2007年 02月 08日
パッチ適用技術が国内特許成立
とある検索中に偶然見つけたプレスリリース。
2006年11月28日
  クワンティのパッチ適用技術が国内特許成立
- パッチ適用の仕組みとなるソフトウェア更新手法に関する技術が日本国内特許成立 -
  :
今回成立した特許の内容

本特許は、情報端末などの機器が通信接続してソフトウェアの更新ファイルを取得する方法に関するものです。特許の請求範囲(特徴)は、ソフトウェア更新システムがセンターと更新用ソフトウェア格納場所と情報端末とで構成され、センターは情報端末に対して格納されている更新用ソフトウェア一覧の格納先をガイド、情報端末側で自らに更新必要なソフトウェアを判断することと、複数の更新用ソフトウェア格納先から取得可能であることを基本とし、センター処理やネットワークトラフィックを軽減する仕組み、センター運用者、情報端末利用者、更新用ソフトウェア配布者、それぞれ負担が最小限に抑えられる仕組みと安全性が考慮されています。
  :
■日本【特許第3862738号】
■PCT国際出願【PCT/JP2004/006752】(PCT.Patent Cooperation Treaty)
ううむ,こんなのが特許成立してたのか。どんな「クレーム」条項がついているんだろう。調べたいけど,金曜日の講演のレジュメすらできていないのでおあづけ。

クワンティ株式会社ホームページ :http://www.qwanty.com/
上記プレスリリース:http://www.qwanty.com/pressrelease/20061128.html
[PR]

by ji3faf | 2007-02-08 00:48 | システム管理


<< 子どもたちをのびのびと育てる...      パーティション管理用ソフト >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map