2007年 04月 21日
”IT授業”実践ナビ
大学院の授業で,NICERの「”IT授業”実践ナビ」をみて
従来の授業方法(黒板とチョーク)の時に比べて,何が改善されたか
を3種類くらいのコンテンツを対象にレポートすることになった。
その話はおいといて,石原先生のインタビュー
意外に役に立つのがほかの校種ですね。つまり縦系列が分かるんです。中学や高校でやっている事例を見ると、われわれはこうすべきだということが見えてきます。
はさすが,というコメント。
高校や大学の先生も,逆に小中で(高)から「こんな授業をしている生徒が来るかも」「こんな授業をするなら,うちではそれを踏まえて」となればいいかなと思います。
 実際はMS-Officeや一太郎関係の操作練習で終わってるかもしれませんが(;_;)
[PR]

by ji3faf | 2007-04-21 12:51 | 情報教育


<< HDDは低温の方が故障しやすい?      プロキシ設定の自動設定 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map