2008年 03月 19日
第三者機関が天下り先にならないことを祈る
祈っても無駄かも。最大の利権機関になりそう。

苦渋の“選択”「携帯フィルタリング」 
 [2008/03/18]  ITpro > ネットワーク > 携帯&モバイル

 モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)を中心に第三者機関「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(仮称)」の立ち上げて,この機関の審査を通り認証を得たサイトについては,フィルタリングの対象としないよう促していくということだ。認証の審査は2008年4月からの予定。
 でも,効果は当然ながら「不明」。問題点として,
  (1)認証の強制力の担保
  (2)短期間での基準作りの妥当性
  (3)認証にかかる費用負担
となると,コンテンツもアイデアの勝負ではなくて,資本の勝負になりそう。

MCF/モバイルコンテンツフォーラムのホームページ
 ここから,監視機構(仮称)の情報が得られるかと思って探してみたけれど,プレスリリースしか見つからない。と思ったら,「最新情報」一覧から探すのではなくて,上の「PICK UP!」にリンクがあった。
 New モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(仮称)準備委員会の詳細。

モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(仮称)準備委員会
 これの1月31日 第2回準備委員会の
  資料6:コミュニティサイト健全運営認証基準(案)の概要について [PDFファイル]
 によると,大規模サイトをまず認証対象にしていくようで,非商用とか,小中規模は始まらない。ということは,6月からケータイを授業に活用しようとしたら,繋がらないというトラブルが発生する場合があり得るような気がする。
[PR]

by ji3faf | 2008-03-19 13:01 | 情報教育


<< 3・27参加受付開始      拾ったUSBメモリは,管理者に... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map