2007年 09月 05日
続4:ただいま評価版使用中 - やっと解決
続3:ただいま評価版使用中」の報告をF-Secureのサポートに連絡しました。
 ムーミン画面版ではセッションが切れないのに、Vista対応版で切れる、というのが決め手になったようでした。
 7月末にはメーカでも原因を特定でき、8月はじめには修正版をリリースできる予定だということでしたが、お盆休みを過ぎてもリリースされなかったので問い合わせたところ、修正版でトラブルが発生することがわかったので、リリースが遅れる、と連絡をもらいました。

 首を長くして待った甲斐がありました。システム制御の2007-08-28_04版でセッションが切れなくなりました。

  いまは快適に利用できています。
  システム制御は8月23日にも更新されたのですが、それではSSHのセッション切れは修正されていませんでした。それもあって、30日まで2台のPCでテストをしてました。

 さあ、「もう大丈夫」と31日の夜にカミサンのPCにインストールしたら
ライセンスの認証
入力したマルチライセンスコードは使用できるライセンスが残っていません。有効なライセンスキーコードを入力するか、サポートに連絡して、使用中のライセンスキーコードをすべてリセットして下さい。
と表示されて、認証されなくなりました。
 たぶん、インストールと再インストールを繰り返していたから、ライセンス数のカウントが狂ったのでしょう。
 9月1日(土曜日)にサポートに電話したら、「ライセンスのリセットはフィンランドで実施しますので、月曜の朝まで待ってください。リセットできたらメールでご連絡します。」とのことでした。
 3日(月)の11時前には利用できますと連絡が入り、ライセンスの確認だけで、すぐに利用できるようになりました。

 このSSHセッションが切れる件でサポート担当者と何度もメールでやりとりしたのですが、とても良い印象でした。
 Norton Interenet Securityに比べて遅いと思ったのは
  詳細設定-スパム制御-フィルタ設定
で「インターネットのクエリを利用して検出率(RBL)を向上する *インターネットの接続が遅い場合はお勧めしません」にチェックが入っているときに、POPでメールを受信するときです。
 異常にチェック時間がかかるのです。このチェックをはずしたとたんに快適に受信するようになりました。

 とりあえず、いまは満足です。


追記:
 そうそう、もうひとつ満足したことを書き忘れていました。それはプロキシーの取り扱い方です。
たとえば、HTTPプロキシーの設定を「ブラウザのプロキシーを使用する」設定にしておくとします。
 デフォルトブラウザがFirefoxで、しかも「自動プロキシスクリプトを使用」にしているとします。
これでも、F-Secure Internet Securityは自動更新します。

 これがウィルスバスターだと、デフォルトブラウザがFirefoxであってもIEの設定が必要です(「Internet Explorer設定からプロキシサーバ情報を自動でインポートする」か、「プロキシサーバ情報を指定する」しかありません)し、IEで「自動構成スクリプトを使用する」方法でプロキシサーバを設定していると、更新もサイドメニューの表示もできません。
 たしか、Nortonも同じくIEの設定を利用していて、自動構成スクリプトの設定を取り込めなかったはず。
[PR]

by ji3faf | 2007-09-05 01:27 | システム管理


<< GoogleEarthでフライ...      著作権と国会審議中継のねじれた関係 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map