2007年 05月 28日
HDDのデータ復旧
HDDのデータが読めなくなった!!
という事故はよく発生します。いや,してもらったら困るんだけど,そういうメディアだから仕方がないわけで,バックアップを取って対処してます。
 ところが,「事故は困ったときにしか発生しない」わけで,バックアップを取ってなかったり,バックアップを取った後,ファイルを更新した直後に故障したり・・・
 そういうときに,データリカバリーの会社が「救いの神」なのですが,幸い私はお世話にならなくてはいけないような重大な情報をなくしたことがありません。
 このデータリカバリーの会社でどのような作業が行われているか,日経ITProで紹介されていました。

・ITトレンド(2007/05/25)
 ハードディスクのデータ復旧はこうして行われる

ワイ・イー・データ社(この名前は,FDDで拝んでます)の「ラボ」の取材記事です。
 驚いたのは,
HDDの置き方や向きによっても吸い出せるイメージに違いが出てくる。そのため、場合によっては写真のように傾きを調整してイメージファイルを作成する
というキャプションがついた写真。経験的にやってることを,業務でも利用してるんだ。この方法はやっぱり有効なんだと安心しました。いや,こんなことをしなくて済むようにするのが「安全な業務運用」なんだけど。
[PR]

by ji3faf | 2007-05-28 10:40 | システム管理


<< 続:オープンソースのパッケージ...      個人情報の使用目的の表示方法は >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map