2007年 09月 12日
アンプラグドコンピュータサイエンス
これも奥村先生のブログネタ。「アンプラグド邦訳がジュンク堂でトップセラーに
いい本だし、訳あって2冊購入してました。
  『コンピュータを使わない情報教育 アンプラグドコンピュータサイエンス

 この本をこっそりと参考書にしようとしてました。
 うちのボスの大学院夏季集中講座「情報教育方法特論」の題材が「理想の教科情報の教科書を作れ」。丸一冊作るわけではなくて、1単元分を作成するわけですが、自分で勉強したくなる教科書とは、既存の教科書をどういうように分析して、どういうネタをどのような構造(カリキュラム)に組み立てるか、そしてそれを改善していくか(一度でよいものができるはずがない)という授業。その、うちのボスの授業を、私は学生として受講してるのです^_^;

 さて、このアンプラグド本をみたうちのボスは、にっこり笑って、昔も似たような本があったけど、これいいよね。学部での授業の教科書分析用にもつかえるね、アシスタントティーチャーにいってました。

 うちのカミサンは、人間ドックの時間待ちでほとんど読んだといってました。やっぱり英語で文字圧縮をしてるから小学生にはむりだけど、それ以外の部分なら、ともいってました。アルファベットの圧縮を古典落語の「じゅげむじゅげむ」にするとかしたら、小学生でもつかえるのじゃないかなぁ。

でも、この本はAmazonでは見つからないみたい。
 
[PR]

by ji3faf | 2007-09-12 10:57 | 情報教育


<< 高校における情報教育の現状・問...      「オープンソースの逆襲」 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map