4中学校で始まる
 市教委や上智大文学部英文学科の池田真准教授が、対象生徒に実施した学習効果調査では、5カ月間で生徒の語彙(ごい)数が平均で約360語から420語増えたことが分かった。語彙数が1300語だった生徒は実施前には全体の19%だったのに対し、実施後は79%に増え、英単語学習に効果があることが分かった。

■毎日新聞 2007年5月22日
 ニンテンドーDS:授業に導入 英単語学習「めざましい効果」--京都・八幡市教委
京都府八幡市教委職員が提案した人気携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」用の英単語学習ソフトを中学3年の授業で使ったところ、わずか5カ月で語彙(ごい)が平均4割アップしたことが、同市教委などの実証実験で分かった。実験に協力した池田真・上智大准教授(英文学科)は「全国の中学生の3割程度しかいない英検3級に匹敵する学力が付いた計算で、めざましい効果があった」と分析。


 たしかに効果があるでしょうし,効果があったのでしょう。でもひとつ忘れて欲しくないことがあります。
 この手の学習方式では「適正処遇交互作用(ATI)」を考慮に入れる必要があることです。つまり,「この学習方式を採用したために成績が下がった」というグループが恒に存在しうる(存在するとは限りません),ということです。
 マスコミや保護者は「平均的に成績が上がった,という事実」だけに目を向けますが,それはあくまでも「(それが大多数であっても)ある種の学習者にとっては」という条件が付くことを忘れてはいけない,ということです。

 間違えて欲しくないのは,この学習方式を非難しているのではありません。
 この学習方式で成績が上がらなかった生徒がもし存在した場合,「さぼってるから」というレッテルを機械的に張ってしまう先生が存在するだろうことを危惧しているだけです。
[PR]

by ji3faf | 2007-05-23 13:53 | 情報教育
2007年 05月 23日
2セグメントを対象にしたDHCPで
1台のDHCPサーバが,2セグメントにIPアドレスをリースしていると思ってください。

1)Aセグメント(下の例では192.168.2.0/24)では自由にパソコンを接続させることができるようにしています。そのため,IPアドレスをプールしている上限までIPアドレスをリースします。

2)Bセグメント(下の例では192.168.1.0/24)は,MACアドレスで制限をかけています。登録したマシンのみがIPアドレスをリースされます。

3)利用者は,同じパソコンをAセグメントでも,Bセグメントでも利用することがあります。このとき許可されていないパソコンをBセグメントに持ってきたときにはIPアドレス(及びデフォルトゲートウェイとかの情報も)はリースされません。

ということを実現したいとき,
 deny unknown-clients;
を使うことはできません。というのはhost定義(で定義したMACアドレス)はスコープに限定されず,グローバルに利用されるからです。ですから,「片方のセグメントでだけ許可したい」と設定したつもりでも,両方のセグメントで許可されてしまいます。

 こういうときにはK氏から「Class」定義が活用できるはずと教えてもらいました。やってみると実にうまくできました。DHCP―ホスト設定サーバの設定・運用・管理
江面 敦 / / テクノプレス
スコア選択: ★★★★★

この本の6.6節 133~134ページにallowとdenyの表が書かれています。
■許可(allowステートメント)
 allow members of "クラス名";
  指定クラスのメンバーであるクライアントに割り当て可
■禁止 (denyステートメント)
  deny unknown clients;
hostステートメントを持たないクライアントは割り当て禁止

ということなので,
class "OKMEMBER" {
  match hardware;
}

subclass "OKMEMBER" 1:xx:xx:xx:xx:xx:xx;

subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
  pool {
    range dynamic-bootp 192.168.1.129 192.168.1.250;
    allow members of "OKMEMBER";
  }
  default-lease-time 86400;
  max-lease-time 432000;
  option subnet-mask 255.255.255.0;
  option broadcast-address 192.168.1.255;
  option routers 192.168.1.1;
  option domain-name-servers 192.168.1.1;
  option domain-name "in.sample.co.jp";
}

subnet 192.168.2.0 netmask 255.255.255.0 {
  range dynamic-bootp 192.168.2.129 192.168.2.250;
  default-lease-time 86400;
  max-lease-time 432000;
  option subnet-mask 255.255.255.0;
  option broadcast-address 192.168.2.255;
  option routers 192.168.2.1;
  option domain-name-servers 192.168.2.1;
  option domain-name "sample.co.jp";
  option ip-forwarding off;
}

のように設定すると,192.168.1.0/24のセグメントではMACアドレスを登録したマシンだけにIPアドレスがリースされます。

そうそう,重要な点が2つ。
■注意1■
 「deny unknown clients;」と併用しない。これを定義すると,表にあるようにhost定義が別途必要になります。

■注意2■
「subclass」でMACアドレスを定義しますが,MACアドレスの前に「1:」が必要です。この「1:」が「EthernetのMACアドレス情報である」ことを示すフラグだからです。
[PR]

by ji3faf | 2007-05-23 12:33 | システム管理


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map