2008年 09月 29日
「組織率じゃないんです」だったら,何が指標?
朝のテレビ放送はみてないのですが,こういう趣旨の発言だったそうです。

■「学力と日教組」 中山前国交相 「テスト、予想通りの結果」
 JCAST テレビウォッチ ◆ 朝ズバッ! 2008/9/29
  http://www.j-cast.com/tv/2008/09/29027642.html
「予想していた通りの結果が出た」(中山)
TBS解説委員の杉尾秀哉が、「そんなわけないんですよ。組織率と学力とは関係ない」
中山前大臣は「組織率じゃないんです」
じゃぁ,どんな因果関係なのかを早く公表しないと「学力」が向上しないじゃないですか。

■日教組批判「確信的に申し上げた」 中山前国交相
 asahi.com 2008年9月29日3時0分
 http://www.asahi.com/special/08014/TKY200809280167.html
「ゆがんだ教育が行われていることに、国民の関心を引きたかった」「大臣としての職を賭してまでも、子どもたちのことを考えた大臣だったと説明してもらうとありがたい」と言った。
ということなら,早急にご自分の持っている情報を開示して,国民のために「カイゼン」に取り組めるようにしなくっちゃ。
 これでは,単なるパフォーマンスでしかなくて,国費を使った意味がないじゃないですか。

 組織率では因果関係が説明できないというのであれば,どういうデータを使えばどういう分析ができるのか,とても知りたい。
[PR]

by ji3faf | 2008-09-29 21:40


<< 「子どもたちのインターネット利...      「日教組が強いところは学力が低... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map