2008年 05月 27日
ハイテク犯罪捜査
5月24日(土)は,奥村先生のブログ
 「情報倫理」研修
にも書かれていますが,「情報倫理」研修に参加してきました。
 翌日の京都新聞朝刊に写真入の記事もありましたから,ご存知の方も(京都では)多いと思います。

内容は,
 ・アジャイル日記 『「情報」授業支援セミナー
 ・すえぴー日記 『学校教員対象「情報」授業支援セミナー「情報倫理」研修
が詳しいです。

 久しぶりに,奈良のS先生にお会いしました。岐阜にお勤めのI先生もお元気でした。私はデジカメの調子が良くなくて,必要なところだけ撮影していました。

 京都府警のハイテク犯罪対策室の方の講演内容では,
  ・摘発したフィッシング詐欺事件の内容
  ・摘発したオンラインゲーム詐欺事件の内容
  ・相談を受けた誹謗中傷記事のこと
など,具体的で,かつ裁判での被害者の立場まで考えての立件であろう,ということが言外に伝わる講演でした。

 この講演の締めのスライドにあった
知っていますか「administrator」
 管理者は誰か,子どもが「administrator」になっていませんか。
  ~親が子どもに管理されている状態は最悪
というのには,思わず拍手してしまいました。
[PR]

by ji3faf | 2008-05-27 20:30 | 情報教育


<< Nagios Checker      親の安心によって子供が”失う”もの >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map