2006年 09月 26日
愛器 AX-300HのHDDご臨終
NECのAX300Hは名機だとおもうんです。
でも売れなかったのはマーケティングの問題かなぁ。「DVD付きHDDレコーダ」として販売していれば,そこそこ売れたと思うのですが,「ホームサーバ」なので「家電でなく,パソコンでもない」,というあいまいな位置づけだったのです。
 だから,家電量販店では,内容は「DVD付きHDDレコーダ」なのに,ビデオデッキ販売コーナーで販売せず,パソコンコーナーで販売していたわけです。
 いまでこそテレビ機能付きパソコンが大手を振って販売されていますが,AX-10が出た当時はパソコンとテレビの組み合わせはマニアックな部類のものでしたからねぇ。

 さて,ほぼ丸3年毎日元気に動いていたAX-300Hですが,先週木曜日に突然ハングして,「カン・カン・カン」とHDDのシークに失敗しているとき特有の音がしていました。

 「あちゃー」と思い,1TBのHDDを借りてきて,ネットワーク経由で保存されていた番組をできるだけ吸い上げましたが,その間も「カン・カン・カン」で,1番組ずつ吸い上げられたかどうかをチェックしながらやったので丸4日かかりました。リトライを繰り返しつつ(吸い上げ失敗した番組も,再度やってみると無事吸い上げられたりする),がんばってくれたのですが今朝方ついに起動しなくなりました。

 常駐先にも同じAX-300Hがあり(録画するのはLine入力に接続された「VHS&miniDVデッキ」からの独自素材なので,実態は「リアルタイムMPEG2エンコーダ」兼「DVD-Video作成機」),録画データはAX-300Hには無いので,そのHDDを新品のHDDにKnoppix4でクローニングして,クローニングされたHDDと入れ替えて復旧。
 クローニングの途中で(ddでコピー)失敗したときはあせりました。元気な方のHDDがリードエラーになるんです。 ddのskipでとりあえず続きをコピーさせて,HDDを動かし続けて,システムの3つのパーティションをだましだまし,コピーした後,もう一度全部をコピーさせたらできました。
 ま,これで常駐先のHDDが壊れても,こっちのHDDからコピーすれば復旧できるからいいでしょう!(^^)!

■参考にしたホームページ
 ◎しまさわら:2006-01-29 (Sun) AX300ハードディスク交換
   http://sh.uroff.org/sh/20060129.html
  パーティション情報があるので,なぜ「dd if=/dev/hdb of=/dev/hda bs=512 count=1670760」にするのかや,knoppix起動時にdmaオプションをつけることなどのノウハウがあって,参考になりました。
 
 ・avoidnotes:AX300
   http://mp.avoidnotes.org/solo/ax300.html
  こっちの情報では,なんで「# dd if=/dev/hda of=/mnt/disk1/data/REC/system.bin bs=2048 count=419840」になるのかよくわからない(bs=512換算でcount=1679360になるし)。システム部分がぜんぶ含まれていたらいいという判断かな?

■おまけ
 ・PSP動画変換手順の自動化
   http://shimosaka.ddo.jp/psp.html
 ・AX WIKI
   http://mania.sakura.ne.jp/necax/index.php?TopPage
[PR]

by ji3faf | 2006-09-26 13:57 | システム管理


<< EO光電話アダプタのバージョンアップ      お役所的な対応 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map