2007年 09月 15日
マイクロソフトは「製品」、Googleは「永久ベータ版」
忙しいときの、現実逃避。

CNET Japanの記事を読んで、思わず噴き出してしまった。
 2007/09/13 12:49
 「Google Appsを検討するユーザーに自問してほしい10の質問」--MSが公開
 1ページ目の最後に、MSのコメントが掲載されていた。
 Microsoftの声明では、Googleによる「永久のベータ」というこれまでの慣習に対しても嘲笑している。同社のソフトウェアは、公式なリリースとしてではなく、比較的連続的にアップグレードされる。「永久ベータ版のGoogle Appsで、Googleが特定の仕様や機能をいつリリースするか、またはリリースするのか否かを管理している状態では、顧客は製品のリリース予定や機能をコントロールすることはできない」(Microsoft声明)
 マイクロソフトはGoogleに対して「永久ベータ版」だから「製品のリリース予定や機能をコントロールできない」といってるわけだけど、じゃ、Windows Vistaはどうだったの?
 マイクロソフト「製品」で不思議な挙動でトラブルに巻き込まれ、有料のサポートを受けても「それは仕様です」と答えるのが、「製品」としてリリースするメーカーの「正しい対応」であって、ベータ版ではないことを誇りにするわけ?

 これは、「天につばを吐いた」としか思えないけど。
[PR]

by ji3faf | 2007-09-15 01:35 | システム管理


<< 海外のメーカサイトでウィルス感染      高校における情報教育の現状・問... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map