2007年 07月 22日
OSC2007 Kansai
「オープンソースと社会」というセッションに参加しました。
当日の様子は兼宗先生のブログで紹介されています。

2007-07-21 (土) オープンソースと社会

担当:特定非営利活動利法人アインシュタインプロジェクト(ESP)
講師:吉田智子(京都ノートルダム女子大)、兼宗進(一橋大)、阿部和広(サイバー大)
対象:OSS初心者からXO($100PC)見たい人、技術の社会貢献に関心ある人まで幅広く

OSSと社会の課題についてのセミナー
開始時間 14時00分

セミナー:「オープンソースと社会」 in OSC2007Kansai(*)
http://oss-shakai07.sasaeru.jp/

情報教育をはじめとする現代社会に横たわる様々な課題と、それにOSS・
ソフトウェア技術、また技術を持った者がどう貢献できるかを考える
セミナーです。

  日時:2007年7月21日 14:00-14:45
  場所:京都コンピュータ学園 京都駅前校
  入場料:無料(事前登録制;
http://www.ospn.jp/osc2007-kansai/register2.php )

  講師:
   吉田 智子 (京都ノートルダム女子大)
    OSS超入門、OSSの教育への活用、PEN(教育用プログラミング言語)について
   兼宗 進 (一橋大学)
    「教育用オブジェクト指向プログラミング言語ドリトル」
      と「コンピュータを使わない情報科学」について
   阿部 和広 (サイバー大学)
    一人の子供に一台のノートPCとSqueak - 学ぶことを学ぶためのOLPC
いや、満員盛況。兼宗先生と始めてお会いしました。OLPCのXOマシンについては別項目で。
b0017061_21393239.jpg
b0017061_21394182.jpg
b0017061_21395251.jpg


 このあと大講堂で開催されたライトニングトークも面白かった。テルミンを連想してしまったあの楽器演奏はすばらしかった。
 最後に、サーバの抽選に当選したのがK氏だったのにはさらにビックリ。きっといろんな貢献があるでしょう。
[PR]

by ji3faf | 2007-07-22 21:42 | 情報教育


<< OLPCのXOマシンにご対面      教師格差 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map