2007年 06月 01日
Norton Internet Security 2006 の更新のつもりが
最初に断っておきますが,シマンテックの電話サポート窓口のオペレータの方は,大変親切で,誠心誠意の対応と感じました。話し方が「ネイティブの日本語じゃないな」と聞き取れるところがありましたが,非常に感じがよかったです。
 問題はホームページの方にある
と申し上げておきます。

■1■事の起こり
 あと数週間でサポート期間が終了するという忠告画面がうっとおしくなったので,更新しようと考えました。それで,「更新サービスの申し込み」ウィンドウで「次へ」をクリックしました。
 「更新サービスの申し込み」ウィンドウでは,「シマンテック社のサーバへ接続中」と表示され,しばらくするとブラウザが起動されました。
 ところが,「Error:Page Not Found」のページが表示されるのです。何度やっても駄目。

■2■そこでシマンテックのホームページへ
 シマンテックのホームページで,「個人/ホームオフィス」のページを見ると「Windows Vista™ の互換性アップデート」と書かれています。

 ほかにも,「製品情報」タグをクリックすると表示される「個人/ホームオフィスのお客様向け製品」ページには,「ノートンアップデートセンター」というボタンがあり,「Norton Update Center for Windows Vista」のページにジャンプします

 それで「互換性アップデート」のページに行くと,
1年間の無償更新サービスに基づいて購入されたノートン・アンチウイルス 2006 や ノートン・アンチウイルス 2007 などの製品をご使用のお客様は、下記の「Norton Update Center for Windows Vista™」を通じて Windows Vista 対応版にアップデートしていただくことができます。お客様が Windows Vista 対応アップデートのご利用対象であるためには、現在ご使用中の製品がサービス有効期間内であることが必要となります。
とかかれています。最初の「1年間の無償更新サービスに基づいて購入された」という意味が良くわからなかったのですが,昨年(2006年)6月にシマンテックストアで「Norton Internet Security 2006」をダウンロード購入したのだから,該当するだろうと考えて(だって,この文章の下の「Windows Vista 対応版無償アップデートの対象となるノートン製品」の表に「Norton Internet Security 2006/2007」と書かれているから),このページの指示に従って「Norton Update Center for Windows Vista」に飛んだ。

■3■ 「Norton Update Center for Windows Vista」のページ
 このページはFirefoxでは動作しない。それでIEで開いたら,インストールされているソフトは「Norton Internet Security 2006」だと判別し,「「Norton Internet Securityのインストール手順」のページに進んだ。
 ここでは,
  1.このページを印刷しておきましょう。
  2.Add-onPackをダウンロードしてデスクトップに保存してね
  3.Norton Internet Securityをダウンロードしてインストールしてね
  4.Add-onPackをインストールするためには再起動してから,2で保存したファイルを実行
という内容が書かれている。
 重要なのは手順3でダウンロードするバージョンが明記されていないこと。

■4■ 手順にしたがったら,なんと2006ではなく2007が
 この手順に従ったら,なんと「Norton Internet Security 2006」ではなく2007がダウンロードされてインストールが始まること。これには全然気づかない。
 インストーラのタイトルには「Norton Internet Security」としか表示されていないのでてっきり「Windows Vista 対応」の「Norton Internet Security 2006」が上書きインストールされているものと思っていた。
 インストール作業の最後で「プロダクトキー」を入力しても「無効です」としか表示されなくて,どうしようも無くなって,始めて「何かがおかしい!」と気がついた。

■5■電話サポートに連絡
 シマンテックの電話サポートシステムは良くできている。あらかじめWebでソフトの種類や,相談内容を入力し,「プライオリティID」を発行してもらう。プライオリティIDを発行したページに電話番号が書かれている。
 ナビダイヤルと,ナビダイヤルが使えない場合の,東京への電話番号の2つが書かれている。
 いつもは,ナビダイヤルが使えない電話を利用しているので,03-xxxx-xxxxにかけるが,1時間かけっぱなしにしても,ずっと話中。しかたがないので,遠くにあるナビダイヤルをかけられる電話のところに行って電話すると,すぐにつながった。
 プライオリティIDを告げると,私のトラブルをすぐに理解してくれて,「ひょっとしたら,2007をインストールしてしまったのかもしれませんね」とのこと。「いったんウィンドウを最小化して,デスクトップにあるインストーラのアイコンをみてください」との指示にしたがってみてみると,ご指摘どうり2007のショートカットが鎮座してる。

私    :どうすりゃいいの?
お姉さん:ちょっとまっててください
 数十秒後
お姉さん:シマンテックショップからのメールはありましたか?
私    :ありません
お姉さん:購入ボタンを押されましたか?
私    :いいえ。プロダクトIDを入力したら,無効の表示がでる,の繰り返しです
お姉さん:じゃ,インストールをキャンセルして,アンインストールできます。
      それから,昨年ダウンロードなさった2006を再インストールしてください。
      プロダクトIDは記憶しているはずですから,そのまま利用できます。
      更新だけをご希望なのでしたら,それから更新してください。
私    :え?再インストールですか? また,Firewallの設定とかしないといけない?
お姉さん:すみません。
私    :相談のページで書いたとおり,ホームページの指示にしたがって,ホームページ側
      でも2006と認識してたのに,2007を強制インストールするなんて,ワンクリ詐欺
      みたいじゃない。
       説明が悪いのか,はたまた,2006と認識していながら2007をインストールさせて
      しまうバグではないですか?

とまぁ,こんな調子でした。結局何が悪かったのか,よくわからないのですが,3時間ほど時間を無駄にしてしまいました(元の状態に戻すのずいぶん時間がかかりました)。

 「さて,これから更新するか」,とおもって価格を見たら
  「更新サービス延長」と「NIS2007」ダウンロード購入は同じ金額じゃないか。
 
いったい,どういうオチなんだ(;_;)
[PR]

by ji3faf | 2007-06-01 00:47 | システム管理


<< SmartVisionが「他の...      続:オープンソースのパッケージ... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map