カテゴリ:システム管理( 282 )

2009年 09月 27日
F-Secure Internet Security 2010
東京出張中に自動アップデートが働いたので「あとで」にしておいたのだが、うちのかみさんのマシンは自動アップデートされていた。
 こころもち速くなっていそうだったので、手動でアップデートしてみた。メールのウイルススキャンがかなり早くなっていたが、これは数回再起動したからかも^_^;

 ところで、the hal 9000 screensaver.scrが、F-Secure Internet Security 2010によるとGen:Trojan.Heur.vs3@Hjmy88hiだそうで、削除されてしまった。気に入ってたんだけど。2009ではウイルスとは検知されていなかったのに。
[PR]

by ji3faf | 2009-09-27 05:24 | システム管理
2009年 09月 15日
うーん、よくわからない。
プロキシー経由で接続しなければならない利用者が、HTTPSのサイトにアクセスする場合、プロキシーの例外に指定すると接続できるようになるということがあるのかな?

http://www.kyoto-be.ne.jp/ed-center/gakko/zen_elearning.htm

「ネット内から」の間違いじゃないのかな?

ちなみに、esmaple.co.jpというドメイン名は、例示用の予約ドメイン名ではないです。幸い、このドメイン名はwhoisで検索したら取得されていないようです。
[PR]

by ji3faf | 2009-09-15 21:00 | システム管理
2009年 09月 14日
SAはバージョンアップ無料のためだけではない
Windows7がもうじき発売されますね。
 今年の導入ではWindows7マシンになるのでしょうか。

 さて、そのプレインストールマシンを1教室分購入して、そのうちの1台で雛形をつくって、それを他のマシンにクローニングするのは許されるか?

 これ、ダメなんだそうです。でもSAがあればそれを他のマシンで利用する権利をもつのでできるのだそうです。Windows7だからだめなのではなくて、Vistaでもダメなようです。

 そのへんのことを解説している記事がありました。この記事はちょっと長いですが、わかりやすく説明してあります。

【PC Watch】 (2009年 9月 11日)  [Reported by 天野 司]
 意外に安い? ボリュームライセンスでWindows 7を導入する
 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20090911_314639.html

「●SAの隠れたメリットとは」の節に
というのは、SA特典には、利用者の必要に応じてPCハードウェア間を自由に移動させることができるというメリットがあるからだ。
という説明があります。

 このへんのライセンスの妙について、メーカは知っているはずなのでしょうが、はたしてディーラのかたはご存知でしょうか。
[PR]

by ji3faf | 2009-09-14 02:01 | システム管理
2009年 09月 08日
netperf
ひさびさにnetperfをダウンロードしようとしたら、ftpサイトが変わっていた。
netpurfでぐぐると

Netperf でLANをチェック
 http://whzat.minidns.net/shoko2/NetPerf/

のサイトの人気があるようなのだけど、ftpサイトのurlが古い。

windows版は
 ftp://ftp.netperf.org/netperf/archive/binaries_for_history_only/2.1pl1/win32/x86/

unixなら
 ftp://ftp.netperf.org/netperf/
から2.4.5をgetできる。
[PR]

by ji3faf | 2009-09-08 05:05 | システム管理
2009年 08月 12日
Windows SteadyState
マイクロソフトはこういうソフトを無料で配布していたんですね。
うかつにも気づきませんでした。
 http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/sharedaccess/default.mspx

 ハードディスクの保護もできて、便利そう。実験してみなければ。
 どなたか、すでにご利用の方はおられますか?
[PR]

by ji3faf | 2009-08-12 20:56 | システム管理
2009年 08月 10日
シン・クライアント・システムに仕掛けられた“二重の罠”
ComputerWorld.jp
【セキュリティ24 第9回】
■シン・クライアント・システムに仕掛けられた“二重の罠”
 前編 http://www.computerworld.jp/news/sec/157589.html
 後編 http://www.computerworld.jp/topics/security24/157609.html

ま、スパイ小説なんですが、実際に企業スパイ事件としてならありえそうですし。昨今のボットも完全に愉快犯ではなく営利を目的としていますから。
 やはり、システムを外注に頼りすぎるというのはやばいということでしょうか。
 ・システムの調子がおかしいと気づいたらすぐに停止する
 ・テストを十分にする
ということは簡単にできそうでできないですね。
[PR]

by ji3faf | 2009-08-10 22:32 | システム管理
2009年 08月 01日
NetCommonsのデザインカスタマイズ
CMSを使うと個性のないホームページになる欠点があるとよく言われます。
たしかにそのとおりですが、NetCommonsはオープンソースという特徴をつかってカスタマイズできます。

 その例を、オールクリエイター株式会社さんのホームページで紹介されているとい情報をtwitterで仕入れました。

■オールクリエイター株式会社
 http://allcreator.net/
右カラムに「NetCommonsデザイン広場」というアイコンがあります。
 それをポチッとしてもらうと、
  ・NetCommonsデザインサンプル
  ・NetCommonsデザインのツボ
が現れます。
 デザインのツボは役に立ちます。
[PR]

by ji3faf | 2009-08-01 16:40 | システム管理
2009年 07月 20日
ケータイのシミュレータ FireMobileSimulator
ケータイのシミュレータは,各キャリアが公開しています.
たとえば,NTTドコモだと

■iモードHTMLシミュレータ
■iモードHTMLシミュレータII
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/download/

がありますが,auのシミュレータは公開停止のままです.

■Openwave® SDK 6.2K
 http://www.au.kddi.com/ezfactory/tool/ue/
 (auが他にシミュレータを公開しているとかの情報をお持ちの方がおられましたらコメントしてください)

 これでは,NetCommonsなどケータイモードを持つツールの実験がたいへん面倒なわけです.
しかたなく,実機をつかうか,ドコモのシミュレータを使っていました. でも,ちょっとした動作確認に,いちいちシミュレータを起動するのもめんどくさいなぁとおもっていたら,いいものをみつけました.

■FireMobileSimulator
 http://firemobilesimulator.org/
Firefoxのアドオンで,3.5にも対応してます.
 これで,ちょっとした動作確認は簡単にできそうです.
[PR]

by ji3faf | 2009-07-20 22:23 | システム管理
2009年 07月 12日
HTTPでは,2GBまでしかダウンロードできない?!
とあるプロジェクトで,DVDのISOイメージを配送する実験をしました。
 Webブラウザで受信できるように,WWWサーバに3GBのファイルをWinSCPでアップロードしました。
しかし,Firefox3やIE6では2GBしか受信しないのです。
 アップロードに失敗したのかと思いながら,ググってみると,アップロードに失敗したというブログを見つけました。

■Developer @ ADJUST
 2009年 03月 11日
 数GBのファイルをHTTPでPOSTできるか?
  http://devadjust.exblog.jp/9451351/
要求ヘッダ中、Content-length が、どうやら 32bit までしか正式に対応していないようで、2GB を越えると負の値に反転してしまうのである。
RFC で規定されているのだろうか?
ここで紹介されている「NyaRuRuの日記」にDVDイメージのダウンロードのことが書かれています。

■http最高 2004-05-26
 http://d.hatena.ne.jp/NyaRuRu/20040526/p1
そういえば,Open SolarisのISOイメージもftpだったな,と思い出しました。今回はFTPは止めているのでこの方法は使えません。それで,ファイルを2分割しました。「みやぶん太」で分割して,分割時に自動生成されるバッチファイルで結合させます。ダウンロードして結合したファイルとアップロードしたファイルをfcで比較して違いがないことを確認したのですが,他の人は受信に成功したかどうか,あすの連絡待ちです。
[PR]

by ji3faf | 2009-07-12 22:50 | システム管理
2009年 07月 05日
F-Secure Automatic Update Agent
自分の使用しているマシンは,「F-Secure Internet Security 2009」なんですが,おとといの午前4時からデータ更新できなくなっちゃいました。
 その直前はVPN(PPTP)でとあるサーバに接続しただけ。そのためにプロキシサーバのアドレスが一時的に代わったので,アップデートできなくなったのは理解できますが,VPNをきったら元に戻るはずなのにだめ。

再起動してもだめ。

で,サービスをチェックしたら
 F-Secure Automatic Update Agent
が止まってました。これを「開始」したら更新できるようになりました。このサービスは「自動」ではなくて「手動」なんです。なんでかなぁ?
 もう一台のPCは同じシリアルで「F-Secure Internet Security 2008」(バージョンアップの違いをチェックするために2008のままにしたマシン)も同じくデータ更新できなくなってました。
 こちらは F-Secure Automatic Update Agent が「開始」されていたのですが,このサービスを再起動したら更新できるようになりました。このサービスを「自動」にしたのに,パソコンを再起動したら「手動」になったのはなぜかなぁ?
 しかも,あと数週間で利用期限がきれるシリアルなので,更新したシリアルで登録しようとしたら「インターネットに繋がっていません」って,パターンファイルの更新ができてるのに,そういうことはないでしょう。

 う~ん,なぞだ。
[PR]

by ji3faf | 2009-07-05 22:59 | システム管理


    


にほんブログ村 教育ブログへ




Map