2007年 12月 07日
携帯用ゲームは倫理審査適用外?
本日未明に書いた「中学生25%悪口受けた」に早速コメントをいただきまして,恐縮至極です。
 さて,私が紹介した都下教育情報日記には,この記事をうけて,後日談がかかれております。
 2007-12-07 ケータイのフィルタリング事情
なんですが,「ケータイのゲームはCERO適用外」と紹介されてます。
 CEROというのは「特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構」の略称で,ゲームソフトの年齢別レーティング制度普及啓発事業などをしているところです。詳しくはホームページをみてください。
 ところが,都下教育情報日記にもかかれているとおり,ここの審査基準には携帯電話用ゲームは対象外なのです。倫理規定の第2条に明記されています。

 じつは,小学生がはまっているのは,まさしくこの携帯電話のゲームなのです。今のところ無料ですし,それなりに面白いようです。
 小学生はゲーム,中学生以上はプロフなのですが,フィルタリングだけではやっぱり防げそうにありません。
 禁止したら,裏の世界にはまることは間違いないでしょう。禁酒法時代と同じですね。やっぱり大人がそれなりに介入できる方法が必要でしょう。

 その「それなり」というのがどういう方法なのかは,まだわかりませんけど。
 
[PR]

by ji3faf | 2007-12-07 12:46 | 情報教育


<< NetCommonsの広報      中学生25%悪口受けた >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map