2007年 11月 16日
マシン修理の日々
昨日,今日と連続で同じサーバが死んだと連絡があった。昨日はコンソールですらまったく応答がない状態で,ログにはまったく気絶兆候の記載はなかった。

今日は,外部からログインしてみても,サーバにはまったく異常は認められない。でも内部からは一切接続できないらしい。サーバラック内のハブで接続している隣のサーバに内部セグメント経由でpingを打つと,しっかり応答するし,その様子もtcpdumpで見られる。

 ということはラックからのケーブルか,別のハブが死んでいるとしか考えられないので,それなりの準備をして現地に乗り込んだ。

 まずはFlukeでケーブルのNEXTを測定。で,のっけでトラブル発見。FlukeのAutoTESTで
WARNING Excessive noise detected. Measurement accuracy may be degraded.
と表示され,テストを続行しても,これが繰り返し表示されるだけ。普通は,信用できない値が表示されるのですけど,10回くらい繰り返して,ようやっと「10.6」と表示されたものの,再度やってみたら,やはりWARNINGの表示を繰り返すばかり。
 そのサーバラックからは3本のケーブルが出ているので,残りの2本をテストしたらWARNINGはでないので,残りの2本をやりくりして3本分の仕事をすることに。

 その作業を始めようとしたら,べつの方から突然PC教室で使えないパソコンの話を持ちかけられて,こっちはなんのこっちゃらさっぱり。どうもサーバの修理に来たことを知らず,パソコン教室のメンテナンスに来たのだと勘違いしておられたようす。
 リース期限切れてから3年ほど経つマシンだから,HDDの障害も,液晶のバックライト切れもありうる話だし,キートップが外れるのはまぁ許せるとして,キートップをはずして中の接点まで破壊するのはよしてほしい。でも,キートップがツルツルになるくらい使われているんだから(さすがに文字が擦り切れるまでは行かない),喜ぶべきことなんだろうと思ったりもする。
[PR]

by ji3faf | 2007-11-16 00:31 | システム管理


<< ALZipで助かった      本当に応用力がないのか? >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map