<   2006年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2006年 05月 19日
異性の親友はできるか
ひさびさに、映画ねた。

記録としては
 3月11日 イーオン・フラックス
 4月 1日 スピリット
    8日 ファイアーウォール
   15日 名探偵コナン
   22日 プロデューサーズ
5月13日 海猿

■ファイアーウォール
 ぜんぜんコンピュータの話とちゃいます。ソーシャルセキュリティーの話。しかし、いまだにハン・ソロのイメージのままの演技ができるっちゅうのもすごいなぁ。

■名探偵コナン
 毎年家族で見に行ってます。さすがに今年はエンドロールの途中で帰る人はいませんでした。

■海猿
 恋愛研究会の部長だったということで、「異性の親友はできるか」とかを研究していたというシーンがあります。
 わたし、異性としてみられていなかったのか、結構女性の友達がいます。いまや某大学の教授になってる「モコ」、ファンタジーの世界とケーキの世界にいざなってくれた「マロ」、今の職業につくことになった原因(?)を作ることになったお姉さんのいる「タム」。ほかにも、卒業後は年賀状の交換だけで昨年急逝との通知でがっくりきた「アキコチャン」、相続でにお世話になった/なってる「ヨーコチャン」。ヨーコチャンのマンションでPCの保守をしながら、会社経営の話とか愚痴のこぼしあいなのに気分が晴れ晴れする会話でもりあげてくれる「カットン」。
 いまだに、これだけのお付き合いがあるんだなぁとしみじみ思ってしまう。

 タムのおうちでは晩御飯を時々ご馳走していただいてたんですが、大学合格が決まったときには、タムのお姉さんに大学で、どの授業をとったらいいのかとかを懇切丁寧にご教授いただき、使わなくなった一般教養の教科書やノートをいただきました。
 そのお姉さんは3つ上で、私が1回生になったときは4回生。一般音楽をいっしょにとりました。
 何を隠そう、N園先生の「情報処理」をとったら、と薦めてくれて教科書までくれたのがこのお姉さん。これがN園先生と長いお付き合いになるきっかけとなったのでした。ここで「情報処理なんか駄目よ」といわれてN園先生と出会っていなかったら、いまの私はどんな仕事をしてたんだろうなぁ、と思います。

 で、何がいいたいのかというと、「異性の親友ってできるんじゃない?」と思ってるってことです。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-19 02:08 | 映画
2006年 05月 18日
電源断で壊れたルータ
3月にネットデイをした学校から、ネットワークが使えなくなったとの連絡。
 ・パソコン単体はきちんと動作する
 ・IPアドレスをDHCPではなく固定にしたら、おなじネットワークにあるプリントサーバが使える
 ・外のネットワークとは通信できない
という現象で、DHCPサーバを兼ねているBBルータ(NP-BBRM)が原因ではないか、とのことでした。

 現地にいってみたら、BBルータのステータスランプが橙色に点灯したまま。
ケーブルをすべてはずし、電源を切ること30秒。その後電源をいれ、自己診断20秒(マニュアルにそう記載されている)以上待ってもステータスランプは橙色のまま。
 これではリセットボタンを押して工場出荷状態にもできない(自己診断が正常終了したことを示す「ステータスランプの橙色が消灯」しない)。

 ルータの修理期間中は、某所にあった予備のBBルータ(AR230E)を借りるということで、取りに行って、Firmwareのバージョンアップして設定。

 しかし、雷撃にあったわけでもなく、全館停電でBBルータが壊れるとは。ちなみにサーバもシャットダウン処理をしなかったようで、こっちが「壊れた、起動しない」というのなら「さもありなん」だったんですが、サーバは何事もなかったように起動したそうです。

 学校って、ほんとに何が起こるかわからないです。

==
 この作業してたら、『アライドテレシスRoadShow2006(大阪)』に行くことをすっかり忘れてしまってた。T川さん、ごめんなさい_(._.)_
[PR]

by ji3faf | 2006-05-18 23:01 | システム管理
2006年 05月 17日
恩師のお通夜
遅刻はしたものの、高校の数学を教えていただいた先生のお通夜にいってきました。
 ご子息(喪主さん)の奥様はクラスメート。

 先生には、定期テストで最高点と夏休み明けの確認テストで最低点をもらいました。

最高点のときは、自分では「完璧!」と思ってたんです。
 でも、職員室に呼び出しを食らって、
ふつうならなー、「100点やろか」となる答案や。でもな、途中で式が抜けてる。自分では「自明や」と思ってぬかしたんやろ。でもな、数学というのは「論理的な思考」を勉強するんや。その論理をきちんと示すのが、数学の授業の意味なんや。答えがあってるかどうかなんて、お前にはどうでもいいやろ、ちゃうか? だから、減点するからな。

と説教を食らいました。

 いや、このとおりの言葉ではないとおもいますよ。30年以上前のことですから。
でも、この意味することはいまだに忘れられません。
 
[PR]

by ji3faf | 2006-05-17 23:12 | その他
2006年 05月 16日
全高P連 健全育成委員会調査報告
全国高等学校PTA連合会は「(社)全高P連会報」を発行しています。
会報が「PTA新聞」のボタンでリンクされているのに違和感があるんですが、それは個人差があることですし、しかたないですね。

さて、会報第54号の3~5ページに健全育成委員会調査報告が掲載されています。
http://www.zenkoupren.org/news/news54.pdf
 委員長は京都府高P連の会長で、報告者の木原先生は、その1年前の「全国高校生性意識調査」の報告でも、性のネットワークもかなりのモノで、「こりゃエイズがふえるわ」状態だということを明らかになさってます。昨年の京都府高P連総会の後の講演でこの話をきいてビックらこいたというわけです。報告は、会報第51号に掲載されています。
 http://www.zenkoupren.org/news/news51.pdf

さて、会報第54号の報告なんですが、「自傷行為経験者は女子が1割に達し」とかなりの数。
 因子分析してるみたいで、家族と日常会話しているか、食事をしているか、携帯電話の使用状況(所持率は男子94%,女子98%なので因子にならん)を調査してます。
 秋田の全国大会でこの話を聞こうと思うと横手会場だそうで、離れすぎでいけそうにないです。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-16 23:14 | PTA
2006年 05月 16日
ICANN アダルト専用ドメイン「.xxx」新設を否決
MSN-Mainichi INTERACTIVE eラーニング学校の、「文科省のガイドラインに合わせた情報教育ソフトを開発 スズキ教育ソフト」にも興味をもったのですが、システム管理者としてはそれ以上に、
 ICANN:アダルト専用ドメイン「.xxx」新設を否決
に目が行っちゃいました。
 米国の保守系団体などから、ポルノの正当化につながるなどとする強い反発があったようです。
.xxxxができたら、それをコンテンツフィルタするだけでもずいぶん楽チンだとおもうのですが、登録を強制することはできないんで、効果を疑問視されたようです。
 ed.jpやac.jpにはアダルトサイトからは接続できないようにアダルトサイト運営者に強制できないのとおなじってことですかね。
 あってもよさそうだと、個人的にはおもいます。ないよりまし、って程度ですが。
 
[PR]

by ji3faf | 2006-05-16 01:01 | システム管理
2006年 05月 14日
QuickTimeだけをダウンロードするページ
QuickTimePlayerスタンドアロン版のダウンロード」というページがあったんだ。

 セキュリティホールmemoの2006年5月12日のところにリンクがあった。AppleのQuickTimeのタグからはiTuneとセットでダウンロードするページしかリンクされていないから、いつも仕方なく iTunesSetup.exe をダウンロードしてたんだけど。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-14 21:32 | システム管理
2006年 05月 14日
あぁ失敗。
某会議が開催されると、カレンダーに赤色で書いてあったのに、遠隔会議だとばかり思い込んで「のんびり」していて、寝坊までしてしまいました。
 別の会議が14:30からあると思い込んでたための失敗です。
 こっちの会議があったので、14:30の会議を来週に変更してもらったのに。

 会議用の資料は作ってあったので、議長にメールで送信して、ケータイの番号を連絡して…

あー、みなさん、ごめんなさい。

#テレビ会議とまではいいませんが、スカイプくらいつながったらちょっとはリカバリできるんですが。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-14 11:57 | その他
2006年 05月 12日
用紙とヘッドがこすれる?
自宅のiP4100Rで印刷すると、汚れが目立つようになった。
具体的にいうと、「黒」で印刷すると、用紙とヘッドがこすれて髭のように線がひかれたり、黒くシミがつくのである。
 黒インクを使用しないように、色を選択するとシミはできない。

 キヤノンのホームページのサポートで、Q&A検索してみた。
 用紙 こすれ 汚れ 黒
など、思いつくキーワードをいろいろ試したがそれらしい回答がでてこないので、サポートに電話した。
 すると、
  プリンタのプロパティ → 「ユーティリティ」タブ → 「特殊設定」
  「用紙のこすれを防止する」にチェックを入れる
という設定を教えてくれた。

 なんで、サポートページではこういうのがでてこないんだ、とおもったら、この機能を使うとプリンタの性能が発揮できないみたい。
 印刷するたびに、「こすれ防止機能が設定されているので、きれいな印刷ができないかもしれないが、それいいのか」と聞いてくる。 きれいに印刷したいのだったら、この機能をつかうなと説明のダイアログが表示される。

 きれいに印刷できないんだから、しかたないんだよー、とおもって印刷を強行すると、きれいに印刷できる。
 うーむ、これからは毎回このうっとおしいダイアログにお付き合いしないといけないのかなぁ。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-12 20:47 | システム管理
2006年 05月 12日
地毛の茶髪
「地毛の茶髪を染めないため恩師の離任式参加を拒まれた娘」
 という相談が、2006年5月12日発行の「よみうり教育メール」の教育相談に掲載されていました。

 生まれつき茶色っぽい髪の毛をした中学生が、恩師の離任式に出席しようとしたら、髪の毛が黒くないので学校にいれてもらえなかったということです。文面から見ると、今年の卒業生だったようで、「髪の毛を黒に染めなければ卒業式に参加させない」といわれて、染めたということも書かれていました。

 回答者は、いまだにそのような生活指導が続いていることを嘆き、ある教育委員会では学校に任せていると回答していること、カナダへ留学した子どもが、留学先でそのような話をして笑われたということを書いていました。

これと同じことは、わたしの近所でもありました。わたしの行きつけの散髪屋さんの娘さんも茶色っぽい髪の毛なのですが、高校の生活指導責任者から「黒に染めろ」の一点張りでその先生にいじめられていたとおっしゃってました。職業柄、
 ・染色は髪の毛を痛めるのでだめだ
 ・中学では、生まれつきの色なので誤解のないように証明書を書いてもらっていた
 ・学校はパーマや染色を禁止しているのに、「黒に染色しろ」という指導はどういう理由か
と苦情を言い続けたそうですが、「ほかの生徒に対して示しがつかないから染めろ」の一点張りだったそうです。
 その学校は、マフラーも禁止していました。田んぼ道を駅から吹きさらしの中を10分ほど歩かないといけないので厳冬期は寒いと思うのですが、マフラーを許可するとだらしなく見えるのでだめだそうです。生徒の健康より、見栄えのほうを重視していると思わざるを得ないわけです。

 実は、その学校の設立時からちょっとかかわりがあったので、その目的は理解していました。職業科の新設校だったので、生徒の通学時の様子がそのまま「学校の広告塔」の意味を持っていることを意識して、
 ・制服をきちんと着こなした、身だしなみのよい生徒
 ・そういう指導が行き届いた学校
 ・新設校であっても、優秀な生徒があつまっている
というイメージを、進路関係の行事に来ていただく企業の人事担当者や大学の入学担当者に校内での様子をみてもらうだけでなく、通学途中の電車、駅、道路での生徒の振る舞いそのものが学校の評判に直結する(特に新設校は、この評判が重要)ことを意識してのことだったのです。
 これは、新設校が抱える一般的な問題です。新設校は、中学の進路指導の先生がどのランクの生徒を受験させてよいかの判断材料がないため、いろんな成績の生徒が入学するため、生徒指導(生活指導)がたいへんで、学校の評判も生徒の服装で判断される(たとえばひとりでもシャツのすそを出して通学していると「だらしない生徒が通っている学校」となる)わけです。
 自然と服装指導を強化せざるを得ないという状況だったのです。
 いまから20年近くまえのことなのですが、そのような時代をすごした生活指導の先生には、いまだに「服装の乱れ」=「学業成績の低下」という意識のままなのでしょうね。

 私は、小学校から大学までずっと私服でした。中学・高校はキリスト教系の私学でしたが、当時は公立の高校も私服がほとんどでした。ネックレスも宗教上の理由で身につけている生徒はけっこういました。
 高校2年のときだったかな、生活指導部から
ネックレス、ブレスレット、アンクレットは宗教上の理由など特別の場合を除き、禁止する。マニキュア、ペディキュア、刺青は宗教上の理由があっても許可しない
みたいな掲示があって、びっくりしたことがあります。
 「校章をつけろ」という学校が多い中
校章をつけていると、恐喝の目標になることがあるから、強制はしない
という指導もありました。

 私が大学生および、卒業のころは、荒れた中学の時代です。同級生は中学に赴任すると、先輩の先生から「すぐにネクタイをはずせ」と注意を受けたそうです。わたしも、講師をしているときに同じような注意を受けました。全日制と定時制の両方にいたものですから、夜間は暗くて顔がよく見えないから、他校の生徒の出入りとか、生徒でない人物が学校に侵入することもあったのです。
 ・階段に足を踏み入れる前には、まず上をみろ
 ・校舎の壁際は歩くな
 ・1階の職員便所の窓は常に開ける(窓からレンガを投げ入れられて骨折の事例あり)
という時代でした。

 その時代に「エキスパートシステム」を使って、データとして生活指導と服装の関係を研究している方がおられました。修論になっているはずです。服装の乱れは見事に学業や生活の乱れと相関していました。ま、学校にもよるでしょうが、そういう時代があったことは事実です。

 しかし、それが今でも続いているとは思えません。
 ヤンキーの兄ちゃんみたいな格好をした大学生が一番熱心な学生だったりするのです。服装で人を判断するな、とか、生まれつき人には違いがある、ということを教えるのが人の道だと思うのですが、どうも「生活指導」というのは「校則に従わせること」だと思っているようで、困ったものです。
 「なぜこのような校則ができたのか」という説明ができない校則は廃止すべきです。

 そもそも、校則は生徒手帳印刷会社の見本を元に決められているというニュースもあったくらいですから(おぼえているかた、おられますか?)。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-12 14:56 | PTA
2006年 05月 10日
オレオレ証明書をインストールさせるe-learningシステム
昨日、某大学で授業記録をしていた。
 たまたま、今年からその大学ではe-learningシステムの変更があって、利用の説明会がこの時期になったようだった。

 その説明のしかたも、レジュメを用意せず、PCの画面をプロジェクターに表示して淡々と進めていく(しかも補助員が3名以上いる)方式で、説明を受けている学生が、どこで戸惑っているのかまったく気づかずに説明するという状態なので、部外者の私はただ「唖然」とするばかり。

 学生の、騒然とした状態にも気づいていないで説明している。システムが更新されたため、パスワードの変更が行われていて、昨年のパスワードではログインできなくなってしまっているため、ほとんどの学生はボーゼンとスクリーンと自分のパソコンの画面を見比べているようだった。

 そのクラスの先生が異常な学生の反応が続いているのに気づいて
  「ログインできない人、手を上げて」
と言って、説明員に事態に気づかせなかったらどうなっていたことか。

 で、e-learningシステムにログインすると、
b0017061_1649242.jpg

と学内のPCであるにもかかわらず表示されるので「おかしい」と思ったので、近くの学生に「おかしいから手を上げたら?」といって、説明補助員に来てもらったら、「はいを押して」とのたまうのです。
 おー、「オレオレ証明書を使うのか」と思ったのですが、それでも何かおかしいと思ったわけ。つまり、校内の授業用のPCにすら「オレオレ証明書」をインストールしてない、ってのは確認作業が不十分なのか、はたまた「オレオレ証明書」のインストールを練習させるつもりなのか!(^^)!

そのあと、学内LANでのみ利用可能であったシステムが自宅からもアクセスできるようになったと説明していた。その説明の中で、
暗号化をしています。暗号化をしてしまうと、皆さんのパソコンは「おかしいぞ、これ」という反応をしてしまいます。それが、このような画面(上の画面をスクリーンに表示)なんです。
 これは、「この大学のe-learningのサーバが大丈夫ですよ」という証明書を発行しています。それが、そのー、みなさんのパソコンにはないので、こういう画面がでるのですけども、それをインストールする方法というのはこちらに載っていますので、これをおうちで見てください。
 上から順番に「OK」押して、「証明書の表示」を押して、「証明書のインストール」を押して、こういうふうにしてもらうと利用できるようになります。

って、その説明書を見ると、証明書のチェックは「発行先」「発行者」が「xxxx.ac.jp」であることをみるだけ。フィンガープリントの話なんかまったくナシ!

 おいおい、これでこの学校は教科「情報」の教員免許発行してるんかいな。

うーむ。「.ac」というドメインが売られていることをしらないんだろうな。メールも「オレオレ証明書」が必要なWebMailシステムに切り替わったみたいだし、
  『本校のURIが短くなりました。「.jp」ナシでも使えます。』
みたいなガセ情報をながしたら、フィッシング詐欺できそう。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-10 17:27 | システム管理


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map