<   2006年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 30日
またまた雷撃かと思ったら
日曜日に復旧させたサイトを中継基地として,無線LANで公民館を接続しているんですが,そこから「接続できない」という連絡。
 日曜日に復旧し,月曜の18時までnagiosが正常だと報告していたことは確認済み。
 そういえば,月曜の夜も「ゴロッ」と鳴っていたなぁ,と思いながら交換用の無線ブリッジや工具をもって出動準備。日曜日と違って,中継用のインテリジェントハブは生きているので,ポートステータスをチェックすると,やはり無線ブリッジのポートはOffLine。

 現場に到着して,LANケーブルは正常にハブに接続されていることを確認。さて電源コネクタは…
なんと,無線ブリッジの電源をとっているパソコンデスクの電源スイッチが切られている!
 スイッチには
  「触るな! 常にON」
と書いたテープでスイッチを隠していたんですが,テープを片開きにして電源スイッチが切られてるという状態。このスイッチはランプ内蔵型のスイッチなので,暗い場所で見ると光っているのがみえるから消し忘れと思われたみたい。
 とりあえず,電源をいれたら,無事接続できたと連絡があったので,事故防止のため,別のコンセントを探すことにしました。レイアウト変更でコンセントの余裕がありそうだったからです。
 案の定,テーブルタップを整理すると,このコンセントを使わずにすんだ上に,パソコンデスクうらのケーブル通しの中に隠れていたテーブルタップも回収できました。

 あとで管理職に聞くと,
夜警さんが「電気の切り忘れがあったので切っておきました」と今朝引継ぎをうけたけど,それだったとは…
とのこと。テープでスイッチを触れないようにしても,光っていたら「切り忘れ」と思うのでしょうね。
 
[PR]

by ji3faf | 2006-08-30 00:32 | システム管理
2006年 08月 28日
夜回り先生」が講演中止
asahi.comの
 「夜回り先生」講演を突然中止 「中継では伝わらぬ」
や西日本新聞の
 夜回り先生講演中止 「モニター中継話伝わらぬ」 宮崎・PTA全国研究大会
によると,第54回日本PTA全国研究大会みやざき大会の記念講演が中止になったそうです。
 日本PTA全国協議会のホームページでは全国大会の情報が入手できませんね。
 日本PTA全国協議会の情報開示に積極的ではないということでしょうか。私も,小学校のPTA会長も中学校の本部役員もやりましたが,印刷物は経費がかかるので大変でしょう。でもインターネットのホームページくらい単位PTAから加盟費を徴収しているのですから説明責任は果たして欲しいです。

 さて,講演中止の理由ですが,朝日新聞によると
会場が複数あることは事前に文書で伝えていたが、モニター中継は説明しておらず、双方の認識に隔たりがあったとみられる。
ということですが,先に報告した全国高校PTA連合会秋田大会でも主会場と副会場に分かれていました。副会場ではモニター中継だったはずです。昼食時のアトラクションは副会場から主会場に中継されるなど,双方向中継してました。
 この全国高校PTA連合会秋田大会公式ホームページの「開催日時・場所」でも,「副会場は講演はテレビ中継です」と明記された箇所は見当たりません。たぶん想像できるし,書いていないのでしょう。記念講演者の佐々木 毅氏や全体会の出演者である浅利 香津代氏,山谷 初男氏には中継することで事前の了解を得ていたのでしょう(きっと)。

 それが,今回は「常識的に判断してもらえる」と思って一言も説明していなかったようです。だからこそ,「私はうそつきは嫌いだ」という発言がでてくることになって,大会関係者は大慌てだったでしょう。でも,私は水谷さんの
コンサートでも、その場で生の声が聴けないと知ったら怒るでしょう
にとても納得しました。講演者としての責任を持つというのはこういうことなんですね。
聴衆に事前説明がなかったことも失礼だ
とも言っておられたそうですが,副会場が複数あるから参加者は覚悟していたんじゃないですか?

 西日本新聞には,
宮崎市内のPTA役員の男性(50)は「直接の話し掛けにこだわるなら、なぜテレビに出るのか。遠方から休みをとって来た人もいるのに」。広島県からバスで来た女性も「これだけ大勢の人がいるのに…。教育者としてあんまりです」と話していた。
とありますが,講演する側からいうと,最初から遠隔会場に向けてテレビだけで話す場合を想定した準備と,直接聴衆の面前で話すだけの場合の準備では内容や構成などまったく違うはずです。テレビ会議システムを利用した遠隔教育をやっていると,その違いがわかります。カメラマンがどこを大写しにしているかなどを考えながら話さないといけないし,そういうカメラマン・ディレクターとの打ち合わせもないテレビ中継というのは講演者にとって失礼極まりないものです。「なぜテレビに出るのか」ということですが,テレビ出演は最初からディレクターと打ち合わせがあります。テレビで講演している人だから,ぶっつけ本番の中継でも大丈夫だと思ってのことでしょうが,これは話のすり替えであって,その違いに開催地の役員の方が気づいていない証拠です。

 これは,大会主催者の「講演者は,単に話をするだけ」という思い込みと講演者にたいする失礼な思い込みが招いた大失敗でしょう。
 講演というのは,聴衆や,講演会場,その時期によって,きちんと話題を変えるんです。きっといままで,手抜きの(といったら失礼ですね。「大人の」といいましょう)講演者に依頼した経験しかなかったのでしょう。
[PR]

by ji3faf | 2006-08-28 23:03 | PTA
2006年 08月 27日
とりあえず復旧
昨日の雷雨で止まったままのシステムが復旧。

■1■
 復電したけど、UPSがアラームを出しっぱなしにしていたため、復旧せず。UPSをいったん停止して、再起動したら復旧。

■2■
 別のサイトでは、電源を切断し、5分ほど完全放電してから電源を入れると基幹ハブが復旧。しかし、4ポートが新たに死んだ。これで余裕のポートは無くなったし、いつとまるかわからないので、予備と交換。

■3■
 別のサイトでは、無線ハブで公民館と接続しているのだか、そのためのタグポートを持ったL2ハブが死んでた。ここも電源を切断し、5分ほど完全放電してから電源を入れると復旧。死んだポートはなく、無線ハブも正常に稼動している。

■4■
 たまたまキュービクル交換で午前7時から停電していたサイトも午後6時40分には復旧。

というわけで、昨日のトラブルからようやく復旧。
[PR]

by ji3faf | 2006-08-27 22:11 | システム管理
2006年 08月 26日
全国高等学校PTA連合会大会 秋田大会のこぼればなし
■めずらしい切符
b0017061_2234913.jpg

よくこの切符を見てください。連続切符です。「京都→(北)福島」と「(北)福島→京都」の連続切符。
 全国から1万2千人があつまるとなると,飛行機や鉄道も簡単には予約できず,キャンセル待ちでした。
 行きは京都→東海道新幹線経由→東京→東北新幹線→福島
  →山形新幹線→新庄→奥羽本線→横手
というルートで,横手に宿泊(特別第1分科会会場)のため途中下車という形式。
 中央会場とはシャトルバスで往復。

 帰りは,横手→奥羽本線→大曲→秋田新幹線→盛岡→東北新幹線→福島
  ここで「連続1」切符がおわり。
  つづいて,「連続2」切符で,
  福島 → 東北新幹線 → 東京 → 東海道新幹線 →京都

あー,この連続切符の意味がわからなくて,某氏は帰り支度で「連続切符1」を宿舎のゴミ箱に捨てていったため,駅の改札でてんやわんや。 とりあえず,切符紛失ということで入場し,宿舎に連絡したらゴミ箱から見つかったということで,京都に郵送してもらうことに。これで紛失切符がでてきたので後の処理は簡単なはず。
 ちょっとしたハプニングでした。



■竿灯
 ハプニングといえば,大会昼食時のアトラクションの竿灯でもありました。
b0017061_22134831.jpg

b0017061_2214368.jpg

b0017061_2214953.jpg

この写真のように,かなり迫力のある場所でみてました。3基のうち1つが客席が邪魔になって,転倒。おー,すごいと思うまもなく,別の1基で大きな「バキッ」という音と共に「継ぎ竹」が折れて転倒。すぐ横にいたので,いやー,びっくりしました。
[PR]

by ji3faf | 2006-08-26 22:17 | PTA
2006年 08月 26日
また雷雨
今日は勤務先のイベントが大阪で開催され懇親会を終えてご近所の先生に送ってもらったら自宅方面で稲光が頻繁に発生。いやな予感がして監視システムを遠隔でみたら小学校1校と中学校1校が完全に停止状態。さらに別の中学校から公民館への接続用ルータも切れてる。
 うーん,明日は別の小学校でキュービクル交換のため停電なんだけど,これだけ雷にやられると参ってしまう。リセットだけですめばいいけど。
 いまだにゴロゴロ雷鳴が聞こえています。

■22:20追記
 中学校1校は復帰した模様
[PR]

by ji3faf | 2006-08-26 22:02 | システム管理
2006年 08月 25日
センター側の回線工事(後編)
さて,ようやっと後編にたどり着きました。でも,まだ終わりにはたどり着いていません(;_;)

プロバイダの切り替えでやり取りが大変でした。

■1■セカンダリサーバのFQDN問題
今回プロバイダを切り替えるドメイン名は,すでにプロバイダ切り替えを経験済みでした。
ですから,プロバイダ側から手続きについての指示書が来る3週間前に,TTL値を1日から1時間に,10日前には10分に,4日前(金曜日が切り替えなので,月曜日)には5分にと順次減らしておきました。

さて,問題は切り替えの10日前に起こりました。セカンダリサーバはプロバイダのDNSサーバを借りることにしていました。プライマリサーバはこちらなので,ドメイン名維持管理会社移転に伴う,ドメイン登録申請や,逆引き権限委譲で,セカンダリサーバの正引きFQDN名を,こちらのドメイン名にして提出しました。
プライマリサーバのFQDN: xxx.▲▲▲.ed.jp
IPアドレス      : XXX.XXX.XXX.2(こちらに新規に割り当てられるネットワーク)
セカンダリサーバのFQDN: ns2.▲▲▲.ed.jp
IPアドレス      :プロバイダ指定のセカンダリサーバのIPアドレス
というわけです。
 すると,プロバイダから,セカンダリサーバのFQDNは,プロバイダのドメイン名で登録すると連絡がきました。このような申請は見たことがないというのです。
 プライマリサーバはこちらで持ち,トランスファーするので,正引きの場合のセカンダリサーバのFQDNはこちらのドメイン名でないと.jpのDNSサーバに負担をかけるし,BINDのバージョンによってはグルー情報が得られなくて引けない場合もありうるのではないかと,申し出たわけです。
 具体的に言うとJPRSのWOISサービスでドメインを検索したときに
p. [Name Server] xxx.▲▲▲.ed.jp
p. [Name Server] ns2.▲▲▲.ed.jp

と表示して欲しかったわけです。でもそれが理解されないみたいでした。「営業担当を通じての伝言ゲームになっているのかな?」という感じでした。そこで,こちらの意図の理由の参考資料として,  http://jprs.jp/tech/material/IW2004-DNS-DAY-internal-hostname-in-nameserver-minda.pdf
をプロバイダの営業担当者に連絡しました。

ところが,返ってきた返事は,
 1)当社のDNSサーバはきちんとグルー情報を返すので,古いネームサーバを利用している相手にも検索できる
 2)ドメイン空間が異なるネームサーバが登録されていても,.ed.jpと.ne.jpのネームサーバが検索され,貴社のネームサーバの情報を応答するから大丈夫
というものでした。

 そのドメイン空間が違う
  →別のドメイン空間の検索をしなければならない
  →その検索の負荷を.jpのDNSサーバにかけてしまう
  →この負荷が無駄な負荷であろう
  →これが不可避ではなく,設定だけで回避できるという話のつもりなんだけど?
といったんですが,通じない(-_-;)
 ま,最終的には話が通じたようで,現在JPRSのWHOISで検索すると
p. [Name Server] xxx.▲▲▲.ed.jp
p. [Name Server] ns2.▲▲▲.ed.jp

のようになってます。
 でも,ここまでくるのに2週間かかりました。

■2■プロバイダ切り替え時のネームサーバ二重登録
実は,こっちのほうが問題でした。
 プロバイダ切り替えの時に,新旧プロバイダで同じFQDNのネームサーバが違うIPアドレスで登録されないようにするため
p. [Name Server] new-xxx.▲▲▲.ed.jp
p. [Name Server] old-xxx.▲▲▲.ed.jp
という存在しないFQDNのネームサーバがJPRSに登録されていました。

 そういう手続きをするという話はきいていませんでした。
 プロバイダからは,
標記につきまして、変更完了いたしましたので、ご連絡させていただきます。

<指定事業者変更完了のご連絡>

以下の指定事業者変更が完了し、ドメイン名は貴社の管理下に移りました。

# BEGIN_DATA_BLOCK
[申請種別] 指定事業者変更
[ドメイン名] ▲▲▲.ED.JP
[組織名] ▲▲▲市立小中学校間ネットワーク
[変更元指定事業者略称] PNJ-C
[変更元指定事業者名] KDDI株式会社
[変更先指定事業者略称] xxxxxx
[変更先指定事業者名] 株式会社xxxxxxx
# END_DATA_BLOCK

=======
<指定事業者変更完了のご連絡>

以下の指定事業者変更が完了し、ドメイン名は貴社の管理下に移りました。

# BEGIN_DATA_BLOCK
[申請種別] 指定事業者変更
[ドメイン名] ▲▲▲-BE.●●●.■■■.JP
[組織名] ▲▲▲市教育委員会
[変更元指定事業者略称] PNJ-C
[変更元指定事業者名] KDDI株式会社
[変更先指定事業者略称] xxxxxxx
[変更先指定事業者名] 株式会社xxxxxxx
# END_DATA_BLOCK


新旧の仮プライマリDNSへの二重登録申請は、本日させていただきますので、
8/18の設定変更につきましては、予定通りおこなっていただけるかと思います。
弊社セカンダリDNSへの転送は、8/18切替結果を8/21に確認させていただき
実施させていただきたいと考えております。

尚、不要なトラブルを避けるためKDDI様にセカンダリDNS情報の削除を、8/18にして
いただくようご連絡をお願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

だけで,どのような登録になったのかの連絡はありませんでした。地域イーサネット網の切り替えでトラぶっていた(光インターフェースが必要だとわかって,入手にてんやわんやの真っ最中)だったので,そこまで気が回らなかったのです。
 でも,K氏はすぐに気がついて,「これおかしくないですか?」と連絡してくれたのです。

 さっそくプロバイダに連絡したところ,
  ・プロバイダ移管のときは,このような方法を使う
  ・存在しないFQDNを使ってもIPアドレスが存在するから大丈夫
と,私たちには理解不能な返事。実際にK氏のほうからは正引きできなくなったとのこと。

 なんど問い合わせても「大丈夫」の一点張り。
 そこで,日曜日にCECのOSPプロジェクトでもお世話になっている,日本のインターネットの世界では知られているA大学のO先生に相談したら「なんですか、これ???」という返事。
 「でも,JPRSがなんかの指導をしているかも知れないので,教え子のU氏@JPRSに聞いてみれば?」ということなので,連絡はしたけど,返事は来なかった。忙しいからしかたないよね!(^^)!

 K氏は「やっぱり引けないから,ゾーン情報に『new-xxx.▲▲▲.ed.jp』を登録しよう」といって,存在するFQDNにして引けるようにしました。

 ※※※どなたか,こういう風にするものだという情報をお持ちですか?

月曜日になって,「移行期間を終わらせたいのですが」とプロバイダから連絡がきたので,「頼むから存在しない,かつこちらから申請もしていないFQDNの登録を速やかに削除して」といいました。


■3■sun.comが引けない
日本サン・マイクロシステムズのホームページが見えません。というか,sun.com以下のDNSが引けなくなっちゃいました。

$dig jp.sun.com +trace

; <<>> DiG 9.3.1 <<>> jp.sun.com +trace
;; global options: printcmd
. 216911 IN NS g.root-servers.net.
. 216911 IN NS h.root-servers.net.
. 216911 IN NS i.root-servers.net.
. 216911 IN NS j.root-servers.net.
. 216911 IN NS k.root-servers.net.
. 216911 IN NS l.root-servers.net.
. 216911 IN NS m.root-servers.net.
. 216911 IN NS a.root-servers.net.
. 216911 IN NS b.root-servers.net.
. 216911 IN NS c.root-servers.net.
. 216911 IN NS d.root-servers.net.
. 216911 IN NS e.root-servers.net.
. 216911 IN NS f.root-servers.net.

;; Received 420 bytes from 127.0.0.1#53(127.0.0.1) in 8 ms
com. 172800 IN NS a.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS g.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS h.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS c.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS i.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS b.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS d.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS l.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS f.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS j.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS k.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS e.gtld-servers.net.
com. 172800 IN NS m.gtld-servers.net.
;; Received 488 bytes from 128.63.2.53#53(h.root-servers.net) in 205 ms

sun.com. 172800 IN NS ns1.sun.com.
sun.com. 172800 IN NS ns2.sun.com.
sun.com. 172800 IN NS ns7.sun.com.
sun.com. 172800 IN NS ns8.sun.com.
;; Received 164 bytes from 192.5.6.30#53(a.gtld-servers.net) in 214 ms

;; connection timed out; no servers could be reached

という状態。プロバイダと接続しているルータの設定が原因かも知れないので,
 プロバイダとナンバードで接続しているWAN側の設定にあわせてWindowsXPのIPアドレスを設定
 このとき,ネームサーバもプロバイダのネームサーバを登録
プロバイダの光コンバータからルータのWAN側に刺しているLANケーブルを上記の設定にしたWindowsXPでJP.SUN.COMを引いてみると引ける。

C:\>nslookup jp.sun.com
Server: ns2.xxxxx.ne.jp
Address: xx.xxx.xxx.xxx

Non-authoritative answer:
Name: jp.sun.com
Address: 72.5.124.18

つぎに,プロバイダの光コンバータからのLANケーブルをゲートウェイルータ差し戻して,
 ・WindowsXPのIPを当方のグローバルアドレス
 ・デフォルトゲートウェイはルータ
にした上で
 1)DNSサーバをプロバイダのモノに設定 → 上と同じく引ける
 2)DNSサーバをこちらのモノに設定   → sun.comで引けなくなる

まだ調べることがいっぱいありそう。
にほんブログ村 IT技術ブログへ
[PR]

by ji3faf | 2006-08-25 17:53 | システム管理
2006年 08月 23日
明日から高校PTA全国大会
ネットワークがちょっとばかり不安定なのが気になる中,ネットワークがつながるかどうか分からないホテルに2泊の予定。
 携帯電話はつながるだろうけど,PHSはわかんないし。

 東京駅の乗り継ぎ時間を行きかえり共に時間をとったから,モバイルスポットでなんとかなるか。
[PR]

by ji3faf | 2006-08-23 01:26 | PTA
2006年 08月 22日
ネットワークのトラブル
日経ITProに
  IP電話で「ヒヤリ!」「ナゼ?」
という特集があります。
 これ,IP電話のトラブルの集大成ということになっていますが,実は
   安定したネットワークのトラフィックを確保するためのトラブル集大成
です。
 それまで安定していたと思っていただけで,実はトラブルを抱えていたり,ちょっとしたミスでトラブルを抱え込んでしまったりしたことの集大成です。
 WWWブラウザやメールしか使っていないときは少々のパケットロスがあっても気づかなかったのが,IP電話のようにリアルタイム性が要求されるUDPパケットを安定したトラフィックで通信する必要性がでてきたことでトラブルが判明するわけです。

 このトラブル脱出のノウハウは,そのままIP電話以外にも有効です。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
[PR]

by ji3faf | 2006-08-22 04:47 | システム管理
2006年 08月 22日
センター側の回線工事(中編)
前編ではGBICが入手できたところまででした。

さて,アライドのえらいさんに持参してもらったGBICですが,それを設定するのはどうするんだっけとマニュアルを読むけど探しあたらない。
そこは,メーカの方。ポート番号が違うだけということなので,ポート番号だけをGBICをセットしたポートの番号にするだけですぐに稼動。

b0017061_3144467.jpg


でも,サーバ用のラックにハブを入れるとケーブルをうまく収容できないんです。この写真のようになってしまって,前扉を閉めるとケーブルを折ってしまうことになるため,結局扉を取り外すことになりました。

 これで,地域イーサネットはばっちり回復。Netperfで調べて,どのサイトへも40Mbps程度の速度がでました。

 あとはインターネットなんですが,これが大変。
 外部セグメントに設置しているサーバのIPアドレス変更や,DNSのゾーン情報の変更,メール関係の設定は準備してたのですんなりことは進んだのですが,プロバイダ側とのやり取りですったもんだが発生しました。
 これはいまだにナゾなので,また次回。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
[PR]

by ji3faf | 2006-08-22 03:49 | システム管理
2006年 08月 21日
ネットデイを振り返る
ネットデイ活動の仲間である山城君が,9月2日に「第14回 卵ランフォーラム」で発表します。

当日の発表等の案内:
 http://www.jsise.org/jsise-yr/vol14/

レジュメはここからダウンロードできます。

 お時間のあるかた,香川でおいしいうどんを食べながら発表を聞いてあげてください…
と書こうとしたけど,事前参加申込先の締め切りがおかしいや。
 「8月20日 (金) までに」となっているけど,8月20日は日曜日だし。

にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]

by ji3faf | 2006-08-21 20:54 | 情報教育


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map