<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2005年 02月 27日
ゲームで自閉症になる???
「ゲーム脳」という言葉が世間にでて久しいのですが、最近この説の提唱者である日本大学文理学部 森昭雄教授がまたもや珍説を東京の小学校で講演されたそうです。

  「最近、自閉症の発症率が100人に1人と増えているのは、ゲームのせい。
  先天的な自閉症の数は変わらないので、増えた分はゲーム脳による後天的
  自閉症だ」

とおっしゃったとか。うーむ、自閉症は脳障害のはずですが。

 講演の内容は下記に記載されています。

  「ゲーム脳講演会の顛末」(竹薮みさえ様)
[PR]

by ji3faf | 2005-02-27 22:45 | 情報教育
2005年 02月 25日
ゲット・セブン・キャンペーン
昨日、荷物がとどきました。
「着払い」なんて珍しいなぁと思いながら送り主をみると、

 パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン(株)

でした。 で、品名が
 
  スタートレック ヴォイジャー
 「ゲット・セブン・キャンペーン」

オー!、100人のうちの一人に当選したんです。

http://www.startrek-dvd.jp/vgr/news/index03.htm

にあるとおりのフィギュアでした。結構大きい。
 ロバート・ピカードさんの講演会に参加できたり、VOYAGERとは縁があるみたいです。
[PR]

by ji3faf | 2005-02-25 02:12 | 映画
2005年 02月 17日
VQSコラボの音声チューニング
テレビ会議システムは、結構チューニングが必要です。

「しなくても簡単に使える」というのは、「できないなら、すぐに化けの皮がはがれる」ということです。

さてVQSコラボですが、きれいな音声通話のためにはいくつかのコツがあります。

■コツ1: 「マイクブースト」機能は使用しない
 内蔵音源で、マイク入力の「トーン調整」ボタンを押すと
  Mic Boost
というチェックボックスがあって、これにチェックを入れるとマイクの感度が上ります。
 これは感度が上るのではなくて、入力信号を増幅しているだけです。これが良くないのは、ノイズも増幅することです。

 VQSコラボでは、音声と映像の同期を取るために、不必要な音声データをカットしているようです。具体的に言うと、「無音」データをカットするわけです。
 ところが「無音データ」が無いと、仕方なく音声データを間引かざるを得なくなるわけです。

 ずーっと音声が続くと、ときどき無音のところが発生してしまいます。これは音声・映像の同期のために仕方がないようです。
 しかし、しゃべりっぱなしでも「息継ぎ」はするわけで、ここで「無音」が発生します。この「息継ぎ」のときに「無音」だと、音声の途切れは発生しません。
 ところが、マイクブースト機能が有効だとノイズがかなりの音量で入力信号として送信されるため、カット機能が働きません。

 というわけで、雑音を減らすことが快適な会話環境への第1歩なのです。

■コツ2:雑音を減らすと、音声遅延も減ります
 コツ1で説明したように、雑音を減らすのがとても大事です。
 実は、雑音は音声遅延の原因にもなっているのです。
 VQSコラボの音声遅延は1秒未満になるように設計されているそうです。
ところが、音声データが多い(雑音がつねに入っている、マイク音量が大きすぎる)とデータ送信に時間がかかるため、音声の遅延が発生します。
 音声遅延が1秒を超えて2秒近い場合は、
  ・録音コントロールで
   -マイクの録音レベルを下げる
   -マイクブースト機能が有効なら、無効にする
  ・ヘッドセットを使い、マイクを口元に持ってくる
など工夫してみてください。

■コツ3:プロバイダによるデータ転送能力不足
 会話していて、「相手の音声がブツブツ切れる」ことがあります。
 この原因として、契約しているプロバイダの「データ転送能力が不安定」という場合があります。
 これが原因かどうかは、以下の方法でわかります。

 1)WindowsXPを使っている場合、タスクバーで右クリックします。
 2)メニューから「タスクマネージャ」を選択します。
 3)「ネットワーク」タグをクリックします。
 4)「表示」メニューの「ネットワークアダプタの履歴」で、
    送信バイト数(赤)
    受信バイト数(黄)
  にチェックを入れます

 これで、しばらく会話をしていると、赤色、黄色の線が細かいぎざぎざ線で、ほぼ真横の線になっていれば、プロバイダの通信能力は安定しているということです。
 しかし、黄色の線がガクンと下がるようなことがあれば、それはプロバイダのトラフィックが安定していない可能性が高いです。
 自分の契約しているプロバイダが原因なのか、相手が契約しているプロバイダが原因なのか、はたまたルームサーバを設置している場所のプロバイダが原因なのかは、いろいろ組み合わせて実験してみるとわかります。


追記
 雑音はどこで発生しているのかを突き止めるのには、けっこうな労力が必要です。
  ACアダプタだったりしますし、ケーブルの曲げ方を変えるだけでノイズが減ることも
あります。
[PR]

by ji3faf | 2005-02-17 00:41 | テレビ会議(VQSコラボ)
2005年 02月 03日
テレビ会議システム
テレビ会議システムが情報教育に利用できるというのは、オリジナルのCU-Seemeの時代から言われていたことです。

 目玉親父ことQ-Camも「白黒」からカラーに、パラレルからUSBにと変わりました。
 CU-Seemeも会社がころころ変わり、現在はClick to Meetになってます。

CuSeemeの頃から学校向けに販売されていた安川情報システム株式会社さんでは
 ・Click to Meet Advance
 ・Conference Server

を販売されていますが、やっぱり高価です。
 というわけで勤務先では
  
VQSCollabo

を採用しました。
 開発元のオサムインビジョンテクノロジさんとは10年近く前からの知り合いでして、音声の品質の良さはしっていました。
 テレビ会議システムの本質は音質にあります。映像が途切れ途切れでも、音さえきちんと伝わればなんとかなるのです。

 それに、NATでも使えるし、Firewallも内側から外側に 12000TCP、13005TCPのセッションを張れればクライアントは動くし。
 なんといっても価格が安いのと、トラフィック管理に面白い方法が採用されている(だから安い)ので採用に踏み切れたのです。

 一度、体験コーナーで体験してもらうと、その良さがわかると思います。

=+=+=+=+=+=+=
http://www.vqscollabo.jp/vqscollabo/support.html#Firewall
に、「プロキシーの設定されているネットワーク環境では VQSCollaboはご利用になれません。」とありますが、IEでプロキシサーバの設定ができていれば使えます。
 ただし、12000TCP,13005TCPがフィルタされていたらだめですけど。

=+=+=+=+=+=+=
ホワイトボードにはJPEGファイルを背景として表示する機能があります。

 資料作成ツール(使い方が直感的でないのでちょっとややこしい)で、現在表示中の各ウィンドウをJPEGファイルにすることができます。
 また、株式会社日本システムディベロップメントのFinePrint5を使うと、AcrobatでPDFファイルを作成するのと同じように、プリンタの代わりにFinePrint5を使うと簡単にJPEGファイルを作成できます。これで資料をホワイトボードに提示できます。
 ■ アプリケーションで「印刷」するときに、プリンタとしてFinePrintを選択します。
 ■ 適当に設定した後、下の方にある「保存」ボタンをクリックします。
 ■ 解像度「72dpi]、品質を「20」に設定し、保存先のフォルダやファイル名を設定し、「保存」ボタンをクリックすると会議で使用可能なJPGファイルが作成されます。

 当然デジカメの写真もOKです。最近のデジカメは解像度が大きいので、640*480くらいの解像度に落として使用することをお勧めします。

 私はViXで一括変換していますが、Vectorで「画像&サウンド」カテゴリー人気No3の
   縮小専用。 1.50
が便利ですね。
[PR]

by ji3faf | 2005-02-03 02:30 | テレビ会議(VQSコラボ)
2005年 02月 03日
Solaris10
昨日からダウンロードしようとしているけどぜんぜんだめ。

まる1日かけてダウンロードしているけど、6枚のCD-ROMイメージファイルはどれも1/3くらいしかダウンロードできていない。

 ミラーしてないのかなぁ。

Expressはgetしてあるけど。
[PR]

by ji3faf | 2005-02-03 02:00 | システム管理
2005年 02月 03日
NECのワイヤレスキーボードとマニュアル
昨日、NECのValuestarのセットアップをしていました。
なんでもワイヤレスキーボードタイプのマシンが壊れたので買い直しとか。

セットアップのためのWiondowsUpdateとか、プリンタなど周辺機器の最新版ドライバをサポート用ホームページからダウンロードして、問題のトラブルマシンを見てみました。

 ワイヤレスキーボードがまったく認識しないということでした。
 それで121ware.comで、ワイヤレスキーボードのトラブルをサーチするとこんな情報がでてきました。

情報番号 :000780 ワイヤレスマウス、キーボードが正常動作しない場合の対処

ここには
  =======
     なお、ディップスイッチの設定はディスプレイ、キーボード、マウスのすべてを
   同じ設定にしてください
  =======
とあります。どうもディスプレイに鍵がありそうですが、持ち主はディスプレイは単に画面表示装置だと思って持参してこなかったのです。ワイヤレスキーボードの受信機はパソコン本体ではなくディスプレイのようです。

 この情報では、
  =======
     また、無線の再登録方法については添付マニュアル「はじめにお読みください」の
  「セットアップをはじめる」の手順を参照してください。
  =======
とあるのですが、ディスプレイすら持ってこなかったくらいですから、当然マニュアルもありません。
 このページの下のほうには
   =======
   パソコン添付のマニュアルのコピーやPDF形式のCD-ROMマニュアルは
   NECマニュアルセンターにて購入することができます。

   また、購入方法は電話、FAXまたはe-mailにて受け付けています。
   詳細については下記ホームページを参照してください。

   * NECマニュアルセンター
   http://pcm.mepros.com/
  =======
と案内があります。マニュアルは購入しないと見ることができないみたいに書かれています。

 それで、いったんあきらめたのですが、121wareをサーチしていると


 PC98-NXシリーズ 電子マニュアルビューア

に行き当たりました。ちゃんとPDFで全部のマニュアルがそろってるじゃないですか。

 こっちのほうも案内しておいてくれないといけないでしょ、NECさん!

なお、このページでVALUESTARのマニュアルを見る場合は、

 「VALUESTAR NX」 をクリック
  → 右上の「--発表日をお選びください--」 のドロップダウンリストから発表日を選択
  → 機種一覧が表示される
  → 機種を指定するとマニュアル一覧が表示される
  → マニュアルを指定するとPDFファイルが表示される

という手順です。
 そういえば、マニュアルセンターでマニュアルを注文するときも、まず発表日を選択することになっていました。機種はわかっていても、発表日はわかんないですよ。
 この方法は利用者にとって不便です。
[PR]

by ji3faf | 2005-02-03 01:00 | システム管理
2005年 02月 01日
FireFoxでIE専用サイトを訪問(.Campus3)
Slashdotみてたら、

FireFoxでUAを偽わる機能拡張ツール

User Agent Switcher Extension [chrispederick.com]

というのが紹介されていたので、早速英語版をインストールした。

Version 0.6.3 [January 22, 2005]

というものだけど、とりあえず.Campus3にアクセスすることができた。

でも、
 ・掲示板は話題のメッセージタイトルだけが見える
   ホンモノのIEだと、タイトルをクリックすると内容が開くが、これだと開かない
 ・まNaviの教材をダウンロードできない
   PDFファイルなんかだとダウンロードのウィンドウに切り替わるのだけど、切り替わらない
 ・チャットはできた

というわけで、やっぱりIE専用だったみたい。
[PR]

by ji3faf | 2005-02-01 05:00 | システム管理


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map