2006年 06月 23日
アナログ端子がなくなる日(地上デジタルだけでは済まない)
Adminsメーリングリストで恐ろしい記事が紹介されていた。
 日経BPのTech-Onデジタル家電の2005年12月20日の記事
  「2014年以降はD端子への出力を全面禁止」,次世代光ディスクの著作権保護方式が固まる【訂正あり

これによると
3 2011年以降に製造する機器は,アナログ端子にはSDTV映像のみ出力でき,HDTV映像の出力はできない。2014年以降に製造する機器は,HDTV,SDTVを問わず,アナログ端子に映像を出力してはならない。
 :
 条項3は,ハリウッドが以前が主張していた「アナログ端子がある限り,不正コピーはなくならない」との主張に基づくものである。D端子やコンポジット端子をこの世からなくしてしまうための行程表として示したものといえる。具体的には,2011年1月1日以降に製造する機器については,ICTの値に関わらず,アナログ端子にHDTV映像を出力できなくなる。さらに2014年1月1日には,SDTV映像を含めてアナログ端子への映像出力が一切認められなくなる。次世代光ディスクの出力は,すべてHDMI端子などのデジタル出力に集約されることになるわけだ。
ということなので、最終的にはアナログ端子そのものがなくなるかもしれません。

 つまり、2011年以降はICTに関係なくHDTVを禁止したうえで、2014年のアナログ出力禁止を目指しているので、アナログ端子そのものを持たない機器の販売になるのではと思います。

 何より恐ろしいのは、Firmware更新でアナログ端子出力できない機器の販売は「業界の国際条約にのっとり、販売禁止」とかなって、今年4月のリサイクル業界が大混乱したのと同じことが発生するのではということです。

 これでは、中古機器販売が禁止というのと同じですね。また経産省が右往左往するんでしょうか。

===

 地上デジタル放送で、アナログ放送停止に対して、学校での対策は進んでいるのでしょうか?
 視聴覚機器として教室にテレビを普及していますが、校内のアンテナケーブルはかなり劣化しているところが多いですし、ブースターの交換ですめばいいほうみたいです。

 テレビにデジタルチューナアダプタを取り付ける方法で対処しないと、パソコン買い替えと一緒になると財政圧迫。

 そこで地デジ対応のビデオで録画して、それをアナログで校内放送するという方法もありかもしれませんが、16:9の画面を4:3で見たら細長くなって見られたものではありませんが、そのアナログ出力自体ができなるなる可能性があるわけです。

 こっちは文科省や総務省も絡みますから、どうなるんだろう。
[PR]

by ji3faf | 2006-06-23 14:18 | システム管理


<< すでにアナログでもコピーガード?      e-Learningシステムの... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map