2006年 07月 31日
進学塾「トーマス」が躓いた映像配信
FACTAonlineのフリーコンテンツにこういう記事がありました。
■進学塾「トーマス」が躓いた映像配信
 http://facta.co.jp/mgz/archives/20060627000190.shtml
問題のサービスは、インターネットに乗せて1対多拠点向けに塾授業の映像を配信するというもの。授業風景を録画したVTRを見せる「テレビ授業」の例ならよくあるが、ネットに乗せたところが新しい。トーマスでは人気講師の授業を首都圏に点在する54カ所の塾に光ファイバーを通じて配信している。
ということなんだけど,これをビジネスモデル特許申請しているそうです。
 どういうビジネスモデルなのかが気になります。IPマルチキャストで映像配信するのならばすでに実例はいくらでもあるし,専用セットトップボックスを使うのも先行事例があるわけです。
 IPv6を使っただけなら珍しくもないだろうし,どこに新規性があるのかに「SE]としては気になります。

 もうひとつ。こういうパクリはM$の得意技とおもってたんですが,どこでもやってるんですね。ほんでもって,
NTT東との間で業務契約を結んだのも日本エデュネット。おかげでNTT東への問い合わせもまずまずスムーズに進めることができた。そのNTT東に尋ねたのは、知的財産権侵害や契約違反疑惑に揺れるシステムを依嘱されたという認識はないのかどうかである。「通常の取引業務の一環として受託しているだけで特段のコメントはない」という姿勢だった。さすがに「官僚主義の牙城」はとりつく島もない。
と想定範囲内の返答だったようで淡々とした解説だけど,NTT東は業務委託を受ける段階で「商道徳」というかトラブルの当事者になる可能性があるという「リスク管理」はできていなかったんでしょうか。
 「全部の責任者は発注者にある」という訴訟を起こして,自分の責任は無いことにできるだろうとたかをくくっているんでしょうね。
 そういう「運営受託なら責任は追求されない」という判断をしていたとして,この件でトーマスが敗訴するようなことがあったとしたら,トーマスのビジネスを後押ししたという責任はあると思うのです。もし運用受託をNTT東が断っていたら,契約破棄して以前の機器をそのまま運用するということはできないはずですから。
[PR]

by ji3faf | 2006-07-31 18:33 | 情報教育


<< 「パイレーツ・オブ・カリビアン...      NetCommonsコアユーザ勉強会 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map