2007年 06月 28日
続:ただいま評価版使用中
ただいま評価版使用中」の追記を独立させました。

現在、「F-Secureインターネットセキュリティ2007 ダウンロード版 1年【ムーミン画面】 」を試用中。
 いまいちよくわからないのは、Firewall機能でストップされたログがどこにあるのか。なんで通信できなくなったのかがわからないこと。
 でも、プロトコルアナライザ機能もついていることがわかって、ちょっと便利。

6.26追記1
 書き忘れていましたが、F-Secureのヘルプで文字化けがあります。
 ヘルプではどうも「表示」という漢字だと思うのですが「侮ヲ(半角カタカナ)」に化けています。きっと「第1バイトが¥」の漢字が化けたのではないかとおもっています。
 本体では、インターネット防御のセキュリティレベルを変更する画面で、カスタムを選択したときに説明文が文字化けしていたのですが、修正されたようです。

6.26追記2
 メール・スパム制御のFAQの2番にもあるとおり、「RBL(Realtime Blackhole List/Realtime Blocking List)」を利用する初期設定のままでは、かなり速度が落ちます。これを利用しない設定にすると、ほとんど遅延は感じません。

6.27追記3
 PPTPでVPN接続する場合、ルールでPPTP接続を許可してもだめ。Outboundは「オフィス」レベルのセキュリティだと許可しているから、接続できない原因は別にある。というわけでヘルプを読んで考えたところ、「信頼済みのネットワークアダプタ」を定義する必要があると気づいた。PPTPは自分自身のLANカードをゲートウェイとして利用するからだ。
 でもそれじゃ、PPTPでVPNしていないときは、そのLANカードは「信頼済みのネットワーク」となってセキュリティチェックされないじゃん。うーむ。
 というわけで、「GRE/Cisco Generic Routing Protocol」というサービスを送信許可するルールを追加したら使えるようになった。
[PR]

by ji3faf | 2007-06-28 21:48 | システム管理


<< 「免許状更新講習を受ける必要が...      免許状を返さなかったら10万円? >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map