2007年 08月 01日
教員養成部会(第49回)
文部科学省のホームページで「教員養成部会(第49回)議事録・配付資料」が公開された。

 資料4 教員免許更新制の運用についての検討資料

 参考資料2 主な論点についての検討経過報告
        (平成18年9月13日 教員免許更新制の導入に関する検討会議配付資料)

に教員免許更新制度の運用をどうするのか、論点がうまく整理されている。
 でも参考資料2の「2.講習内容」〔課すべき内容〕での
(1)使命感や責任感、教育的愛情等に関する事項
は不要じゃないのかなぁ。そもそも、そんなことを再教育しないといけない人物に教員免許状を付与するほうがどうかしている。教育実習で排除できるはず。
 あ、そうか。旧免許状ではそこのところをきちんとしていなかったということを指摘したいのかな。

 でも、教員免許を更新性にしたのだから、医師免許も更新性にして欲しい。教員と同じく、国民の命を預かっている職業にこそ「使命感や責任感、患者への愛情等へに関する事項」の研修を繰り返ししてほしいなぁ。事実、実績のために無茶な手術をしている人たちがあったわけだし。
[PR]

by ji3faf | 2007-08-01 21:53 | その他


<< 「協調自律学習のカスタマイジン...      SIST(科学技術情報流通技術基準) >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map