2008年 11月 05日
マイマップの公開設定をご確認ください
asahi.com 2008年11月2日3時2分
 グーグルマップ「公開」に注意 意図せず個人情報掲載
 http://www.asahi.com/national/update/1101/TKY200811010209.html

で報道されているのでご存知の方も多いと思います。
 これはデフォルトが公開なので,Amazonの「ほしいものリスト」事件と同様の個人情報公開というトラブルですが,公開したほうも悪意がないですし,公開されたほうはその情報が公開されていることにたとえ気付いても削除するすべがありません。
 誰が公開したのかがわかれば連絡の取り用もありますが,たいていの場合,公開されていることすら知りませんから。

 昨日,ようやく Googleに
  マイマップの公開設定をご確認ください
   http://googlejapan.blogspot.com/2008/11/blog-post.html
というページができました。これで削除依頼ができるようです。
これまで、公開設定については、「公開」「非公開」と設定していましたが、ユーザーの皆さまから「非公開」だとわかりづらいというご指摘をいただき、「限定公開」と文言を変更しました。
と書かれていますが,マイマップでは「公開」「非公開」のラジオボタンのままです(11月5日11時50分現在)。で,非公開にしてもURLが分かっていると公開と同じ状態のようです。

 一般公開マップと限定公開マップの違いは?
  http://maps.google.com/support/bin/answer.py?hl=jp&answer=62845
各地図には固有の URL が付いているので、その URL を知っている人だけがアクセスできます。この公開設定はいつでも変更できます。ただし、限定公開のものを含みすべてのマップには URL が付いていることに注意してください。原則として、誰にも見られたくない地図はここで作成しないことをお勧めします。
これは,URLが公開されてしまえば,「非公開」ではないということです。

 わたしも,運営管理を受託しているお客様のところに,一昨日の深夜「関係者の自宅が公開されている」という投書が届きました。GoogleMapでは,他人が書いた「コメント」には「違反コンテンツを報告」があるのですが,他人のコメントがなければ違反コンテンツの報告すらできません。幸い,今回は親切な方がすでにコメントをつけていただいていたので,報告できましたが,削除はいつのことになるかわかりません。
 それで,関係者に連絡をとって,共通項をみつけて作成したと思われる方に連絡をとって削除していただけました。

 しかし,2chをみていると,ほんとうに危ない情報がいっぱい掲載されていましたねぇ。わたしも保険や証券会社の情報を見てしまって,「目が点」でした(さすがに昨日の午前中には削除されていました。けれど,削除のされ方をみると,大企業関係ならすぐに削除されるのですね^_^;)びっくり仰天してました。
[PR]

by ji3faf | 2008-11-05 12:15 | システム管理


<< 江戸時代の時刻      日本教育工学会で気になった発表 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map