2007年 07月 11日
「伸ばそうICTメディアリテラシー」公開
内田洋行のエデュケーションエキスポで紹介されていた、ICTメディアリテラシーの教材が昨日公開された。
 総務省 報道資料
  ICTメディアリテラシー育成プログラム
  「伸ばそうICTメディアリテラシー〈つながる!わかる!伝える!これがネットだ〉」の公開
 この報道資料では
3  プログラムの利用方法
  総務省「教育の情報化推進ページ」のリンク先より、全国から利用可能です。
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/index.html
と書かれているが、リンク先の「教育の情報化推進ページ」にはPDFファイルしかリンクされていない。2つあるリンク先のうちの「【1 ICTメディアリテラシーの育成 参照】このpdfファイルのなかに
ICTメディアリテラシー育成プログラム「伸ばそうICTメディアリテラシー ~つながる!わかる!伝える!これがネットだ~」を公開しました。
→ 平成19年度事業請負先:株式会社内田洋行 学びの場.com へリンクします。
<リンク先URL http//www.manabinoba.com/>
が朱書きで書かれている。なんともわかりにくいリンク方法。
 しかもurlがまちがっている「http://」の「:」がない! けど、PDFファイルからのリンクは正しいです。

 というわけで「学びの場.com」をみると、一番上に
 伸ばそうICTメディアリテラシー〈つながる!わかる!伝える!これがネットだ〉
  ICTメディアリテラシー育成教材
というリンクつきのラベルがあって、それをクリックすると教材の説明に行き着く。

 教材のテキストが4種類PDFでダウンロードできる。
  ティーチャーズガイド   先生の指導用マニュアル
  学習テキスト        授業で児童・生徒が使用することを目的に制作したテキスト
  家庭学習用ガイドブック 家庭で親子で学習するための保護者向けガイドブック
  学習ワークブック     児童・生徒が自宅でも学習するためのワークブック
そして、教材そのものの体験も可能。
 体験のページを使ってみると確かに面白い。これはエディケーションエキスポで説明されていたとおり。
本教材を利用するためには教材システムをサーバにインストールしていただくことが必要です。
(インストールには、教育委員会等、サーバ管理部署の許可が必要な場合があります。)
ということだが、
各地域でサーバを構築いただける教育委員会(教育センター)やNPOの方にはDVDにて、本システムを提供します。
とのことなので問い合わせてみるといいかもしれない。

 でも、提供してもらえるようになるまでには、もうちょっと時間がかかりそうかな。エデュケーションエキスポから発表までは20日ほどかかったし。
[PR]

by ji3faf | 2007-07-11 15:49 | 情報教育


<< 「地域を巻き込む日本型ネットデイ」?      科学的な思考方法 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map