2008年 03月 19日
「インターネットのセキュリティに対する正しい認識」
財団法人学習ソフトウェア情報研究センター発行の「学習情報研究誌 2008年 1月号」は「インターネット社会のセキュリティ」の特集でした。
 この特集号に鈴木先生が寄稿していただいた論文が,許可を得て鈴木先生のホームページで公開されました。

インターネットのセキュリティに対する正しい認識
  鈴木常彦(中京大学情報理工学部准教授)

この論文で指摘されている危険性を,どれくらいの読者の方が認識してくれたかなぁ。読者層が違いすぎたかもしれないですが,インターネットの幻想をDNSという基本から「性善説で成り立っている」ことを知ってもらうだけでも成果かもしれません。
[PR]

by ji3faf | 2008-03-19 00:54 | システム管理


<< 学力低下という言葉でなく、「変容」      3月27日総会で講演 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map