2006年 08月 15日
停電や雷
11日に雷ゴロゴロ。
 停電はしなかったけど,ある学校が不通状態になっていることをnagiosが通知してきた。
 でも,そこからは不調の連絡がない。職員室LANが正常なのだろう。メールやWEBは使えないはずなんだけど,遅いとおもっているのかもしれない。
 管理責任者が出張なので,連絡がなかなかつかず,責任者の方から学校に連絡してもらったときはすでに全員帰宅なさっておられた模様。

 というわけで,翌日の正午ごろ訪問にいったら基幹ハブのリンクランプが点滅状態。どうも長いLANケーブルがアンテナになって,雷撃を受けたのと同じ状態になったものと想像した。
 電源入れなおしで復旧したけれども,いままでの経験から言うと数時間で不通状態になる。
 案の定,夕方には不通状態。というわけで予備機の準備。土曜の夕方なので,交換は日曜に実施することにした。

 ちなみに土曜日は京都,奈良でも大規模停電。久御山の映画館も停電に見舞われたようで,上映時間が10~30分繰り下げられた。しかし,上映中に停電に見舞われた観客は悲劇だったろうなぁ。子供向け映画が多いから,きっと悲鳴やらため息が多かったことと思う。
 ちなみに,その停電の瞬間に私はビデオ編集中でMPEG2エンコードの真っ最中。おかげでHDDのチェックや再エンコードで2時間費やしてしまった。

 13日は,すんなりハブ交換で復旧したけど,学校の先生はトラブルがあったことなど気づかないんだろうなぁ。教育委員会が遠隔で監視して,予備機を持っていて,休日に復旧するって言うのもめずらしいだろうなぁ。ちなみに今回の故障について学校からの連絡はまったく無かったようだし。

 ところで東京は13日の土曜日に落雷による山手線運休やらで大混乱だったようですが,14日朝も送電線切断事故による大停電で,電気にたたられているみたいですね。
 東京にも天神さんの雷よけの御札が必需品ではないでしょうか。
[PR]

by ji3faf | 2006-08-15 07:06 | システム管理


<< 地域イーサネット網増速作業中      nagios 1.4.1 日本語版 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map