2008年 07月 29日
10代のネット利用を追う
Internet Watchの2008年7月24日,25日の連続で,全国高等学校PTA連合会・会長の高橋正夫氏へのインタビュー記事が掲載されていました。
 以前から高橋氏の主張にはとても感心していたのですが,この記事でのお話は,元PTA会長だった私にとって,とても的を得た論理展開だと考えます。
 特に後編は圧巻です。

 ●19歳以上は事件に遭ってもいいのか?
 ●親は規制の内容を理解していない
 ●青少年ネット規制法の成立前にしてほしかったこと
 ●英語教育より情報リテラシー教育を
で述べられていることは,本来,教育再生懇談会で言うべきことだと思いますが,その教育再生懇談会の「英語教育」優先姿勢を痛烈に批評していると読みました。わたしは,教育再生懇談会の提言は「老害」(若い委員もおられるので失礼な言い方ですが)だと思わずにはいられません。

■10代のネット利用を追う
 全国高等学校PTA連合会・高橋正夫会長に聞く
  前編:学校裏サイトを、警察も企業も学校も放置してきた
  http://internet.watch.impress.co.jp/cda/teens/2008/07/24/20355.html
  後編:携帯フィルタリング原則化には“半分”反対
  http://internet.watch.impress.co.jp/cda/teens/2008/07/25/20356.html
[PR]

by ji3faf | 2008-07-29 21:00 | PTA


<< 「ネットいじめに向き合うために」      モバゲーがPCからでもアクセス可能に >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map