2007年 03月 24日
管理者権限のパスワードが漏れたと思いきや
自動ログオン設定してある,ある小学校の実習用端末がログオンしなくなった。
一般ユーザのパスワードがばれたのか。ま,先生には連絡してあるし。きっと指の動きからばれたんだな。
と思って,rootでログインしようとしたら,rootもだめ。
うーん,やるなぁ。
と変に感心しながら,シングルユーザモードで起動して,rootのパスワードを変更しようとしたら,エラー。
 なんと,shadowファイルとかpam_smb.confとか,gshadow-を「ls -l」でリストしようとしたら「input/output error」になる。(gshadowはリストできます)。
 うーん,こいつはSELinuxかー!でもそんな設定はしていないぞ!
一応,OSメーカーにシングルユーザモードでのパスワード変更方法を問い合わせると「まちがっていません」との回答がきた。
 ということは,ディスク障害しか残らない。というわけで,Knoppix6EduのCD-ROMでブートして「fs -f」で検査したらぼろぼろ。エラーをfixしたら,予想通りshadowファイルが消えていた。
 パスワードが漏れて変更されたのではなく,パスワードファイルにアクセスできなかっただけ。

 何が壊れているかわからないので,Norton Ghostでディスクコピーしたら復旧したけど,ドライブ自体が危ういので,いつまた不調になることやら。ま,WWWブラウザ専用と割り切るとそれなりに使えるので「良し」としてもらおう。

 しかし,ちょっとびびった^_^;
[PR]

by ji3faf | 2007-03-24 03:29 | システム管理


<< バブルへGOのネタ本      やっと落ち着きました >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map